ベトナムのオールドハノイを「ハノイ旧市街」で。古き良き城下町を歩く。

ベトナムの首都であるハノイ。この街の「旧市街」は、昔ながらの雰囲気を今に伝える外国からの観光客に人気の高いエリアです。ここでは、この「旧市街」の魅力についてをご紹介。

旅行者が求めるものがすべて揃っている、ハノイ観光のさいにはぜひ立ち寄りたい、そんなおすすめの観光スポットとなっています。

ハノイの有名観光スポット「旧市街」とは

ハノイの「旧市街」は、市民の憩いの場であるホアンキエム湖北部に広がっているエリア。11世紀から19世紀まで、北ベトナムの首都は「タンロン」と呼ばれていたのですが、その城下町の商業の中心地だったのが、この「旧市街」です。当時、この一帯が一大商業エリアでした。

現在ではベトナム政府が管轄する指定遺産に。そのため、建て替えなどが行われることなく、歴史を感じさせる味わい深い街並みをそのまま今に残しています。

またこの「旧市街」は、別名「36通り」という呼び名も。この名前の由来は、この辺一帯が、銀を売るお店や線香を売るお店、漢方を売るお店など、36の業種の組合によって支えられていたことによります。通りは同じ業種の組合ごとに区分けされ、それぞれ組合の名前が付けられています。
 

ちなみに、この「36通り」という名称は、近現代になってから外国人のあいだで呼ばれるようになった名称で、一般的なベトナムの人びとは「旧市街(フォーコー)」と呼んでいます。

そんな情緒豊かな街のなかで、観光客だけでなく、ローカルの人びとの生活の営みを垣間見ることができるのも、このエリアの魅力のひとつ。観光スポットではありますが、いまでも地元の人たちの生活の息づかいを感じられるエリアとなっています。

旅行者に必要なものがすべて揃っている!

また、お土産ものからレストラン、宿泊施設、ツアーデスク、旅行代理店まで、旅行者にとって必要なものがすべて揃っているのが、この「旧市街」の特徴のひとつ。

このエリアにはシクロなどの移動手段もあるのですが、特に目的地がなく単純な観光散策であれば、徒歩での移動がおすすめ。その方がさまざまな種類のお店に立ち寄って、お土産ものを探したり、美味しい料理を食べ歩いたりもできて便利かと思います。。

ローカル食堂で楽しむベトナム料理は格別!

旅行者向けのお店がたくさんあると思えば、その一方で、現地の人たちで活気のあるローカル食堂なども簡単に見つけることも可能です。このような雰囲気の中で楽しむベトナム料理は格別のもの。

はじめはその輪のなかに入っていくのは勇気がいることかもしれません。けれども、日本ではまず体験できない素敵な体験が待っています。是非チャレンジしてみてください。トリップアドバイザーなどで注目されている観光客が多いローカル食堂もいくつかあります。

ハノイ2大市場のひとつ「ドンスアン市場」

そして、「旧市街」の一番奥にあるのが、ハノイ2大市場のひとつ「ドンスアン市場」。ハノイ市街地ではもっとも大規模な敷地面積を誇る屋内市場です。ここでは朝から夜まで、地元の人びとが買い物に訪れています。また、観光客に人気のお土産ものやベトナムのローカルフードが楽しめるのも、この巨大な市場の魅力となっています。ハノイの一般市民の生活感や活気を感じるとることができる観光スポット。

ハノイ最大規模の「ナイトマーケット」が楽しめる

そして、この「旧市街」はナイトライフも充実したエリア。夜にはバーやレストランの明かりで鮮やかに彩られ、華やかな一面を垣間見ることができるでしょう。

また、ここで開催される「ナイトマーケット」はハノイで随一の規模の大きさ!毎週、金曜から日曜にかけての3日間、幾多のお店が路上に並び、雰囲気はとても賑やか。

マーケットが開催されているメインエリアは、ハンダオ通りからドンスアン市場までの一本道。所狭しとお店が立ち並んでいて圧巻です。とても活気があって、ただ見て回るだけでも楽しめるマーケットとなっています。

旧市街はハノイの市内観光で最大の観光エリアに

古き良きベトナムの情緒豊かな街並みが素敵な観光エリア「旧市街」。レトロな街並みの素晴らしいのはもちろんのこと、宿泊する場所からツアーへの申し込み、美味しいベトナム料理やお土産ものまで揃うという、まさに至れり尽くせりのエリアです。

ハノイ観光のさいには、ぜひ予定に入れてみてください。きっと充実した時間を過ごすことができること思います。

DATA

ハノイ旧市街
アクセス:ホアンキエム湖の北、ハンコアイ通りからドンスアン市場の裏手くらいまで