【週末弾丸ベトナム旅行】ホーチミンでスパを楽しむ観光モデルコース

東南アジアの中でも、ベトナムは東寄りにあるので、実はタイやシンガポール、インドネシアといった人気の観光エリアよりも日本との距離は大分近くにあります。そのため、土日祝を利用した週末旅行も十分可能。さらに有給を一日でも加えれば、弾丸にならずにゆっくりとベトナム観光を楽しむことができます。

そこで、今回はベトナム南部のホーチミン旅行を想定した週末モデル観光プランを立ててみたいと思います。コンセプトは「現実からの逃避。南国スパを楽しむ!」です。

弾丸旅行でスパを楽しむなら、ホーチミンがおすすめの理由

ドンコイ通りの町並みの写真

南部ホーチミンは土日含めて日本からの直行便が多数あるので、平日休みの旅行者も安心できます。さらに、南国のあの陽気と日差しを感じたいのであれば、中部ダナンや南部ホーチミンがおすすめ。北部ハノイは5月から11月頃までは蒸し暑い陽気ですが、一方で雨季の時期でもあるので、雨降りを覚悟しなければなりません。

南部ホーチミンは典型的な熱帯気候なので、5月~11月の雨季、12月~4月の乾季と2期しかない他、いずれも毎日日差しの強い。まさに南国の気温が続きます。日本の冬の時期は、特にホーチミンで南国バカンスは贅沢ですね。

また、ホーチミンはハノイよりもスパの数が多いほか、その多くは1区の観光エリアに密集しているので、市内観光プランに、スパを自然に組み込むことができます。

土曜 9:00成田発〜14:00ホーチミン到着

タンソンニャット空港の写真

成田空港からホーチミンのタンソンニャット空港までは、ANA、JAL、ベトナム航空が直行便で毎日運航しています。おすすめはANA(全日空)とベトナム航空の9時30分発、14時5分ホーチミン着の直行便。

日本とベトナムは時差が2時間あり、日本の12時はベトナムの10時となります。

14:00~15:00 ホテルチェックイン&観光の準備

ホテル客室の写真

時間通りに到着しても、そこから入国審査、荷物ピックアップ、市内への移動、ホテルチェックインと数々の行程があるので、宿泊先ホテルに到着するまでは1時間は見ておきましょう。

ホテルはドンコイエリア、もしくはベンタイン市場エリアに宿泊することになるかと思いますが、いずれも徒歩圏内で行き来できるほか、流しのタクシーを捕まえるのも苦労はしません。

15:00~18:00 スパ 1回目

ホーチミンのフラミンゴスパの写真

観光する準備が整いましたら、いよいよお待ちかねのホーチミン旅行がスタートです。平日の仕事、そしてフライトの長旅もあって身体は悲鳴を上げるほど疲れているのではないでしょうか。

時刻は15時を回っているかと思います。観光名所を回るならば、ドンコイエリア近くの聖母マリア教会、中央郵便局、統一会堂、ベンタイン市場などがおすすめですが、それほど時間はありませんね。また、今回の旅のコンセプトはスパ三昧。

最初のスパは移動を控えて、ドンコイ周辺がいいでしょう。ドンコイエリア、もしくはレタントンエリア、パスタ―通りならば市民劇場から歩いて行くことができます。

ドンコイエリアのスパ&マッサージ店

>>ジャグジー付きVIPルームが人気「センススパ」

>>恋人夫婦でプライベートルームを「ユリスパ」

>>ドンコイの路地中にある「エミスパ」

レタントンエリアのスパ&マッサージ店

>>大人気!ジャグジー&サウナでお姫様気分「フラミンゴスパ

>>コスパで決める!リーズナブルなスパコースが人気「フジフットマッサージ&スパサイゴン」

>>ベトナムらしくも洗練された正統派マッサージ店「ルビー1」

18:00~19:00 ホーチミンで人気のベトナム料理店で舌鼓

ベトナム料理の写真

ベトナムのスパ1回目は思う存分満足できましたか。スパが終わったころは、夜の帳がおりて辺りは薄闇に包まれ始めています。

マッサージを受けたあとは、脂肪が燃焼していて、代謝がよくなり、自然とお腹が空いています。本場のベトナム料理を食べるならばドンコイエリアに向かいましょう。ドンコイ通り、グエンフエ通りには数多くの旅行者向けのベトナム料理レストランがあります。

どれもヘルシーで自然食材を使っているものばかりなので、日本人の舌にも合います。是非お腹いっぱい食べていってください。

19:00~22:00 雑貨ショッピングでナイトライフを満喫

ホーチミンの雑貨店の写真

ドンコイ通りは別名「雑貨通り」。70以上の雑貨店が軒を連ねていて、そのすべてが外国人旅行者向けのショップです。どのお店もおよそ22時頃まで営業していて、閉店ぎりぎりまで観光客でにぎわっているのが毎日の光景。

夜のお土産探しは、昼間のそれとは少し雰囲気が違うから不思議です。バッグ、サンダル、アクセサリー、置物など、会社の同僚上司、家族へとお土産を買っていってください。

日曜 9:00~12:00 ホーチミン市内観光

ホーチミンのベンタイン市場の写真

観光2日目の午前中は、ホーチミンの市内観光を楽しみましょう。観光の中心エリアには、市民劇場を拠点にガイドブックでもおなじみの観光スポットが点在しています。そのどれもが徒歩で行くことができるので、市内のベトナムらしい風景を横目に、地図を見ながら観光散策してみてください。

ホーチミンのレストランの写真

11時から12時前後に昼食をとってほしいのですが、観光エリアの周辺には地元民向けの食堂や旅行者御用達のレストランまで数多くのお店が並んでいます。

帰国後は翌日から仕事に復帰しなければなりませんので、お腹を壊すのが心配な方は、無理して食堂に行く必要はありません。

13:00~16:00 スパ 2回目

ホーチミンのスパの写真

昨日と違い、今回は時間にも余裕があるので、ちょっと遠方のスパに足を運ぶことも可能。自身でタクシーを捕まえていくのもいいですし、スパによっては予約者限定でホテル送迎サービスを提供しているところが多くあるので、そちらを利用するのもいいでしょう。

せっかくのホーチミン旅行。フランス統治時代を今に映すフレンチビラで一度はスパを堪能してみたいところ。もしくは南国の気分満載の雰囲気を満喫できるスパを探してみてはいかがでしょうか。

フレンチビラで至福の時間を堪能できるスパ&マッサージ店

>>フレンチビラを改装した「サイゴンスパ」

>>ホーチミンのローカルな路地裏に佇む高級フレンチスパ「YKCウェルネス」

>>フレンチとベトナムサロンの融合。プライベートルームで静かな時間を「ラメールボーテ」

>>古きベトナムインドシナの旧家をイメージ「サースパ」

南国の雰囲気抜群!のスパ&マッサージ店

>>薄闇の中でひっそりと受けるスパの歓びを「シャンバラスパ」

>>ベトナム人御用達の高級スパサロン。南国の斜光が決めて「ボンスパ」

最後の晩餐はホーチミンの夜景を愛でながら船上ディナーを

ホーチミンのインドシナ号の写真

ホーチミン最後の夜は、船上で食事をするディナークルーズがおすすめです。ドンコイ通りをずっと歩くと、サイゴン川が見えてきます。サイゴン川沿いを走るトンドゥックタン通りを南に下ると、観光客船が停泊する埠頭がありますので、そこから毎日定時就航しています。

ディナークルーズ船は複数社出ていますので、事前にどの船に乗るかよく調べるといいでしょう。

月曜 8:00ホーチミン発〜15:00成田空港到着

飛行機の写真

2泊3日のホーチミン旅行もこれでお終い。月曜朝8時の成田空港行きの直行便に乗れば、15時には日本に到着します。家路に着いてゆっくりと休んで、翌日から気分をリフレッシュして会社に行くことができます。

会社の同僚も上司も、まさかこの3連休で日本から遠く離れたベトナムで南国スパを満喫していたとは誰も思いません。ベトナム土産を渡したら、きっと驚いてくれることでしょう。

乗り継ぎ便を利用して、スパをプラス1楽しもう!

もしギリギリまでホーチミン旅行を楽しみたければ、直行便ではなく乗り継ぎ便を利用するのも一つの手です。各航空会社の時刻表を調べてください。15時頃の飛行機でホーチミンを発てば、トランジットを含めても23時までには日本に到着することができるはずです。

その日程を組めば、ゆっくりとホテルで朝食をとり、チェックアウトをしたのち、最後にもう1度スパやマッサージを満喫することができます。スパが終わったら、レセプションスタッフにタクシーを呼んでもらい、タンソンニャット空港まで直行しましょう。