ハノイから行けるニンビン省!現地観光情報を徹底紹介!

ハノイから行けるニンビン省は、近年旅行者に注目されている世界遺産有する観光地。ここでは日帰りツアーから、天気や服装などニンビン省観光に必要な情報を徹底紹介しています!

目次

    ニンビン省への行き方

    ニンビン省への行き方

    ニンビン省まではハノイの市街地からタクシーでおよそ2時間の距離。一昔前までは下道しかなかったため、3時間程度かかっていましたが、現在は高速道路で行くことができるので、混んでいても2時間ちょっと行くことができるようになりました。

    ニンビン省の気候と天気

    ニンビン省の気候と天気

    ニンビン省の気候はベトナム北部の気候の準じているため、温帯夏雨気候となります。1年を通して11月から5月までを乾季、5月中旬頃から徐々に雨が多くなり、10月末まで雨季が続きます。

    ニンビン省にもにも季節がある?

    ハノイやニンビン省のあるベトナム北部は季節があるといわれています。

    夏:5月~10月
    秋:11月
    冬:12月~2月
    春:3月~4月

    ニンビン省観光のベストシーズンは11月と3月、4月

    ニンビン省観光のベストシーズンは11月と3月、4月

    ニンビン省観光におけるベストシーズンは、秋の11月、春の3月と4月となります。前後2月と5月も天気や気温によってはおすすめです。ニンビン省観光はほぼすべてがアウトドアとなるので、雨が多い6月から10月の間と、コートを着るほど寒くなる12月から2月の間はあまりおすすめできません。ただし、気温自体は2月上旬頃から上がりますし、晴れている日の日中は日本の夏のように暑くなりますので、当日の肌気温で観光の有無を決めるのもいいでしょう。

    ニンビン省観光に最適な服装

    ニンビン省観光に最適な服装

    ニンビン省は山岳地帯。山水に囲まれた大自然が魅力の観光地です。そのため夏は暑く、冬は寒いのが特徴。気を付けてほしいのは秋冬の11月から2月上旬まで。寒いときは体感気温一桁となるので、ジャケットコートが必要となるほどです。間違っても半袖短パンで行ってはいけません。

    紫外線・日焼け対策をしっかりと

    一方、春夏となる3月から10月にかけては、非常に蒸し暑い天気となるので、紫外線と日焼け対策はしっかりとしてください。帽子やサングラスはもちろん、肌を隠すストールのようなものがあれば便利です。また、虫刺され対策としてムヒもおすすめです。

    ニンビン省まではツアーで行く?個人で行ける?

    ニンビン省まではツアーで行く?個人で行ける?

    ニンビン省までは車で行く以外ありません(電車がない)ので、個人で行く場合はタクシーの運転手と1日チャーターする交渉をしなければなりません。ただし、旅慣れない旅行者や子連れファミリーにはちょっとハードルが高く、乗り逃げされるリスクもあるので、基本は現地のオプショナルツアーに参加するのがおすすめです。

    ハノイ観光の王道!世界遺産「チャンアン複合景観」の現地ツアーと行き方をご案内
    ベトナムのハノイ旅行者にとっての定番の観光地の1つであるニンビン省の「チャンアン複合景観」。現地オプショナルツアーに参加すれば、日帰りで世界遺産を楽しむことができます。そこで、今回はチャンアン複合景観の概要や現地ツアーの内容をまとめてみました。
    詳細を見る
    ハノイ発日帰りで行ける「タムコック」!現地ツアーや観光情報を解説!
    ベトナムのハノイから日帰りで行ける、ニンビン省の「タムコック」。大自然に囲まれたボートツアーが人気です。今回はタムコックの現地情報、及び現地ツアーに参加したときの雰囲気や乾燥などをすべてご案内します。
    詳細を見る

    タムコックとチャンアンの違い

    タムコックとチャンアンの違い

    ニンビン省の2大観光スポットであるタムコックとチャンアンのボートツアー。いずれも手漕ぎボートに乗ることには変わりませんし、両スポットともおよそ2時間の長時間ボートに乗ることになります。見ることができる風景はそれほど違いはないものの、チャンアンは世界遺産に登録されているため、やはり景観はダイナミック。白亜紀をイメージするような手つかずの山々が連山となってそびえている様子は圧巻です。

    一方でタムコックはそこに暮らす人々の生活風景を見ることができます。ボートに乗って商品を売る行商や網漁をする漁師なども見どころです。

    ニンビン省の主要観光スポット

    ニンビン省の主要観光スポットをご紹介。他にも多々ありますが、現地オプショナルツアーによく組み込まれているものをご紹介します。

    ビックドン寺

    山の中にある不思議な雰囲気が漂うお寺。とても小さなお寺ですが、その背後に広がるニンビンの自然は必見。かつて修行を終えた僧侶が療養としてここへ訪れ、その自然風景に見惚れて建てたのがこのビックドン寺と言われています。

    ハノイから行けるニンビン省観光。森の中にある祠「ビックドン寺」へ行こう
    ベトナムの北部ハノイから日帰りで行ける観光地ニンビン省。世界遺産のチャンアンのボートツアーが人気ですが、それと併せて行きたいのが、森の中に佇むお寺「ビックドン寺(Bich Dong)」です。祠から望める景色も絶景です!
    詳細を見る

    ハンムア寺

    ハンムア寺

    筆者が個人的に一番好きな観光スポット。蛇行するようにうねる石段を20分ほどかけてひたすら上がりつづけます。その先には龍の口と祠があるだけですが、ハンムアの観光のハイライトはそこから見下ろすことができるタムコックの絶景。山水の大自然は疲れも忘れて見惚れてしまいます。なおハンムアの麓にはバックパッカーが宿泊できる安宿もあります。ハンムアはタムコックの近くなので、タムコック行きのツアーでよくセットになっています。

    ニンビン省で一番の絶景を!ハンムア寺に行こう
    近年ハノイ旅行者に人気のニンビン省観光。世界遺産チャンアン複合景観を有する観光地ですが、それ以外の観光スポットもおすすめ。今回ご案内する「ハンムア」は、タムコックを見下ろす絶景に出会うことができます。息を呑むほどの山水風景に圧倒されることでしょう。
    詳細を見る

    ホアルー

    ベトナムが中国から独立を勝ち取った後の初めての王朝時代。その最初に遷都したのが、ここホアルー。ハノイじゃないのが以外ですよね。その後はハノイのタンロン城に都を移し、フエ→ハノイと歴史は変遷します。現在ホアルーには初代皇帝のディンティエンホアンとその夫人の廟があります。

    バイディン寺

    バイディン寺

    東南アジア最大級の面積、大仏、仏像の数を誇る大規模な仏教寺院。最初の創建からは12世紀前半ですが、今に至るまで複数回の改築や拡張工事を繰り返しています。敷地内にはお土産店や食堂、電気自動車による移動など観光地化されている側面もあるので、こちらもお寺好きには押さえてほしい観光スポットです。

    ハノイから行けるバイディン寺で黄金の巨大大仏を!ニンビン省観光
    ベトナムのハノイから日帰りツアーで行くことができるニンビン省。世界遺産のチャンアンと併せて見学したいのが、東南アジア最大級の面積と巨大な黄金の大仏を見る「バイディン寺」。夜はライトアップされて美観です。
    詳細を見る

    日帰りツアーで行けるニンビン省観光!ハノイ旅行のハイライトに

    ハノイ旅行における旅のハイライトといえば、これまではハロン湾が不動の存在でしたが、ニンビン省はそのハロン湾と同じカルスト台地で形成されていて、歴史も似たような道を歩んでいるため、見ることができる風景は似通っています。大型客船に乗りたいならハロン湾、手漕ぎボートで大自然に身を委ね、自分が小さな存在であることを実感したいならばニンビン省、といったところでしょう。いずれにしても、ハノイ旅行を通してのハイライトとなることは間違いありません。現在はどこの日系旅行会社も現地オプショナルツアーを催行しているので、是非参加してください!