2021年最新!ベトナム・ハノイ観光のリアルなベストシーズンを解説!

ベトナムの北部ハノイは日本人旅行者に人気の観光地ですが、実は年中常夏というわけではありません。ハノイ観光を検討する際は、自分が行く時期がベストシーズンに該当するかどうかを知っておくといいでしょう。そこで、今回はハノイ及び世界遺産観光のベストシーズンをご案内します。

市内観光や山岳地帯、世界遺産と、同じハノイ旅行であっても観光エリアによってベストシーズンは異なることに覚えておきましょう。

目次

    ハノイ観光のベストシーズンを紹介!「乾季」と「雨季」とは?

    ハノイの気候は「乾季」と「雨季」の2つのシーズン

    多くの人たちはベトナムに対して南国のイメージを強く持っているかもしれませんが、ベトナムの国土は南北に細長いため、都市によって大きく気候が異なります。

    その中でもハノイは北部に位置しているため、気候は実は熱帯ではなく温帯。熱帯気候を持つのはベトナムの中では中部以南のみとなります。ハノイ北部でも山岳エリアでは雪が降ることもあるほどです。

    雨のハノイ

    ベトナムのハノイの気候は、大きく「乾季」と「雨季」に分けることができます。ただし、現地人からすると乾季と雨季の中でも四季が存在すると言われています。

    「雨季」は一般的に5月から10月まで。「乾季」は11から4月までとされています。この中に11月が秋、12月から2月くらいまでが冬と認知されていて、年間の中でも最も気温が低くなり冷え込む時期となります。「雨季=雨は多いが暑い」、「乾季=雨は降らないが冷え込む」と覚えておきましょう。

    7月、8月、9月のハノイ観光は要注意

    ハノイの天気。年間平均気温は22度

    ハノイは年間平均気温22度の温帯夏雨気候に属しています。「雨季」の中でも特に7月〜9月は注意が必要な時期です。気温が30度を超えるような日が続いて、雨も多いため湿度は90%を超えることもしばしば。そのため、蒸し暑くて不快度数が高めな時期ともなります。また、太陽の光が強いので、熱中症にも気をつけなくてはなりません。

    ニンビン省のタムコックツアー

    「乾季」に近づくと湿度も下がってきて過ごしやすくなってきます。ただし、10月から12月は台風に気を付ける必要があるとともに、また12月から2月くらいになると、最低気温は一桁台となることもあります。ちょっと寒すぎるくらいの気温になるので、服装などの準備が必要になってきます。

    >>ハノイは四季がある!天気・気候・服装を徹底紹介!

    ハノイ観光の「ベストシーズン」はいつ

    ハノイの「ベストシーズン」っていつ

    ハノイ観光のベストシーズンは、ハノイでどのような観光をおくるかによって変わってきます。日本人旅行者の平均滞在日数は4~5日間なので、ハノイ現地で過ごせるのは2~3日間。ハノイ市街地町歩きに重きを置くのか、それとも山岳地帯や世界遺産といった自然景勝地に連日足を運ぶのかでベストシーズンの時期は変わってきます。

    ハノイ観光の世界遺産ハロン湾とニンビン省のベストシーズン

    ハノイ観光の世界遺産ハロン湾とニンビン省のベストシーズン

    ハノイ旅行では3つの世界遺産を巡ることができます。その内の「タンロン城跡」はハノイ市内にあり、ニンビン省とハロン湾はハノイ市から南方に2~3時間のところに位置しています。

    ハノイ観光におけるニンビン省とハロン湾のベストシーズンは、やはり晴れていることが第一条件。まずは乾季の11月から4月がベストシーズンとなります。また、その中でもハノイの秋と呼ばれる11月は現地のベトナム人が考えるベストシーズンと言われています。12月から2月も雨が降らないのでベストシーズンと言えますが、日によっては冷え込むので、現地の天気予報はしっかりと事前に確認するようにしましょう。ちなみにこの時期でも暑い時間帯は体感で20度台後半となるので夏服の格好でも問題ありません。

    ハノイ市内観光のベストシーズンを紹介

    穏やかな秋のタイ湖

    ハノイ市内の観光を中心に旅程を組むならば、3月から7月くらいまでがベストシーズンということができます。これはハノイの冬が明ける時期で、乾季の出口となります。冬の11月から2月までは雨は降りませんが、空は1日中どんよりとしていて、市内観光で町歩きをしていると何だか気分が盛り上がりません。

    3月以降は徐々に気温も高くなり、また青空が見える時間も多くなってきます。3月と4月はまだ乾季なので、雨の日も多くありません。ハノイ観光のほとんどの時間で晴れるはずです。もちろんハロン湾やニンビン省もこの時期がベストシーズンに含まれます。また、5月から7月は雨季に入り気温も上がってきますが、ハノイ市内には冷房つきのカフェやお土産店、レストランが多いですし、博物館や美術館といった屋内観光施設に逃げ込むこともできます。

    ハノイ北部サパ観光のベストシーズン

    ハノイ北部サパ観光のベストシーズン

    ハノイ北部のサパも、昨今は注目の観光地。ハノイ市街とサパが高速道路で結ばれるようになってからは、1泊から観光を楽しめるようになりました。サパでは棚田の絶景や少数民族との交流などを楽しむことができますが、ベストシーズンを考えたときはいかがでしょうか。

    サパの黄金色の棚田

    一般的に考えると、ベストシーズンは乾季である11月から4月となりますが、この時期は稲がないため、ご覧のような黄金色の棚田を見ることはできません。田植えは毎年5月に開始して、6月から8月には辺り一面緑色の風景が広がります。この時期もおすすめではあります。

    6月から8月の緑に覆われたサパの棚田
    6月から8月の緑に覆われたサパの棚田

    ただし、黄金色の棚田は9月下旬から10月上旬となりますので、サパのベストシーズンはこの時期となります。ただし、6月から8月も十分綺麗です。

    雨季の5月から10月はベストシーズンにはならない?

    高級ホテルでホテルライフを楽しもう

    雨季の5月から10月もベストシーズンではないとは言い切れません。気温は南国のように高いため、雨が降っていない時間はバッチャン村観光やハロン湾、ニンビン省といったアウトドアの観光地も楽しむことができます。

    雨といっても1日降り続くのではなく、1回に1時間程度の雨が数回降るような形なので、ツアーに参加しているときは雨が止むまで車の中で待機していたり、市内観光ではカフェで雨宿りすることができます。

    航空券やツアー代金が一番安いベストシーズンはいつ

    航空券やツアー代金が一番安いベストシーズン

    航空券やツアー代金が一番安い時期をベストシーズンと考える場合、ハノイ観光ではいつ頃が該当するのでしょうか。

    ツアーや航空券が安いベストシーズンは、GWとお盆を除いた3月ないし4月から9月となります。10月、11月は何かと連休もあるためか、料金は値上がり傾向に入り、12月に入ると中旬まで安く、下旬はクリスマス前後から高騰します。

    旅行に旅立つファミリー。空港にて

    また1月と2月は旧正月期間となり、中国人や韓国人観光客が押し寄せますし、ハノイ含むベトナムももちろん旧正月。ホテルも航空券も高くつきます。

    そのため、ツアー代金を一番安く行きたい場合は、4月、6月、12月下旬までが一番おすすめとなり、ベストシーズンと呼ぶことができます。

    観光の目的に合わせたハノイのベストシーズンを知ろう

    旅行の目的に合わせてハノイ旅行を計画しよう

    今回はハノイ観光のベストシーズンをお届けしました。ベストシーズンを考えたとき、一番大切なのは、自分がどのような過ごし方をハノイに求めているのかというもの。旅行の目的に合わせてベストな季節にハノイ旅行を楽しんでください。