2020年2月最新!ベトナム国内の新型肺炎コロナウイルス現地情報

2020年1月より騒がれている新型肺炎コロナウイルス。海外旅行を控える人や旅先を変える旅行者も多いでしょう。そこで、ここでは2020年2月時点でのベトナム国内におけるコロナウイルスの現状、および旅行する上での注意点をご紹介します。

2020年2月中旬時点、ベトナム国内における感染者数

2020年2月中旬時点、ベトナム国内における感染者数

2020年2月中旬時点における新型肺炎コロナウイルスのベトナム国内における感染者数は15名となっております。地域はホーチミン市が3名、中部ニャチャン有するカインホア省が1名、北中部タインホア省が1名、北部ビンフック省が10名の内訳となっております。

ベトナム観光には影響なし?

ベトナム観光には影響なし?

ただし、上記の内6名はすでに快復して退院しており、また、ホーチミンを含めた観光地での感染者はすでに快復。現在は北部ビンフック省のみですが、こちらは田舎地域で観光客が行かないエリアとなります。

新型肺炎コロナウイルスが流行してから1か月以上経っていますが、いまのところ観光地で日本人含む外国人が感染したという情報はありません。

ベトナム政府の先手が効果あり

ベトナム政府の先手が効果あり

ベトナム政府は新型肺炎コロナウイルスの対策に対して、下記行動を起こしております。

1.中国からの帰国者を14日間入国禁止措置
2.流行が落ち着くまで、中国人の観光ビザを停止
3.中国の危険地域との貿易(輸出入)を停止

民主主義の日本だと困難なことですが、社会主義のベトナムではトップの一声で統率することができるので、他の国よりも先手を打って対策をしている印象があります。

ベトナム旅行の注意点と対策

ベトナム旅行の注意点と対策

新型肺炎コロナウイルスの対策としては、

1.中国・香港を経由する飛行機には乗らない※直行便がおすすめ
2.マスクを着用するよりも、手洗いとうがいが効果的

日本でもマスクが不足しているようですが、ベトナムでも手に入りにくくなっております。ただし、医療関係者は口をそろえて「マスクよりも手洗いとうがい」と説明しております。

1日5回程度の手洗いとうがいは、マスクをするよりも何倍もコロナウイルスの対策になるので、しっかりと行うようにしましょう。

国内旅行よりもベトナム旅行!

国内旅行よりもベトナム旅行!

旅行者の中には「海外旅行の予定があったけど、日本国内にする」と旅行を自粛する傾向にあるようです。しかし、ベトナム旅行に限って言えば、その心配はさほどないようです。

そもそも現時点では、日本国内の感染者数はベトナムをはるかに上回っておりますし、新宿や渋谷を歩き回るよりは、ベトナムを有意義に観光した方が感染確率も統計的に少なくなります。

新型肺炎コロナウイルスはまだ未知の部分があるため、医療関係者も落ち着くまでどのくらいの期間を要するか分からないとのことです。ただし、2002年に流行したサーズ(SARS)はおよそ1年間で終わったところを鑑みると、同じ呼吸器系疾患であるコロナも似たような期間であることが想定されます。