ハノイ旅行3泊4日モデルコース案内!女子旅や家族は必見!

Top Image
Image 1
Image 2
Image 3
Image 4

初めてのベトナム・ハノイ旅行者向けに、3泊4日のモデルコースを紹介します。4日間の滞在でどこへ行けばいいのかを分かりやすくご案内します。女子旅や子連れ家族は必見です。

目次

    3泊4日の4日間旅行はホーチミンよりハノイがおすすめの理由

    3泊4日の4日間旅行はホーチミンよりハノイがおすすめの理由

    ベトナムは日本から約5時間の距離に位置し、東南アジア諸国の中ではフィリピンに次ぐ2番目に近い国となります。特に北部ハノイは首都というだけあり、日本の主要都市の空港から直行便が出ていますし、日本のJAL、ANAだけでなくベトジェットエアといったLCC(格安航空会社)も運航しているので、選べるフライトも多岐にわたります。

    また、ハノイにはホーチミンにはない「世界遺産」があります。国内最大の名所でもある「ハロン湾」や「チャンアン複合景観」といった圧倒的な大自然に触れることで、非現実的なひとときを過ごすことができ、帰国後は気分を一新して出社に臨むことができるでしょう。

    ベトナムのハノイとホーチミンの違い。どっちがおすすめか徹底紹介
    北部ハノイと南部ホーチミンはベトナムを代表する観光地ですが、初めてベトナム旅行を検討している場合は、「ハノイとホーチミンは何が違うの?」、「どっちがおすすめ?」と疑問もあります。今回は様々な角度から両都市の違いを紹介します。
    詳細を見る

    ベトナム・ハノイ3泊4日モデルコースの「予算」はどのくらい?

    ベトナム・ハノイ3泊4日旅行の「予算」はどのくらい?

    ベトナムのハノイに訪れる多くの日本人旅行者は、3泊4日の4日間の旅行で計画しています。土日祝の3連休に有給を1日付けるだけですし、金曜の夜発の飛行機に乗ることができれば、3連休で月曜に帰国して火曜出社も十分可能です。

    ハノイ旅行に費やす予算もそれほど必要はありません。ハロン湾のクルーズツアーに参加するなど特別なオプショナルツアーに申し込めばその分費用は掛かりますが、旧市街を中心に町歩きに徹したり、安く参加できる現地ツアーに申し込めば、予算は食費込みで1日1万円~2万円で済ませることができます。

    予算の考え方

    • 航空券
      4万~7万円。ひと眠りすれば到着する距離なのでLCCでも十分です。福岡ーハノイ間は4時間30分で行けます。
    • 食費
      1日5000円。3つ星以上のホテルであれば、朝食ビュッフェが付いているので、昼食と夕食と間食の分を考えましょう。食堂や屋台で食べれば一食300~500円で済みます。高級レストランでも3000~5000円でコース料理を堪能できます。
    • スパ&マッサージ
      5000~1万5000円。女子旅やカップル夫婦でハノイ旅行なら一度は体験してほしい高級スパ。個室でお風呂やサウナを楽しみ、贅沢なひとときを満喫できます。個室&コース料金は東南アジア最安値です。
    • ホテル宿泊費
      1泊5000円~3万円。3つ星と4つ星であれば5000円前後、5つ星でも1万円前後で泊まれるのがハノイの良いところ。インターコンチネンタルやソフィテルなど一部の最上級ブランドは3~5万円します。

    ハノイ観光モデルコースでお土産を!失敗しないポイントは「事前に買い物を決める」

    ハノイ観光モデルコース最終日にお土産を!失敗しないポイントは「事前に買い物を決める」

    ハノイ3泊4日の旅行モデルコースでは、場合によってはお土産を買う時間が十分にないかもしれません。そのときは4日目最終日に早くから市内に出かけてお土産店巡りをするのが良いでいょう。お土産エリアは現状はハノイ旧市街一択となります。

    また、お土産選びで失敗や後悔しないポイントは「事前に買いたいものを決めておく」ことです。大抵はハノイ現地でしか買えないものなので、「あ、〇〇買い忘れた!」とならないように、日本を発つ前から行きたいお土産店の住所や商品名は控えておくのがいいでしょう。

    絶対に外せないハノイ土産の定番「YUGOC/ユーゴック」の生はちみつ

    絶対に外せないハノイ土産の定番「YUGOC/ユーゴック」の生はちみつ

    外国人旅行者に人気のベトナム土産の1つが「YUGOC(ユーゴック)」というブランドのお土産です。非加熱の生はちみつをメインプロダクトに、パームシュガーやマカダミアナッツ、カシューナッツといったベトナムで古くから食べられている特産・名産のお菓子をお土産らしいパッケージデザインで販売しています。

    ハノイ市内の複数のお土産店で扱っているほか、公式HPから注文すれば滞在ホテルまでデリバリーしてくれます。

    YUGOC公式HP:https://yugoc.com/

    ベトナム原産「ジャコウネココーヒー」はココで買おう!「Anne’s Maison」

    ベトナム原産「ジャコウネココーヒー」はココで買おう!「Anne’s Maison」

    ジャコウネココーヒーは「コピルアク」と呼ばれて日本人の間でもバリ島土産の定番になっていますが、ベトナム原産でも生産されています。

    ただし、ハノイ市内のお店で売っている安物は低品質の大量生産品であったり、普通のコーヒー豆がブレンドされてあるのが通常です。高品質で100%純正のジャコウネココーヒー豆を買いたい場合は、旧市街にある「Anne’s Maison」がおすすめです。

    コーヒー&お土産店「Anne’s Maison」
    ハノイ旧市街のお土産店「Anne’s Maison」。コーヒーを中心にベトナム伝統の食品・雑貨が充実。コピルアクやバター焙煎、オリジナル配合コーヒーもおすすめです。
    詳細を見る

    ハノイ3泊4日(4日間)モデルコース「1日目」は市内観光に出かけよう

    ハノイ3泊4日(4日間)旅行「1日目」は市内観光に出かけよう

    ハノイ3泊4日(4日間)の初日は現地到着時間が旅行者によって異なります。人によっては夜到着で、ホテルに戻って寝るだけという旅行者もいるでしょうし、日付けが変わった翌朝到着の人もいるでしょう。

    どちらにせよ、ハノイ旅行初日は「市内観光」に徹するのがおすすめです。ハノイの市内観光エリアは、大きく分けて「ホアンキエム湖周辺」、「ハノイ旧市街」、「タイ湖周辺」、「ホーチミン廟周辺」の4つのエリアに分けることができます。

    ホアンキエム湖周辺は「教会&博物館」巡りが中心

    ホアンキエム湖周辺は「教会&博物館」巡りが中心
    ホアンキエム湖にて

    ホアンキエム湖周辺の観光は主に「ハノイ大教会」と「博物館」巡りが中心となります。ホアンキエム湖周辺には「女性博物館」、「ホアロー収容所」、「国立歴史博物館」があり、いずれも徒歩で回ることができます。

    ただし、すべて行く必要はありません。歴史に興味なければ博物館は不要。ハノイ大教会は通り周辺に雑貨店やレストランがあるので、行ってみて損はありません。

    ハノイ旧市街は歩く道を事前に決めて、お店は予約しておこう

    ハノイ旧市街は歩く道を事前に決めて、お店は予約しておこう

    ハノイ旧市街は非常に広い旧城下町となりますが、旧市街すべてのエリアが観光地化されているわけではありません。観光客が行き交う通りは旧市街南部と中央部のみとなり、北部にはドンスアン市場があるだけです。

    旧市街の中央を走る「マーマイ通り」とその周辺の通り沿いにはたくさんのレストランやスパがありますが、世界中の旅行者が訪れるため、これらのお店を利用するときは必ず「予約」して行くのが旅行者に求められるマナーでもあります。

    タイ湖周辺は鎮国寺徒歩圏内がおすすめ

    タイ湖周辺は鎮国寺徒歩圏内がおすすめ

    ホアンキエム湖からタクシーに乗って15分ほど北上すると、ハノイで最も面積が大きく、最も美しいとされるタイ湖に到着します。ベトナム国内でも1.2を争う地価で、主にベトナム人富裕層と外国人駐在員が暮らす高級住宅街が広がります。

    旅行者はタクシーで鎮国寺で降りて、寺院観光や徒歩圏内で行けるカフェ&レストランを楽しむのがいいでしょう。インターコンチネンタルやシェラトン、パンパシフィックから徒歩で行けるスパは1軒だけあります。

    マイスパ
    ベトナムのハノイ・タイ湖の湖畔に佇む「マイスパ」の基本ページ。シェラトンやインターコンチネンタルから徒歩すぐにある南国らしい雰囲気のお店が印象的です。
    詳細を見る

    ホーチミン廟周辺は世界遺産があるが必須の観光スポットではない

    ホーチミン廟周辺は世界遺産があるが必須の観光スポットではない

    ホーチミン廟のある敷地内には、「ホーチミンの家」と「ホーチミン博物館」があるほか、タクシーですぐのところに「世界遺産タンロン遺跡」と「ベトナム軍地歴史博物館」がありますが、いずれもベトナムの歴史にあまり興味がない人にとっては時間がもったいないので、あえて3泊4日の旅行で向かう必要はないとも言えます。

    もし歴史に興味があれば、ホアンキエム湖周辺の博物館に行くのが時間的効率が良いのでおすすめです。

    ハノイ3泊4日(4日間)モデルコース「2日目」は「現地ツアー」に参加しよう

    ハノイ3泊4日(4日間)モデルコース「2日目」は「現地ツアー」に参加しよう

    ハノイ旅行3泊4日(4日間)の2日目は、「現地ツアー」に参加するのがおすすめです。3日目も丸1日ハノイに滞在できれば3日目でもいいのですが、旅行者によっては3日目の夜に帰国便に乗るという人もいます。そのため、ツアーの疲労度も考慮すると、2日目に参加するのが一番おすすめとなります。

    以下では初めてのハノイ旅行者の3泊4日旅行モデルコースに相応しい現地ツアーを紹介します。
    いずれも当サイト「タビスパ」にて予約申し込みが可能です!

    ハノイ最大の見どころ「ハロン湾」現地ツアー

    ハノイ最大の見どころ「ハロン湾」現地ツアー

    世界遺産ハロン湾行きのツアーは実は年々料金が上がっています。ハロン湾に訪れる旅行者の減少に伴い、クルーズ船も過去のパンデミックが原因で減っているためです。

    タビスパでは日系ではなくベトナム系ツアー会社と提携することで、安さを維持してツアーの提供を可能としています。ハロン湾行きは日本語ガイドなので安心してご参加ください。

    ハノイ発「ハロン湾」クルーズツアー(日帰り/混載)バイト号
    ベトナムの古き良きバイト号で行くハノイ発「ハロン湾」日帰りツアー。料金を抑えた格安ツアー。鍾乳洞見学あり、カヤック体験も可能。甲板から見る大小の奇岩は圧巻です。
    詳細を見る

    ハノイ最大級の絶景!もう1つの世界遺産「チャンアン複合景観」

    ハノイ最大級の絶景!もう1つの世界遺産「チャンアン複合景観」

    ハロン湾と対をなすもう1つの自然世界遺産が「チャンアン複合景観」です。ニンビン省内にある河川を手漕ぎボートで遊覧します。遊覧以外にも景勝地への登頂や廟の見学等ツアーによってプログラムが異なります。

    また、「タムコック」はチャンアン傍にある河川で、ローカルな自然を手漕ぎボートで満喫できます。ポストカードの風景にもなっています。

    チャンアン複合景観行きの現地ツアーはこちら

    ハノイ発「チャンアン+ホアルー」世界遺産1日ツアー。ボートトリップ
    ベトナムのハノイ発世界遺産の旅「チャンアンとホアルー」の現地オプショナルツアー。巨大なカルスト台地で形成されたニンビン省の2大名所を周るツアー。雄大な自然の中でのボートトリップをお楽しみいただけます。実際の体験談付き予約ページです。
    詳細を見る

    タムコック行きの現地ツアーはこちら

    【予約可】ハノイ発世界遺産「タムコック+ホアルー」大自然ボートツアー
    ベトナムのハノイ発「世界遺産「タムコック+ホアルー」大自然ボートツアー」の1日現地オプショナルツアー。昔から変わらない自然世界の中で、野鳥の鳴き声を聴きながらゆっくりと手漕ぎボートの遊覧を満喫することができます。是非当ページからご予約下さい。
    詳細を見る

    ハノイ3泊4日(4日間)モデルコース「3日目」はスパ&半日ツアー

    ハノイ3泊4日(4日間)モデルコース「3日目」はスパ&お土産ショッピング!

    ハノイハノイ3泊4日(4日間)モデルコースの3日目は、前日のツアーの疲労もあると思うので、ハノイ市内をのほほんと散策するのが良いでしょう。ただし、あてもなく町散歩するのは少しもったいないので、1日の中でのハイライト(見どころ)を考えておくのがおすすめです。

    「高級スパ」の個室で女子同士&カップルで贅沢時間を満喫

    ハノイ旧市街周辺には旅行者に人気の高い高級スパが幾つかあります。高級といっても予算は5000円~1万5000円。予約特典を利用すれば個室手配が可能なので、思い出に残る時間を大切な人と過ごすことができます。

    スパによってはお風呂&サウナ付き個室を完備しているところもありますので、是非じっくりお店選びをしてみてください。
    >>ハノイ市内のスパ一覧|予約可

    「疲れない半日現地ツアー」子ども連れ家族にもおすすめ!

    「疲れない半日現地ツアー」子ども連れ家族にもおすすめ!

    子ども連れの家族なら半日現地ツアーに参加するのも良いでしょう。市内観光といっても1つの場所で催行される参加型ツアーならワイワイ楽しめます。

    タビスパのおすすめはレストランで催行される「ベトナム料理教室」やベトナムの鉱石を研磨してオリジナルアクセサリーを作る「ジュエリー体験教室」です。

    意外と満足度高い!2名から家族・団体で楽しめる「ベトナム料理教室」

    【予約可】ハノイ午前/午後発「ベトナム料理教室」ツアー(英語ガイド)
    ハノイ午前/午後発「ベトナム料理教室」ツアー(英語ガイド)の基本情報ページ。シクロで旧市街散策&ローカル市場で買い物も含まれています。作る料理はベトナムの伝統料理です。
    詳細を見る

    オリジナルのアクセサリーを作ろう「ジュエリー教室」

    【予約可】ハノイ発「宝石研磨&ジュエリー体験教室」ツアー
    ベトナムのハノイ発「宝石研磨&ジュエリー体験教室」の基本情報ページ。工芸・製作は旅行の醍醐味。ベトナム産の原石を磨いて指輪やネックレスに仕上げます
    詳細を見る

    ハノイ3泊4日(4日間)モデルコース「最終日」の過ごし方

    ハノイ3泊4日(4日間)モデルコース「最終日」の過ごし方

    ハノイ3泊4日(4日間)の旅行も最終日4日目に突入。最終日は飛行機の搭乗時間にもよりますが、ほとんどの旅行者はお昼前から夕方(16~18時)の飛行機に乗って日本に帰国することになります。

    そこで、以下では午前から半日ほどの時間でできることを紹介します。

    忘れてませんか?ハノイで「ホテルライフ」を満喫

    忘れてませんか?ハノイで「ホテルライフ」を満喫

    もし4つ星、5つ星ホテルに宿泊しているならば、半日ほどホテルライフを楽しんでみてください。朝食ビュッフェ、屋外プール、カフェレストラン、フィットネスジム、マッサージ、ルームサービスなどはどこも高級ホテルでもあります。

    日本では普段5つ星ホテルに泊まる機会もないと思います。カフェラウンジでスイーツを食べながらパートナーと旅行の思い出を振り返っておしゃべりするのも素敵な時間です。

    ハノイ3泊4日モデルコースを計画するコツは「行きたいところは予約」する

    ハノイ3泊4日モデルコースを計画するコツは「行きたいところは予約」する

    ハノイ3泊4日の旅行はそれほど時間にゆとりがないため、何かを見逃してしまったり、「行きたいスパに行ってみたら今日は終日満室って言われた」、「現地ツアーに前日に申し込もうとしたけど、催行できないって断られた」といったトラブルがあると、スケジュールの大幅変更や希望のスパやツアー参加を断念せざる得ません。

    そのため、行きたいお店や買いたいものは、日本を発つ前にリスト化しておき、最低でも数日前に予約しておくのがおすすめです。特に現地ツアーは最少催行人員があるので、それに満たない場合は催行されません。

    ハノイ3泊4日モデルコース成功の秘訣は「観光スポットを詰めこみすぎない」

    現地ツアー「ドゥンラム村観光」にて
    現地ツアー「ドゥンラム村のスローライフ観光」にて|予約可

    ハノイ3泊4日モデルコースのスケジュールを決める際、旅行者がよくやりがちなのが「スケジュールをぱんぱんにすること」です。午前も午後もガイドブックに載っている寺院や博物館をひたすら巡る旅程を作っていませんか?

    ハノイのホアンキエム湖や旧市街はゆっくりと時間が流れる独特な雰囲気が漂っているので、慌ただしく観光巡りするのは似合いません。「この時間すかすかで予定ないけど良いかな?」くらいがちょうどよく、空き時間はホテルでまったり過ごしたり、旧市街のカフェでベトナムタイムを感じるのがおすすめです。

    ハノイ3泊4日モデルコースでは「屋台や食堂」はあまりおすすめしない理由

    ハノイ3泊4日モデルコースでは「屋台や食堂」はあまりおすすめしない理由

    ハノイ含むベトナム旅行では「屋台料理」も体験したいところですね。しかし、今回紹介する3泊4日のモデルコースでは、あまりおすすめはできません。屋台は想像の通り不衛生で、油の長時間の使い回しや、お客の食べ残しを鍋に戻したりなど、最近はベトナム人も敬遠しがちとなっています。

    3泊4日という短期旅行ではお腹を壊して1日潰れるだけで、ハノイ旅行は台無しになってしまいます。わざわざそのリスクを冒す必要はありませんので、普通に食堂もしくはレストランで食事するのが良いでしょう。

    食堂は安全?やっぱりレストランが一番おすすめ

    食堂は屋台よりは衛生面に気を遣っていますが、それでも産地不明の市場や業者から食材を調達していることがほとんどなので、やはり品質管理の低さはベトナムでも度々ニュースに取り上げられています。特に昨今は日本でもそうですが、食中毒が非常に多発傾向にあります。仕入れ元から温度や湿度、保存場所までしっかりと管理しているレストランがおすすめと言えるでしょう。

    まとめ:ハノイ3泊4日でも満足度100%!気軽に東南アジア旅行を楽しめる

    今回はハノイ旅行3泊4日のモデルコースを紹介しました。ハノイは物価が安く、円安の今でもまだまだ少ない予算で贅沢な旅ができます。しかしせっかくのハノイ旅行。後悔しないためにも事前にスケジュールはしっかりと決めておくようにしましょう。

    Top Image
    Image 1
    Image 2
    Image 3
    Image 4

    Writer/この記事を書いた人

    著者の写真

    古川 悠紀
    トラベルライター

    FacebookInstagram

    大学卒業後、日本で販売店営業、外資(米国)メーカー勤務を経て2011年にベトナムのホーチミンに移住。トラベルライターとしてベトナムを中心に東南アジアの旅行・生活・経済の記事を請け負う。実績にAll About、阪急交通社、自著「ベトナムとビジネスをするための鉄則 55」、寄稿「トリコガイドベトナム(アルク出版)」、「複住スタイル(英和出版)」、下川裕治著/編に記事の寄稿等がある。