ハノイから日帰りで行ける「タムコック」おすすめ現地ツアーを紹介!

ハノイから日帰りで行けるニンビン省の「タムコック」。大自然に囲まれたボートツアーが人気です。今回はタムコック行きのおすすめ現地ツアーをすべてご案内します。

ハノイの世界遺産「チャンアン複合景観」の行き方・現地ツアーまとめ
ハノイ観光で押さえておきたい世界遺産の「チャンアン複合景観」。ツアーに参加すれば、日帰りで楽しむことができます。そこで、今回はチャンアンまでの行き方や現地ツアーの内容をまとめてみました。
詳細を見る

近年人気急上昇のニンビン省観光

近年人気急上昇のニンビン省観光

ハノイから日帰りで行ける大自然景勝地といえば、言わずもがなハロン湾がその代表です。しかし、近年人気急上昇中なのが、こちらのニンビン省。ニンビン省には世界遺産チャンアン複合景観があり、また、それ以外の観光スポットも複数ありいずれも人気が高いです。ハロン湾は豪華客船でチャンアンや今回紹介するタムコックは手漕ぎボートに乗るという違いはありますが、船に乗ってみる光景はハロン湾もタムコックも変わりありません。

その理由は、ハロン湾もタムコックも同じ形成の歴史だからです。両エリアは石灰岩で形成されたカルスト台地で2億年以上の歴史があります。そして、雨風に大地が浸食され、海に沈んだのがハロン湾。逆に水が引き隆起したのがニンビン省となります。

タムコックのボートツアー

タムコックのボートツアー

タムコックはチャンアンと同じ手漕ぎボートで湾内を周遊することができます。チャンアンの方が大きな山々の間を縫うため、迫力はあるかもしれませんが、世界遺産のため人工的に開発された部位も見受けられます。

一方、タムコックは世界遺産からは外れるので、昔ながらの風景が広がります。雑誌などでよく見る足でオールを漕ぐのもタムコックで、チャンアンでは見られません。

人々の生活風景を見る

湾内で網漁をしている風景や、物を売る行商の姿を見ることができるのもタムコックならではの風景。チャンアンは保護地区に指定されているので、湾内に現地人はいなく、タムコックと比べるとアトラクションチックとなります。

ハノイ発タムコック行きの人気現地ツアー

ハノイ発タムコック行きの人気現地ツアー
行商からビールやジュースを買うことができる

ハノイ発タムコック行きの現地ツアーは、どこの日系旅行会社も催行しています。日系であれば日本にいるうちに予約することもできますし、英語ツアーでもいいなら現地ツアーデスクをあたってみるのもいいでしょう。ただし、タムコック行きはチャンアンほど人気がなく、最少催行人数も多い場合があるので、「明日行きたい」という要望には応えられない可能性もあります。

1.大定番!タムコック+ホアルー

1.大定番!タムコック+ホアルー

ホアルーは中国から独立してからの初めての王朝。チャンアン複合景観に含まれているため、ホアルーは世界遺産となります。確かに歴史深く、また水牛と一緒に写真を撮ったりもできるのです。ただしあくまでもお寺の見学なので、子供は退屈してしまうかも。

2.トレッキングで絶景を!タムコック+ハンムア

2.トレッキングで絶景を!タムコック+ハンムア
この石段をひたすら上る

こちらは体力ある人限定。筆者が行ったときは、途中でツアーガイドがリタイアしました(笑) ハンムアと呼ばれるお寺は龍をイメージした急勾配の石段を上がった先にあり、そこから眺められる景色はポストカードにもなっている絶景。タムコックを見たわすことができ、その風景はまさに山水画。ただしご覧の石段を30分ほどかけて上る必要があります。

3.仏教好きは是非!タムコック+バイディン寺

3.仏教好きは是非!タムコック+バイディン寺

アジア最大級の敷地を持つ仏教寺院「バイディン寺」。500体以上の仏像が安置されているほか、本堂には黄金の大仏も見ることができます。旧正月にはニンビン省に暮らす大勢のベトナム人が参拝に訪れるほど。意外と満足度が高いです。

近年はハロン湾よりも人気!ニンビン省のタムコックに行こう!

タムコックはハノイ市街地から車でおよそ2時間の距離にあるため、3時間半かかるハロン湾よりも近場となります。そのためか、近年はハロン湾ではなくニンビン省を選ぶ観光客が増えてきています。ニンビン省に行くからには、チャンアンもしくはタムコックのいずれかは選ぶことになるでしょう。もしありのままの大自然とそこに暮らす人々を見学したいならば、チャンアンよりもタムコックがおすすめえです。