ノイバイ空港からハノイ市内までのおすすめの移動手段

ベトナムの首都ハノイの空の玄関口であるノイバイ(国際)空港。ノイバイ空港から市内までは、車でおよそ50分ほど。少々遠い道のりとなるので、事前にしっかりとノイバイ空港の移動手段を把握しておき、何を利用するのか決めておくことが大切です。

ここではノンバイ空港からハノイ市内までのおすすめ移動手段をご案内します。それぞれメリットとデメリットがあるので、目的などに合わせて使いわけてみてください。また、ノイバイ空港は国際ターミナルと国内ターミナルが隣接していて、ターミナル間はシャトルバスで行き来することができるほか、徒歩でも可能です。

ハノイの空の玄関「ノイバイ国際空港」

ハノイのチェックインカウンター

ハノイの空の玄関口であるノイバイ国際空港。従来までは国内と国際ターミナルはひとつでしたが、2015年から、日本の大成建設によって新国際ターミナルが誕生しました。現在では、モダンで清潔感のある建物に生まれ変わっています。新海誠氏監督のCMでテレビでよく見たと思います。

ノイバイ空港のイメージ写真

新国際ターミナルはそれほど大きくなく、イミグレーションから荷物のピックアップ、到着ロビーから外にでるまで一本道なので、迷うこともありません。到着ロビーには数カ所の両替所やスマホのSIMカード販売店もあります。ここである程度のベトナムの通貨・ドンを入手しておきましょう。為替レートはどのお店もほぼ同じです。

このノイバイ空港からハノイ市内までは、直通の地下鉄などもなく、「タクシー」か「バス」、「配車アプリ」での移動となります。

身体に負担をかけない「タクシー」での移動

ベトナム最大手のマイリンタクシー
ベトナム最大手のマイリンタクシー

飛行機での長時間の移動のあとで、身体に負担をかけたくない旅行者におすすめしたい移動手段は「タクシー」。これなら自分だけの空間をしっかりと確保することができます。到着までの時間をゆったりと過ごすことができるでしょう。

そのさいには、信頼できる会社のタクシーを使うのが大切。でないと、高額な料金を請求されたりとトラブルになりがちです。たとえば、「ノイバイタクシー(Noibai Taxi)」や「マイリンタクシー(Mailinh)」、「エアポートタクシー(Airport Taxi)」あたりがおすすめ。

ベトナム大手タクシー会社ビナサンタクシー
ベトナム大手タクシー会社ビナサンタクシー

「タクシー」での移動のデメリットは、その他の方法に比べると料金が高いこと。料金は約40~50万ドン程度で、日本円に換算すると2000円ちょっと。車種はセダンとミニワゴンの2つのタイプがあって、ミニワゴンは初乗り料金がすこし高めの設定となっています。

リーズナブルで便利な「バス」での移動

ハノイのバス車内の様子

2016年にノイバイ空港から市内中心部を結ぶ路線バス「86番バス」が開通しました。主なルートは、空港からタイ湖、ホアンキエム湖を経てハノイ駅となります。宿泊先や目的地が旧市街東部やホアンキエム湖南部にあるなら、とても便利な路線バスとなっています。

ノイバイ空港に発着しているこの「86番バス」なら、そのお値段はなんと片道3万ドン(約150円)。「タクシー」での移動の10分の1以下の費用で市内へ移動することができるのです。

ハノイノイバイ空港のバス待機所
ハノイノイバイ空港のバス待機所

バス乗り場は、バスの車体カラーと同じオレンジ色の目立つ看板が柱に取り付けています。そのため、見ればすぐにわかるでしょう。ターミナルを出てからバス乗り場までは約2分くらい。バスの車内には、スーツケースなどの荷物を置くスペースが設けられています。また、WiFiも飛んでいます。

バスが発車してしばらくすると、車掌が運賃を集めにきます。そのときに、降車場所も聞かれます。ハノイ市内に入ってからのバス停は、ロンビエン・バスターミナル、チャンクアンカイ通り162番、オペラハウス、メリアハノイホテル前、ハノイ駅の5か所。

空港から終点のハノイ駅までの所要時間は約50分。バス停の数も少ないので、所要時間もタクシーとそれほどかわらないのも魅力です。ただタイミングによっては混んでいることもあるので、その点はデメリットということができるでしょう。

配車アプリは「Grab」がおすすめ

Grabタクシーのイメージ
スマホでの操作が必要

2014年以降ベトナムにも複数の配車サービスを提供する外資企業が進出しています。現時点で最もシェアが高いのは、東南アジア各国で展開している「Grab(グラブ)」です。バイクと車を選び、現在地と目的地を入力するだけで、あとは自動的に近くのドライバーを探してくれます。

Grabのイメージ

最初はアプリのダウンロードと登録をしなければならなく、また英語となりますので、少々とっつきにくいかもしれませんが、慣れてしまうとこれ以上ないくらい便利です。料金も表示金額のみを支払うだけなので、交渉も必要ないですし、ぼったくりの心配もありません。一度ダウンロードすれば、マレーシアやタイなど他の国でも同じ使い勝手で利用することができます。

近年は配車アプリのGrabが定番に

Grabのバイク
市内の移動では車とバイクを選べる

ベトナムでは旅行者を狙ったぼったくりタクシーがいまだ横行しています。その問題を解決してくれるのが、配車アプリのGrab(グラブ)です。安さで求めるなら「バス」での移動もおすすめ。早速ベトナムらしさを体験できます。予算や目的などに合わせて使いこなしてみてください。新しい旅のはじまりを、ぜひベストな状態から楽しみましょう。