ハノイの「ホム市場」はベトナム感たっぷり!

ハノイの二大市場といえば、旧市街のドンスアン市場とホアンキエム湖南部の「ホム市場」が挙げられます。ホム市場はよりローカルな雰囲気を楽しむことができる魅力的な屋内市場。

観光客をターゲットにしたお店は皆無なのですが、地元の生活感あふれる品々をリーズナブルな価格で物色できるショッピングスポットとなっています。ここでは、「ホム市場(Cho Hom)」の魅力をご案内いたします。

ローカル特化型のハノイ二大市場のひとつ

ハノイのホム市場の外観
ハノイのホム市場の外観

「ホム市場」は、ドンスアン市場とともにハノイ二大市場に数えられる巨大なマーケットです。ドンスアン市場との違いは、こちらの市場のほうがローカル特化型であること。そのため、ベトナムらしさをたっぷりと楽しみたいときにおすすめできます。とくに青果市場としての色彩が強い傾向がり、ハノイの台所のような場所です。

ハノイのハイバーチュン区
ハノイのハイバーチュン区

この「ホム市場」があるのは、ホアンキエム湖の南方にあるハイバーチュン区。周辺は現地人と観光客が多く行き交うエリアで、ベトナムのローカルな生活も感じられるエリアとなります。

土地勘がない観光客にとってはちょっと分かりづらい場所にあるので、マップで確認したりタクシーを利用するなどして、市場に向かいましょう。

地図で確認

開放感のあるビル型の建物にひしめくお店たち!

ホム市場の内部
ホム市場の内部

ホム市場はレトロな雰囲気を漂わせているビル型の建物。内部中央が吹き抜けになっていて、広々とした開放的な空間が広がっています。ホム市場は外回り、1階、2階というのが基本的な構成。屋内には、所狭しとさまざまな種類のお店が立ち並んでいます。

ホム市場ではさまざまな物が売っている

市場の奥のほうには、生鮮食品を販売しているエリアも。ここでは、大きな豚や牛の肉が吊るされた生々しい光景を見ることができます。

ホム市場のお店の様子
庶民の台所といったふう

ローカル向けのマーケットなので、基本的には観光客用のお土産ものは見当たりません。そのかわり、現地の等身大の食材や衣類などを買い求めることができます。

ホム市場の服飾エリア
洋服はちょっと年齢層が上かも

果物エリアには日本では見ないものも多く山積みになっていますし、2階部分はおもに衣類を販売していて、個人客だけでなく業者も通う卸売場のような場所となっています。

このマーケットがもっとも活気づくのは早朝。お昼くらいになってくると人も減ってきて落ち着いてきます。

リーズナブルなお値段でお土産をゲット!

2階の服飾エリア
2階の服飾エリア

ホム市場の外回りにある露店や屋台は、昼時となると現地の人びとでごった返しています。フォーやブンダウといったハノイ名物グルメも楽しむことができます。衛生的に気になる人もいるかもしれませんが、そのなかに分け入って食べるベトナム料理の味は格別なものがあります。

OTA

ハノイの王道的なお土産もの「バインコム」もおすすめ。これは緑豆を原料にしたお餅です。基本的には、5個で1セット。空港などで買うと市場の倍以上の値段が付けられているので、こういったローカル市場で購入するとリーズナブルに手に入ります。

現地人の暮らしを見る。「ホム市場」へ行こう!

果物エリア
果物エリア。食べ歩きもOK

ドンスアン市場よりも、よりローカルな雰囲気に浸ることができる「ホム市場」。このマーケットを歩いているだけで、現地の生活に溶け込んだような、そんな気持ちにさせてくれます。ローカルの等身大の暮らしぶりを垣間見たいのなら、ぜひ足を運んでみてほしい観光スポットとなってます。

観光情報

ホム市場 Cho Hom
住所:79 Pho Hue St. Dist.Hai Ba Trung. Ha Noi
営業時間:7:00~18:00
アクセス:ホアンキエム湖から徒歩20分