ハノイとホーチミン2都市周遊ツアーのおすすめ日数やポイントを紹介

ベトナムのハノイとホーチミンは日本人旅行者の人気観光エリアの1位と2位。一度の旅行で両都市観光できれば、一生の思い出に残るはず。そこで、今回はハノイとホーチミンの2都市周遊ツアーのおすすめの日数やポイント、注意点などを一挙ご紹介します!

目次

    実は少ないハノイとホーチミンの2都市周遊ツアー

    実は少ないハノイとホーチミンの2都市周遊ツアー
    ハノイのホアンキエム湖にて

    年間80万人の日本人旅行者が訪れるベトナムですが、その内の70万人はハノイとホーチミンで分けています。そんなハノイとホーチミンはまるで異なる町の雰囲気が印象的ですが、2都市周遊ツアーを用意している旅行会社の数はそれほど多くはありません。

    というのも、北部ハノイと南部ホーチミンは距離にしておよそ1600km。日本でいう青森と博多間の距離となるので、両都市を巡るツアーはそれほど多くはないのが現状です。

    11月~2月のハノイとホーチミンは気候が違うことに注意

    11月~2月のハノイとホーチミンは気候が違うことに注意

    北と南に分かれるハノイとホーチミン。実は気候も異なり、11月から2月はハノイでは秋冬の時期。体感気温で一桁台になることもしばしばあります。一方でホーチミンは常夏の気候なので、半袖短パンの格好でも問題ありません。11月から2月に2都市周遊ツアーを考えている方は、服装に注意してくださいね。

    ホーチミン観光のベストシーズンと気温・天気・服装
    初めてのベトナムホーチミン旅行であれば、ベストシーズンに観光を楽しみたいもの。ベトナムは気候に地域差があるので、現地の天気や気温は事前に確認してから旅行計画を立ててください。今回は服装を含めてホーチミン旅行のベストシーズンをご案内します。
    詳細を見る
    ハノイは寒い!旅行者向け服装・天気・気温・気候まとめ!
    ベトナムのハノイは実は温暖の気温で常夏ではなく、年間を通して四季があります。天気も時期によって変わるので、初めてのハノイ旅行者は服装(洋服)にも注意が必。そこで、今回はハノイの気温、天気、服装、気候などをまとめてご案内します。
    詳細を見る
    2021年最新!ベトナム・ハノイ観光のリアルなベストシーズンを解説!
    ベトナムの北部ハノイは日本人旅行者に人気の観光地ですが、実は年中常夏というわけではありません。ハノイ観光を検討する際は、自分が行く時期がベストシーズンに該当するかどうかを知っておくといいでしょう。そこで、今回はハノイ及び世界遺産観光のベストシーズンをご案内します。
    詳細を見る

    旅行日数は4~6日間が定番

    ホーチミン中心部にて

    旅行会社の催行しているハノイとホーチミン2都市周遊ツアーを見てみると、旅行日数は4日、5日、6日間が最も多い様子です。

    4日間は絶対におすすめできない

    まずおすすめできないのは、4日間のツアー。旅程を見てみると、
    1日目午後:ホーチミン着&観光
    2日目お昼:ハノイへ移動&観光
    3日目夜:深夜便にて帰国
    4日目朝:日本の空港へ到着&解散

    つまり、ハノイもホーチミンも丸一日すら遊ぶことができません。ホーチミンのメコンツアーにも参加できなければ、ハノイのハロン湾も見学することはできません。

    おすすめの旅行日数は6日間

    おすすめの旅行日数は6日間

    ハノイとホーチミンの2都市周遊ツアーでおすすめしたい旅行日数は「6日間」となります。もし5日間であれば、ハノイもしくはホーチミンのいずれかの都市で丸1日フリーで観光することができますが、6日間の旅程であれば、両都市で1日半観光に費やす時間があるので、現地ツアーに参加して多少遠出することも可能です。

    2都市周遊ツアー向け。半日でも楽しめるハノイの見どころとポイント

    半日でも楽しめるハノイの見どころとポイント

    世界遺産のハロン湾やニンビン省は車で片道2~3時間かかるため、1日通してツアーに参加することになります。その時間が取れない場合は、市内観光を楽しむことになります。ハノイの市内観光のポイントは「旧市街」と「歴史博物館」にあります。旧市街はホアンキエム湖の北方に位置しているので、散歩がてら歩くことができます。歴史博物館は市内に多数点在しますが、興味がなければスパや買い物に時間を回すのもいいでしょう。

    また、バッチャン焼きで有名なバッチャン村に行くのもおすすめ。ハノイ市内から車で20~30分ほどで行くことができるので、半日ツアーもたくさん組まれていますし、自力で行くことも可能です。

    ハノイで伝統と歴史の半日体験「バッチャン村」観光
    ハノイ郊外にあるバッチャン村は、ホアンキエム湖から車で30分ほどの場所にある小さな村。ベトナムで有名な陶磁器である「バッチャン焼き」はここですべて製作されています。バッチャン村散策やお土産の買い物など半日から楽しむことができます。
    詳細を見る

    ハノイの夜の過ごし方

    ハノイの夜の過ごし方

    短い旅行日数で2都市周遊を考えているならば、夜もしっかりと楽しみたいところです。もしハノイに訪れるのが週末であれば、旧市街で開催されるナイトマーケットに参加するといいでしょう。ホアンキエム湖北東では水上人形劇も鑑賞できますし、南部オペラハウスでは「Lang Toi(ラングトイ)」というアクロバットパフォーマンスショーを鑑賞することができます。非常に高い満足度を誇る夜のエンタメですので、こちらも検討してみてください。

    ハノイ旅行の王道!週末限定のナイトマーケット(旧市街)へ行こう
    ハノイの旧市街では毎週金曜から日曜にかけて、週末限定のナイトマーケットが開催されます。現地人と旅行者が大勢入り乱れる人気のナイトスポットとなるので、旅行者はマストで足を運んでみてください。
    詳細を見る

    2都市周遊ツアー向け。半日でも楽しめるホーチミンの見どころとポイント

    2都市周遊ツアー向け。半日でも楽しめるホーチミンの見どころとポイント
    ホーチミンのブイビエン通りにて

    郷愁漂うハノイと比べて、ホーチミンは南国そのもの。あいにくビーチはありませんが、熱気に満ちた市場のおばちゃんの掛け声やバイクの大群、100を超えるスパやマッサージ店、雑貨店などが集まるドンコイ通りにバックパッカーエリア。ツアーに参加する時間がない方でも、市内観光だけで数日は楽しむことができます。

    最近増えてきた半日メコンツアー

    メコンツアーの写真

    メコンツアーといえば、メコンデルタのミトーやベンチェーを1日かけて回る大自然散策ツアーでした。しかし、昨今はあらゆる需要を受けて、旅行会社によっては半日ツアーを用意しているところも増えてきました。半日ツアーの場合はお昼すぎから行くプランが多いようで、ココナッツキャンディー工房や伝統音楽の生演奏などは省かれることがあります。ただし、メコンツアーのハイライトである手漕ぎボートや高速ボートに乗ってメコン川をひた走るジャングルクルージングはしっかりと堪能することができます。

    【2020年度版】ホーチミン観光で人気の日帰り郊外ツアー5選
    初めてのホーチミン旅行では、郊外観光を楽しみたい場合はツアーに参加するのがおすすめ。今回ご案内するのは、ホーチミンの隣町に行く人気ツアー5選。いずれもホーチミンの都会とは打って変わった町並みや自然風景が印象的です。
    詳細を見る

    ホーチミンの夜の過ごし方

    ホーチミンの夜の過ごし方

    ホーチミンは夜も楽しみの1つ。ベンタイン市場周辺ナイトマーケットは毎日開催されますし、オペラハウスではハノイでも開催されたラングトイと似たようなアオショーを鑑賞することもできます。また、サイゴン川周遊のディナークルーズ船も毎日就航しています。若い方ならば、バックパッカーエリアを歩いてブイビエン通りで夜を過ごすのもいいでしょう。

    ホーチミンとハノイの2都市周遊ツアー。6日間以上ならば断然おすすめ!

    ホーチミンとハノイの2都市周遊ツアーは、上述したように4日間だと慌ただしくて満足度は高くありません。最低でも5日間、できれば6日間の旅程が欲しいところ。それであれば、2都市周遊ツアーは非常におすすめの旅行と言えるでしょう。