ハノイ旅行者必見!穴場の観光地特集

ハノイ旅行と言えば、市内観光や世界遺産観光が定番のコースとなりますが、ここでご案内する観光地は日本人にあまり知られていない穴場のスポット。ちょっと変わったハノイ旅行を楽しみたいという方は、是非穴場エリアに足を運んでみてください。

少数民族と交流ができる。アジアの秘境観光「サパ」

少数民族と交流ができる。アジアの秘境観光「サパ」

ベトナム北部ラオカイ省にあるサパは、まだ未発展の山岳地帯でありながらもハノイ旅行における穴場の観光地として、とりわけ欧米人バックパッカーに人気があります。サパでは山岳に暮らす少数民族の華モン族やタイー族の人々と交流することができ、彼らが作る民芸品を買ったり、現地ツアーに参加して絶景の風景を眺めたり、彼らの家にホームステイすることができます。

行き方・アクセス

行き方はバスか列車となり、所要時間はおよそ5~6時間。半日程度かかるため日帰り観光は厳しく、基本は現地で一泊するのが普通です。穴場の観光地とはいえ、現地の日系旅行会社でもツアーを催行しているところは多いため、まずは相談してみるといいでしょう。

ハノイ旅行者の穴場と言えばココ!美しい港湾都市「ハイフォン」

ハノイ旅行者の穴場と言えばココ!美しい港湾都市「ハイフォン」

ハノイやダナン、ホーチミンと肩を並べるベトナム政府の直轄市であるハイフォンは、ベトナム最大の港湾都市です。ハイフォン自体は都会ではありますが、港町特有のゆったりとした時間が流れているのが特徴。ハノイ在住者の中でもハイフォンは根強い人気を誇り、週末旅行の旅先として人気があります。現地ではハイフォン料理や博物館の見学、市内散策、湖の周遊、海水浴などを楽しむことができます。

行き方・アクセス

場所はハノイから車で3時間ほど東へ走ったところ。日帰り観光も可能ですが、海水浴やボートによる湖の周遊などを目的に行く場合は、現地で一泊するのがおすすめです。ハイフォンは貿易の中継港としても利用されているため、外国人に対しても開けていて、日本人が満足できるホテルもたくさんあります。

息を呑むほど美しい!穴場としてひっそりと知られる農村「ドンラム」

息を呑むほど美しい!ベトナムの農村「ドンラム」

ハノイ市街地から西方50kmのところにある小さな農村「ドンラム」。「ベトナムで最も美しい田舎」と称される小さな村で、いまもなお水牛が家畜として飼われ、レンガ造りの旧家が並んでいます。似たような三角屋根の家々を横目に歩いていると、まるで時間が止まっているかのよう。何もないことがこれほどまでに美しいと感じることもそうそうありません。

行き方・アクセス

このドンラムは日本の青年海外協力隊が発展の一助として活躍しているためか、現地の日系旅行会社でも日帰りツアーの取り扱いが見られます。田舎の農村とはいえ、多少は観光地されていて、またベトナム文化遺産にも登録されています。車で1時間半程度の道のりなので、タクシーをチャーターして自分で行くこともできますが、値段はツアーの方が安く済みます。

ベトナムで最も美しい棚田を見る穴場「ホアンスーフィー」

ベトナムで最も美しい棚田を見る「ホアンスーフィー」

ベトナムで最も美しい棚田がある場所として知られる「ホアンスーフィー」。ベトナム北部ハジャン省にあり、中国との国境に面しています。15の少数民族が暮らしていて、彼らの日常の生活風景を見ることができるほか、美しい棚田を見学するトレッキングツアーも人気があります。まだ外国人には認知度がない穴場の観光エリアとなります。

行き方・アクセス

ハノイ市内のバスターミナルからハジャン(ハザン)省行きの長距離バスが出ていて、片道1000円程度で行くことができます。所要時間は7時間程度と長いため、最低1泊は必要となります。清潔なホテルは少ないため、前もって予約しておくのがいいでしょう。ツアー催行している旅行会社はほとんどないため、基本は自力で行くことになります。まさに穴場観光地ですね。

もはや穴場とは言えない?見どころはたくさん!「ニンビン省」

もはや穴場とは言えない?見どころはたくさん!「ニンビン省」

2014年にチャンアンがユネスコ世界遺産に登録されて以来、ハロン湾と肩を並べる人気の観光地として成長したニンビン省。日本人にとってもガイドブックで紹介されていたりと、もはや穴場とは言えなくなってきたかもしれません。しかし、チャンアンやタムコックのある観光地から少し離れたところに、ニンビン省の町があります。通常のツアーでは素通りしてしまうのですが、ここも旅好きには堪らない町散策エリアです。大きなスーパーやショッピングセンターもなければ、高層マンションもない、ベトナムらしい町並みが広がっています。世界遺産観光の折に訪れてみて下さい。

行き方・アクセス

ハノイ市街から車で南下すること約2時間。数年前に高速道路が開通して以来、観光客にとっても日帰りで行くことができるようになりました。チャンアンやタムコックのボートツアーはどこの旅行会社でも催行していますが、ニンビン省の町歩きはないため、自力で行く必要があります。タクシーで片道料金を交渉するのがいいでしょう。

ハノイにはまだまだ旅行者に知られていない『穴場』観光地がある!

今回ご案内した以外にも、ハノイ及びベトナムには日本人の知らない穴場の観光地がたくさんあります。今後もタビスパで紹介していきますので、是非次のベトナム旅行はここで挙げた穴場エリアに足を運んでみてください。