ベトナムの電気事情。電圧・プラグ・コンセント・電源

ベトナム旅行で家電製品を持っていこうとする旅行者は、まずはベトナムの電気事情を知る必要があります。もし何も知らないで使いたい家電をやみくもに持っていくと、「コンセントの穴が違くてプラグが刺さらない」、「スイッチ入れても全然動かない」といったトラブルにあうかもしれません。また、動かないだけならまだしも、最悪ショートしてしまい、その家電製品は二度と使い物にならなくなってしまうこともあります。

今回はベトナムの基本情報として必ず押さえておきたい、電圧、プラグ、電源事情をお届けします。

ベトナムの電圧は日本とは異なる

まずは電圧からご紹介。日本は100Vに対して、ベトナムは220~240Vとかなり高いです。旅行者が知っておかなければならないのは、“電圧が異なると、家電含む電化製品は使えない”ということです。

しかし、最近の家電は海外でも使えるよう、電圧に幅が設けられています。もし持っていきたい製品のプラグ、アダプター部分に“100V~240V”と記載があれば、それはベトナムの電圧もカバーしているので、持っていって普段通り使うことができます。一方“100V”のみ記載があれば、ベトナムの電圧はカバーしていないので、現地で使うためには電圧を変える変圧器が必要となります。

変圧器は大きく重くなればなるほど、大きな家電製品の電圧を変えることができます。ただ、ドライヤーや美顔器、スマホ充電器などの小物家電であれば、旅行用の携帯型変圧器でもまかなうことができるはずです。

変圧器を使わないとショートする危険性

もし100Vしか対応していない家電をベトナムで使うとどうなるのでしょうか。挿し込んだ瞬間にシュパッ!と音がして、一瞬でショートしてしまいます。ショートした家電はもう使うことはできませんので、くれぐれも注意してください。

プラグは日本とは異なる。しかし、変換プラグは必要なし

日本のプラグの形状は「Aタイプ」となります。一方、ベトナムは「Aタイプ」、「Cタイプ」、「SEタイプ」、「BFタイプ」の4種があります。BFタイプは3口のアースとなります。

では、変換プラグは必要なのかどうか。答えはNOです。日本で使っている通常の家電製品は、すべて変換プラグなしでベトナムのこれらの形状のコンセントに挿し込むことができます。CタイプやSEタイプはコンセントの口が丸いのですが、日本のAタイプのプラグも少し強く挿し込めば、しっかりと入れることができます。

ベトナムの家電を日本で使うときは変換プラグが必要

 一方、ベトナムでお土産に買った電化製品を日本で使うときは、変換プラグが必要となります。ベトナムのプラグは先端が丸くなっていたり3口なので、日本のコンセントに挿し込むことはできません。

海外旅行者のマストアイテム「マルチプラグ」

海外旅行をこれからもする予定がある方は、家電量販店でマルチプラグを購入しておくといいでしょう。世界にはさまざまな形状のプラグがあり、ベトナムはたまたま日本のプラグを挿し込むことができますが、他の国ではそうはいきません。また、上述したように、ベトナムの電化製品を日本で使用する場合は、変換プラグが必要です。そんなときに便利なのが、「マルチプラグ」です。マルチプラグは世界対応となっているので、一つ買っておけば、ずっと使い続けることができます。