ダナン一人旅!男子にも女子にもおすすめしたい楽しみ方

ダナンの一人旅は男性にも女性にも人気があります。南国ビーチリゾートの中では日本から距離が近いですし、治安がよくビーチと世界遺産両方楽しめます。そこで、今回はひとり旅向けの旅行プランをご案内します。

東南アジアのビーチリゾートで治安No.1?女子におすすめの理由

東南アジアには日本人に人気のビーチリゾートがいくつかありますよね。タイのプーケット、フィリピンのセブ、インドネシアのバリ島、マレーシアのボルネオなどが有名どころです。しかし、これらの人気のリゾート地と比べても、ベトナムのダナンは非常に治安が良好です。よく言われるのは、「女子の夜の一人歩きができるほど」と言われています。

ダナンの一人旅におすすめの旅行日数

ダナンの一人旅におすすめの旅行日数

ダナン旅行で一人旅を考えている女子と男子は、どのくらいの旅行日数を考えておけばいいのでしょうか。

ビーチ+ホイアンだけなら4日間で十分楽しめる!

各旅行会社が催行しているダナン旅行のツアーを見てみると、最も一般的な旅行日数は4日間でした。ほとんどの旅行会社は最終日は機内泊なので、もし3日間の旅行日数の場合、2日目の深夜の飛行機に乗って帰るため、丸一日遊べる日がなくなってしまいます。

ですのでビーチと隣町の世界遺産ホイアンだけであっても、最低4日間と考えておくといいでしょう。土日祝日に有給をつけて4日間といったプランを組んでみてください。

ダナン&ホイアンで半日ほどビーチを満喫!

ダナン&ホイアンで半日ほどビーチを満喫!
ホイアンのアンバンビーチにて

ダナンに訪れる一人旅の旅行者は、男でも女でも大半が南国ビーチを満喫することが目的です。ダナン最大のビーチであるミーケービーチ。ミーケービーチ南方にあるリゾートホテル群に広がるノンヌオックビーチ。ホイアン旧市街から車で10分ほど離れたクアダイビーチとアンバンビーチ。これらすべてが一人旅の旅行者におすすめできます。

ただし、ダナンは紫外線が強いですし、シーズンによって日中は40度近くまで上がります。ですので、海水浴する時間は2~3時間程度にとどめておくのがいいでしょう。

また、できればホテルから近いのがおすすめ。シャワーを浴びたあとにすぐに観光を再開できますし、ホテルで休憩することができれば安心感があります。

贅沢なホテルライフを楽しもう!

贅沢なホテルライフを楽しもう!

「一人旅だから、ホテルにはこだわらない」という人も多いでしょう。しかし、ダナンは別。ベトナムは世界的に見ても4つ星、5つ星の高級ホテルが安い国で知られています。

屋外プールもホテルライフの楽しみの一つ
屋外プールもホテルライフの楽しみの一つ

特にダナン・ホイアンはビーチ&世界遺産の町。そして一人旅の魅力は24時間自分のためだけに時間を使えること。高級ホテルライフを思う存分満喫できるのも一人旅ならではの特権ではないでしょうか。

一人旅の特権!伊勢海老を堪能!

雄大な南シナ海で獲れる新鮮な伊勢海老(ロブスター)。物価の安いベトナムといえども、レストランで食べればやはり一匹3~5千円はします。カップルや友達と行くと、みんなでシェアしなければならないので、ちょっとしか食べることができません。

調理法はそれぞれ
調理法はそれぞれ

一人旅であれば、一匹丸ごと自分のもの!日本だと1万円は下らない大きなエビを一人で丸ごと食べることができますよ!

伊勢海老が食べられる人気のお店

レストラン「モックシーフード」
ダナンの「モックシーフードレストラン」は、地元客やベトナム人観光客で賑わう海鮮食堂。近年はトリップアドバイザーから口コミが広がり、日本人含めたアジア、欧米客も多く見られます。ミーケービーチの傍なのも魅力。
詳細を見る
レストラン「カーヘオサン(ブルードルフィン)」
ダナンのミーケービーチ沿いにあるシーサイドレストラン「カーヘオサン(ブルードルフィン)」。昔のベトナム建築を模した伝統を感じる屋内に、海を目前としたオープンエア席を用意。気に入ったら予約(座席の確保)ができます。
詳細を見る
レストラン「ラムビエン」
ダナンのミーケービーチ傍にあるベトナム料理レストラン「ラムビエン」。ベトナム少数民族の住居をイメージした外観と、古き良きベトナム建築の店内は一歩足を踏み入れるだけでベトナムを感じることができます。ベトナム料理は定番からシーフードまで揃っています。
詳細を見る

ホイアン旧市街でカフェタイム!

世界遺産のホイアン旧市街は日中は寺院や旧家を見学し、夜はナイトマーケットや雑貨店巡りなどがメインとなる観光方法。しかし、一人旅でおすすめしたいのが、「日中のカフェタイム」です。

ホイアンは17世紀交易時代に栄えた町。当時の面影を残す建築物は非常に情緒豊か。ホイアン建築の特徴の1つが両開きの鎧戸。カフェやレストランでは鎧戸を上手に利用してお洒落な雰囲気を出しています。

コーヒーやジュースを飲みながら外の雑踏を眺める。ベトナムのカフェは長居OKなので、お気に入りの小説を持ち込んで読書に耽るのも一人旅ならではの時間の費やし方だと思いませんか。

ダナンで一人旅を楽しむポイント

ダナンで一人旅を楽しむ一番のポイントは、「一人旅だからこそ実現できることを実践する」ということ。小説やテレビで見るような、絵に描いた一人旅の時間を実現するチャンスとなります。是非ダナン旅行を心から楽しんでいってください。