ホーチミンとハノイのベストシーズン

せっかくベトナムに訪れるのであればベストシーズンに観光したいものですよね。

季節によって体験できるものやできないもの、食文化などの違いもありますし、天気が優れない季節だとなんだかもったいない気がしますよね。

ベトナムを代表する観光地「ホーチミン」と「ハノイ」のベストシーズンや、観光のポイントなどを説明します。

ベトナムの場所によってもベストシーズンが変わる

ベトナムは南北に1200kmと長い国土を持つ国の一つです。その為、同じベトナムでも場所によっては観光のベストシーズンが変わります。

例えばホーチミンはベトナム南部にあたり、一年中常夏の気温が続き観光しやすい場所ではありますが、5月~10月が雨季にあたります。スコールのような大雨が降るケースが多く、再びさんさんと太陽の光が降り注ぎます。日差しがとにかく強いので日焼け止めや日差しよけが必須です。

ハノイのあるベトナム北部は、日本と同じように四季があります。夕方になると半袖では肌寒いと感じる程度の気温になりますので、1枚上着を持っていくのがおすすめです。

ホーチミンのベストシーズンは雨の多い2月から5月の乾季の時期。乾季といってもまったく雨が降らないわけではありませんが、滞在中ほとんどの時間が晴れることでしょう。また、雨季の時期は天候が優れないこともありますが、日本の梅雨のような雨の降り方はしませんし、雨上がりは適度な気温にもなり、観光もできます。

ハノイは11月から3月がおすすめです。ベトナムの秋、冬と言われていて、肌寒い日が続きますが、晴れた日が多く、ハロン湾やニンビン省といったアウトドア観光がおすすめです。

ベトナム国内を移動する手段

ベトナムは南北に長い国なのでどちらも観光するとなると移動が大変です。ホーチミンとハノイにはどちらも大きな空港があり、どちらかを利用する人がほとんどですね。

都市として栄えていて東洋のパリと称されたコロニアル建築物や町並みを楽しめるのはホーチミンですし、ベトナム最高の景勝地といわれるハロン湾や、文化遺産のタンロン皇城の中心区域など世界遺産があるのはハノイです。

どちらも観光するとなると移動するのが大変です。ベトナム旅行の日程が長く時間に余裕がある人はバスや南北統一鉄道などの陸路を使う移動手段があります。

ホーチミンとハノイを観光する場合移動距離1726kmと、日本でいうところの東京と札幌よりも遠い距離を移動することになりますので、早くとも33時間はかかります。

その間ずっと鉄道の中に乗りっぱなしであること、とにかく時間がかかるのであまり現実的な方法とはいえませんね。

もちろんのんびりと鉄道に揺られながら過ごす贅沢な時間を楽しみたい!なんてあなたにはおすすめです。ベトナムの現地の人たちとのふれあいなど、鉄道ならではの良さもありますね。

おすすめはホーチミンからハノイ行きの国内線が出ていて、2時間程度で到着することもあり時間帯によっては日帰りで行き来することもできます。

ベトナム航空・ジェットスター・VietJetAir.comなど。安い便で予約ができれば6,000円~8,000程度の価格でフライトできますよ。短期間の旅行者には特におすすめの方法です。

ホーチミンとハノイのベストシーズン

再度おさらいしてみましょう。

・ホーチミンは5月~10月、ハノイは11月~3月の乾季がベストシーズン
・両方を観光するなら国内線がおすすめ

ベトナムというとホーチミンとハノイが有名な観光地でもあるので、どちらもすぐに観光できる程近い場所にあるのでは?と思うかもしれませんが、実際は距離があり計画的に行動しないとどちらも観光するのはなかなか難しいかもしれません。

途中の天候で左右されてしまうこともありますよね。ホーチミンとハノイの移動を飛行機などのフライトにしておけば時間の余裕もできますし、観光にたっぷりと時間が使えますね。

しかも意外と安いこと、1日数十本単位でフライトが発着しているので予約が取りやすいのもポイントです。