ベトナムのホテル内のチップ事情!旅行者&出張者必見

ベトナム旅行者や出張者は、ベトナムのホテルのチップ事情について覚えておくべきことがあります。ホテルのベッドメイクやレストラン、スパ、ドアマン、それぞれのチップの有無とチップの料金をすべてご案内します。これでベトナムのホテルは安心して滞在ができるはず。

目次

    ベトナムのホテルは星の数(レベル)によってチップの有無は違う?

    ベトナムのホテルは星の数(レベル)によってチップの有無は違う?
    ベトナムの星なしのミニホテル

    ベトナムのホテルに滞在する出張者は、基本的に一番下のランクでも3つ星に宿泊。最も多いのは4つ星ホテルで、大手企業の方は5つ星ホテルに宿泊することもあります。しかし、旅行者の中にはホテル代を節約しようと星なしのミニホテルや1つ星から2つ星のホテルに宿泊を考えている方も少なくありません。

    基本的に2つ星以下のホテルではチップを必要とすることはありません。ベッドメイクは2万ドン(100円)くらい払うのが普通ですが、安ホテルを頻繁に利用する当の欧米人は、昨今はベッドメイクにチップは不要論が高まっているので、ハウスキーピングもそれほど期待していません。1泊2泊程度ならば、基本的に安ホテルでチップは不要。ただし、お礼の気持ちとして、チェックアウト時に2万ドン札(100円)を一枚置いておくのもいいかもしれませんね。

    ベトナムのホテルのチップ事情。最初のホテルマンであるドアマンにはいくら払う?

    ベトナムのホテルのチップ事情。最初のホテルマンであるドアマンにはいくら払う?

    ベトナムのホテルに入って、最初に接するホテルマンはレセプションではありません。入口に立ってドアを開けてくれるドアマンですね。ドアの開閉をしてくれるホテルマンで、都心の3つ星以上のホテルでは最低1人は配置されています。

    ただし、こちらのドアマンに対してはチップは不要。毎月のように出張にベトナムに訪れる方も「ドアマンにチップを渡したことはない」という人がほとんど。もちろんわたせば喜んでくれるでしょうが、あまり配りすぎるのも良くありませんので、ベトナムのホテル事情を鑑みて、ドアマンへのチップは不要としましょう。

    ベトナムのホテルで最もお世話になる人かも。荷物持ちの人にはチップはわたした方がいいことも

    ベトナムのホテルのチップ事情。最初のホテルマンであるドアマンにはいくら払う?

    レセプションでチェックインを済ませると、ホテルスタッフが荷物を持って、部屋まで運んでくれますね。部屋まで案内してくれたあとは、簡単な設備の説明などもしてくれます。日本人の間では、「チップをわたしたくなかったら、自分で荷物を持つ」とも言われていますが、そこまで神経質になる必要ありません。

    ただし、例えば部屋まで距離があったり、荷物を運ぶ台車がないため、両手で重たいバッグを運んでくれたときなどは、気持ちとして2万ドン(100円)程度をわたすのがいいでしょう。ちなみに、荷物がたくさんあるときは、チェックアウトの際も、内線でスタッフを部屋まで呼び寄せて荷物を持ってもらうこともできます。また、3つ星、4つ星のホテルでは、ドアマンが荷物持ちの仕事も兼任していることもあります。

    一番気になるかも。ベトナムのホテルのベッドメイク事情

    一番気になるかも。ベトナムのホテルのベッドメイク事情

    旅行者も出張者もベトナムのホテルに宿泊する際に、最も気になるのが「ベッドメイク」ではないでしょうか。ベッドだけではなく部屋の清掃やアメニティの補充などもしてくれるので、「ルームクリーニング」、「ハウスキーピング」とも呼びますね。

    上述したように、ベッドメイクは実は欧米人の間では必要ないという人も少なくありません。しかし、せっかくのベトナム旅行。観光から帰ったときに汚い部屋のままだとちょっと残念ですよね。

    ハウスキーパーの写真

    1泊程度であればわたす必要はないかもしれませんが、連泊するのであれば、1つのベッドにつき2万ドン(100円)を枕元に置いておきましょう。注意点は、ベッドメイクのチップはベッド1つに当たって支払うものです。というのも、ダブルルーム以上は基本的にハウスキーパーは2人1組で仕事をするからです。

    4つ星以上のベトナムホテルの宿泊時に覚ておきたいチップ

    一方、4つ星や5つ星、リゾートホテルといった、いわゆる高級ホテルの場合は、施設内にレストランやカフェ、スパ、ナイトバーといったファシリティサービスがあります。これらを利用したときのチップ事情をご紹介します。

    ベトナムのホテル内レストラン&カフェでは「端数をチップ」とする

    ベトナムの高級ホテル内には決まって複数のレストランやカフェがあります。ウェイターに直接チップをわたす必要はありませんが、例えば数千ドン(数十円)単位の端数は、伝票と一緒にテーブルに置いたまま席を立つのがスマートです。ちなみに、レシートに「service charge(サービス料)」で5~10%とられている場合は、チップも含まれていると考えるのがベトナムでの普通。その場合はチップは必要とありません。

    ベトナムのホテル内のナイトバーのチップはウェイターに直接わたす

    ⒸRex Hotel
    ホーチミンの5つ星レックスホテルの屋上バー&レストラン

    ベトナムのホテル内には夜から営業を開始するナイトバーがあるところも。5つ星ホテルともなると、屋上スカイバーがあり、夜風に吹かれながら夜景を眺めてアルコールを楽しむことができますし、生演奏を鑑賞することもできます。

    こういったナイトバーは高級感があるため、チップも基本的に必要となります。先に紹介したカフェレストランとは異なり、ホテル内のバーに関しては、テーブルにチップを置くのではなく、ウェイターにわたすようにしましょう。料金は5万ドン(250円)程度が相場。2万ドンだと少し少ない印象ですね。

    ベトナムのホテルスパではセラピストにチップが必要

    ベトナムのホテルスパではセラピストにチップが必要
    ダナンのリゾートホテル「アンサナランコー」

    4つ星や5つ星といったベトナムのホテルでは、敷地内で営業しているスパも楽しみたいところ。リゾート感や贅沢感を満喫できる重要な要素ですね。そんなホテルスパを利用する場合は、チップも必要となります。ホテルスパでは、セラピストに5~7万ドンのチップをわたすのがいいでしょう。

    例えば30分から1時間程度のマッサージであれば5万ドン(250円)、2時間以上のコースであれば7万ドン(350円)。気に入ったら10万ドン(500円)程度わたすといいでしょう。ただし、スパによってはマッサージが終わったあとは、セラピストと出会わないようになっているところもありますので、必ず必要というわけではありません。

    ベトナム旅行でスパ&マッサージ。気になるチップ事情を徹底紹介
    ベトナム旅行では、物価安を活かした贅沢な高級スパやマッサージ店を楽しみたいものです。しかし、そこで気になるのがチップ事情。今回はいつどのくらい払えばいいのかをご案内します。
    詳細を見る

    ホテルスタッフへのチップは感謝の気持ち。でもトラブルに発展することも

    ホテルスタッフへのチップは感謝の気持ち。でもトラブルに発展することも

    「チップは感謝の気持ち。必ずあげる必要はない」とはよく言われていますし、ベトナムのホテルにおいてもそれは同じことです。しかし、そうは言うものの、例えばスパのセラピストにわたしたチップが1万ドン程度と少ない場合、よく教育を受けていないセラピストに当たってしまうと、「なんでこんなに少ないの!」、「もっと頂戴!」と執拗にチップを要求されるケースもあります。高級ホテルの場合は指導が行き届いているのでそんな心配も少ないですが、それでもゼロではありません。

    ベトナムのホテルスタッフにチップをわたす場合は、わたす相手と金額はしっかりと当記事で把握しておきましょう。それがベトナム旅行全体の満足度を底上げしてくれることにもなるはずです。