ベトナムの物価事情~ホテル編

ベトナムの物価事情のホテル編。5つ星から星なしのミニホテル、ゲストハウスなどを含めて、旅行者は予算に合ったタイプのホテルを探すことになります。今回はベトナムのホテル料金の相場と物価をご案内します。

経済成長が目まぐるしいベトナムですが、日本と比べ物価が安く、特にホテルは安く宿泊することができます。また、ベトナムには近代的な高層ホテルやフランスのコロニアル調のホテルなども多く存在しています。

ベトナムのホテル料金は一部屋ごとなので、2人で宿泊すると高級ホテルであっても割安で泊まることができます。また、ハノイとホーチミンにはゲストハウスが多くあり、一泊1,000円ほどで利用できますので、節約旅行の男子女子にはおすすめできます。

今回は初めてのベトナム旅行者向けに、ベトナムのホテル料金の物価と相場をご案内します。

5つ星ホテル (1万5千円〜)

5つ星ホテル (1万円〜)

あまり知られていませんが、ベトナムは世界でも最も安く五つ星ホテルに泊まることができる国でもあります。日本では4万円以上するホテルも、ベトナムでは1万5千円ほどで宿泊することができます。

ハノイの五つ星ホテルはホアンキエム湖周辺に、ホーチミンはドンコイ通り、ダナンはノンヌオックビーチ沿いに集まっています。ただしダナンはリゾート地なので、1万円台ではちょっと難しいです。

ホテルの設備

ベトナムの5つ星ホテルにはプールやジム、スパ、複数のカフェレストランにカジノ、スカイバーなども付いてくるので、滞在中はめいいっぱいホテルライフを楽しむことができます。ホテル内にあるレストランはベトナムでは高級レストランの位置付けにあたりますので、日本と同じぐらいのお金がかかりますが、味は確かです。パッケージツアーで申し込みをすると、スパや朝食のサービス込みにすることもできるのでお得です。

3~4つ星ホテル (4千円〜)

3~4星ホテル (4千円〜)

ベトナムで4千円から1万円出せば3つ星、4つ星ホテルのサービスと設備が期待できます。5つ星ホテルと比べ日本語の話せるスタッフは滞在していないことが多いですが、フレンドリーなベトナム人なので片言英語でも問題なく対応してくれます。中には「4つ星のサービスじゃない」と不満になる人もいますので、そういう場合はアコーホテルズのような世界中で展開しているインターナショナルホテルに宿泊するといいでしょう。それであれば世界基準の4つ星サービスを提供してくれるはずです。

ホテルの設備

4つ星であればレストラン、プール、スパなどのサービスが備えられているところがほとんどですが、3つ星でプールは期待できないかもしれません。場所によっては5000円程度で4つ星に泊まることもできるので、それはベトナムならではの特権です。いち早く予約しましょう。

星無し~2つ星ホテル(2千円前後)

およそ2000円前後で宿泊できるのは星無しから2つ星ホテル。星無しは「ミニホテル」と呼ばれていて、学生や節約旅行者に人気があります。アメニティ、ホットシャワー、トイレ、WiFiといった簡易的な設備は備わっているので、寝るだけで十分と言う方に向いています。ただしセーフティボックスがなかったり、掃除のおばちゃんがノックもしないで入ってくるといった小さな問題もありますので、本当に利用するかどうかは旅行者の判断となります。

それよりも安く宿泊したい方へ

とにかく安く泊まりたいと言う方にはバックパッカー通りにある安宿をおすすめします。場所によっては一泊1,000円以下であり、激安です。部屋はシングル、ドミトリー(相部屋)と両方あり、トイレとシャワーは共用となることもあります。同室の宿泊者と互いに情報交換したりして仲良くなれば、旅がもっと充実したものになるでしょう。ただし、ドミトリーの多くは男女同室です。

ハノイの安ホテル街

ハノイには二箇所有名なバックパッカー街があります。ひとつは「旧市街」、そしてもうひとつが、ハノイ大教会の脇道を進んだところにある「ゴーフィン(Ngo Huyen)通り」とその周辺です。これら通りには、格安のゲストハウスや旅行代理店、レストランなど、旅行者にとって必要なものが一通りそろっています。

ホーチミンの安ホテル街

ホーチミンではファングーラオがバックパッカー街として知られています。観光地でもあるベンタイン市場から徒歩10分の距離にあります。通りにはゲストハウスの他にツアーデスク、レンタルバイク、安マッサージ店や各国のレストランが立ち並んでいます。バックパッカー街とあって夜遅くまで開いているお店も多いです。タイのカオサンに次ぐ東南アジア2番目の規模を誇ります。

注意点も覚えておこう

ベトナムのホテルではベットメイクは毎日行われており、泊まる際にはチップをその都度置きましょう。金額は100円(2万ドン)程度で大丈夫です。格安ホテルの場合は必ずしも必要ではないですが、出ている間に荷物を盗まれることもあるので、チップを置いていた方が盗難に合う確率も減ります。