ベトナムのSIMカードを購入!スマホの問題はこれで完璧!

これからホーチミンやハノイ、ダナンといったベトナム旅行を計画している旅行者は、現地でスマホを使うことは検討していますか。おそらくほとんどの人は「現地でも使いたい」と考えているでしょう。カフェやホテルでメールチェックしたり、明日行くレストランやスパの予約をしたり……現地でも利用価値は大。

しかし、ベトナムに初めて行くのであれば、どのように現地でスマホを使えばいいか分かりませんね。そこで、今回は現地でスマホを利用するためのSIMカードの情報、及びおすすめの使い方をご案内します。

よく聞く「パケ死」とは

スマホを持つ女性

海外旅行に不慣れな方がよく陥るトラブルに「パケ死」があります。いわゆる高額請求ですが、これはインターネットを使用することにより発生するパケット通信が高額になってしまうことで発生します。

スマホで地図アプリ
現地ではネットで地図アプリが活躍する

パケットプランで固定や使い放題に加入していても、これはあくまでも国内における使い放題であり、海外では適用されません。しかし、海外現地に着いてスマホを使ってみると、「あれ?使える」という現象が。これはスマホが“海外データローミング”の設定がONになっているからです。

スマートホンを操作する男性

それを知らずに「ラッキー!」と動画たくさんみたり、大容量のファイルやデータをダウンロードしたりしていると、あっという間に数十万、数百万円のパケット通信料がかかってしまいます。日本を出国する際は、必ず海外データローミングをOFFにしなければなりません。

日本でSIMカードやポケットWiFiをレンタルすると高額&通信速度も遅い!

ポケットWiFi
特に全世界対応を謳っているポケットWiFiは要注意

会社の出張で行くのであれば、経費で落ちるのかもしれませんが、旅行者であればすべて自腹。海外でも使えるSIMカードやポケットWiFiを日本でレンタルすることもできますが、3~7日程度の短期旅行の場合は少々高くついてしまいます。なぜなら、ほとんどの業者が1か月レンタルや固定料金に設定しているため、数日程度の利用でも1か月分の料金を払わなければなりません。

日本で買えるSIMカードはろくに使えないかも!

ポケットWiFi
同時使用人数が多ければそれだけネット速度も落ちる

また、海外のどこでも対応しているSIMカードと、ベトナムの通信会社が販売している現地のSIMカードとで通信速度を比べた場合、その結果は雲泥の差。高いお金を払って日本でSIMカードをレンタルしても、現地で試してみると動画もろくに見れない、なんてことはよくあります。

ベトナムではSIMカードを買うことも可能

SIMカード

日本では国内でスマホを使う場合は、通信会社と都度契約をする必要がありますね。ソフトバンクやドコモなどと契約して、月額で料金を支払うのが普通。しかし、ベトナムではそのようなルールはなく、SIMカードを買って、カードに都度お金をチャージする、いわゆるプリペイド式となります。

ですのでSIMカードもポケットWiFiも普通に購入することが可能(パスポートが必要)です。「えっ、買うの?レンタルで十分なんだけど」と思うかもしれませんが、ベトナムではSIMカードは安く、500~1000円程度で買うことができます。

注意!SIMロックがかかっているスマホは使えない!

スマートホンの写真

自分のスマホからSIMカードを取り出して、ベトナムのSIMカードを挿しこむだけで使える……というわけにはいきません。上記のように日本では契約したスマホにはSIMロックがかかっているのが普通で、契約以外のSIMカードを使うことはできません。ですので、自分のスマホで使いたい場合は、スマホがSIMフリーである必要があります。

ベトナム現地でSIMカードを購入!どこで買える?

ベトナムで買えるSIMカード
ベトナムで買えるSIMカード

もしSIMカードのレンタルを考えているならば、日本で調達するよりもベトナム現地で買う、もしくはレンタルする方が断然お得です!
では、ベトナムでSIMカードを購入したい場合はどこに行けばいいのでしょうか。

空港

ホーチミンのタンソンニャット国際空港
ホーチミンのタンソンニャット国際空港

ホーチミンのタンソンニャット国際空港。ハノイのノイバイ国際空港。ダナンのダナン国際空港と、ともにロビーを抜けて外に出る直前、もしくは直後にSIMカードの販売店があります。携帯電話(スマホ)も同時に売っていたりしています。ただし、先にも説明した通り、SIMロックがかかっているスマホは使用することができませんのでご注意を。

携帯電話(スマホ)ショップ

ベトナム市街地のスマホショップ
ベトナム市街地のスマホショップ

町のいたるところにある携帯電話(スマホ)ショップ。こちらでもSIMカードを購入することができます。ただし、必ずパスポートが必要となりますので、忘れずに持参しましょう。購入方法は簡単で、店員に「I want to buy SIM」と言えばいいだけ。すると店員が冊子を持ってきてくれますので、そこのリストにある中から好きな電話番号を選べば、その電話番号+SIMカードを買うことができます。空港で買う場合はすでにSIMカードに番号が登録されているため選ぶことはできません。ちなみに家電量販店では一般的に取り扱っていません。

個人商店(パパママショップ)

SIMカードを販売する個人商店
多くのお店で取り扱っている

ちょっと古びたベトナムらしい個人商店でもSIMカードを買うことができます。ただしこちらは中古になるほか、2019年現在は中古のSIMカードの一般販売が禁止されているので(正規に再登録すれば可能)、できれば空港かスマホショップで調達したいところ。

ただし、この個人商店はプリペイドカードを買える貴重な場所でもありますので、もし見つけたら場所は覚えておくといいでしょう。買ったSIMカードの残金がなくなった場合はプリペイドカードを買ってチャージをしなければなりません。そのプリペイドカードをここで買うことができます。※カードを買う場合はSIMカードの会社を伝えなければなりません。SIMの表面に記載があります。

「正直面倒!!」、「複数人で使いたい!」ならばレンタルが無難

ベトナムのポケットWiFi
ベトナムのポケットWiFi

海外旅行に慣れている方であれば、上記のように自分で現地でSIMカードを買ってSIMフリーのスマホに挿しこみ起動させることが容易にできます。SIMカードに入っているお金がなくなった場合も自分でプリペイドカードを調達することもできるでしょう。

パソコンを外でする男性
ポケットWiFiならばパソコンも使える

しかし、海外旅行にあまり慣れていない、もしくはSIMフリーのスマホがない方にとっては、ちょっとハードルは高いのが現実。そんな時は、現地でベトナムSIMカード付のスマホをレンタルするのがいいでしょう。

日本語対応のレンタル業者もあり、ポケットWiFiをレンタルすることも可能。ポケットWiFiは1枚のSIMカードを挿しこむことによって、複数人が同時にネットを利用することができてお得です。もちろんパソコンも可能です。