ホーチミン旅行の時期別の服装・洋服

ホーチミンはフランスを思わせるおしゃれな街並みや、可愛い雑貨やスパなどで今人気の観光地になっています。まずホーチミンに行くことが決まったら、知っておきたいのが現地の服装事情。

ベトナム=暑いと思っている人も多いでしょうが、ベトナムの国土は南北に広がっており、どの地域に行くかによって気候が違います。南部ホーチミンは熱帯サバナ気候で、一年中常夏となり、乾季と雨季に分かれます。

そこで、今回はホーチミン旅行の服装・洋服をご案内します。

ホーチミンの気候

ホーチミンの気候

ベトナムの南にあるホーチミンはベトナムの中で最も暑く、熱帯サバナ気候に属しています。一年の気候に乾季と雨季があるのが特徴です。また赤道にも近いため、年間平均気温は26℃、日中は30度と一年中暖かいです。乾季は11月〜4月、雨季は5月〜10月になります。

乾季の服装(11月〜4月)

乾季の服装(11月〜4月)

乾季は雨が降る日が少なく、晴天が続き、旅行に最も適した時期とも言えるでしょう。

平均気温は31℃と暑いので一日中半袖で過ごすことができます。ただ朝晩は20℃近くまで下がるので羽織物は必須です。また、ホテルやカフェなどは冷房がよく効いていて、寒い時がありますので、こちらも上に着るものがあるといいでしょう。

雨季の服装(5 月〜10月)

雨季の服装(5 月〜10月)

雨季と言っても寒いわけではなく、30度を超える日も度々あります。ホーチミンの雨は一日中降るわけではなく、1日数回まとまった雨が一気に降ります。基本は半袖で過ごすのがいいでしょう。

スコールの後は気温が下がるほか、朝晩は冷え込むので長袖や羽織物は必須です。また、スコールは傘では防げない雨量なのでレインコートもあると便利です。雨季はオフシーズンなので飛行機やツアーが安くなる時期なので、雨の日の場合の予定をしっかり組んでおけば楽しい旅行になります。

その他の服装&マナー

その他の服装&マナー

ホーチミンの都市部の道路は綺麗に舗道されていますが、それであっても未舗装路の場所も多いです。そのため泥の水たまりも多くあるので、汚れても大丈夫な靴や洗い流せる靴を履いて行った方がいいでしょう。

ベトナムのお寺や皇帝墓所など宗教と関わりがある場所を訪れる際にも注意が必要です。極端に肌を見せることが禁止されているので、長袖か羽織れる物、丈の長いパンツは持って行くようにしましょう。またバイクに乗る予定がある女性の方もスカートは控えた方がいいでしょう。

レストランや高級バーのドレスコードは厳しくないのでカジュアルな装いで大丈夫です。ただ高級なレストランに行く場合にはタンクトップや短パン、ビーチサンダルは避けた方がいいでしょう。

蚊と紫外線対策

蚊と紫外線対策

ホーチミンで注意して欲しいのが蚊と紫外線です。ベトナムでは感染症ウィルスを保有している蚊が多数生息しているため、子供から大人まで蚊の対策はした方がいいでしょう。長袖を着たり露出を控えることで十分効果があります。ホテルでも気を抜かず虫除けスプレーをかけてから寝た方がいいでしょう。

ベトナムの紫外線は日本の3倍とも言われています。また、特に4、5月は最も暑く平均最高気温が35℃以上に達する日が続きます。暑くてすぐに体力が奪われる為、小まめな水分補給と帽子や長袖、日焼け止めなど紫外線対策をしっかり行って下さい。

ホーチミン観光の普段着は現地で調達するのもあり

ホーチミン市内には多数の雑貨店があるので、洋服を現地で調達するのも容易くできます。旅行者の中には滞在日数分衣類を持ってくる人もいますが、それだとスーツケースがすぐにパンパンになってしまいます。揃えられるものは現地で揃える。それも賢い準備の仕方といえるでしょう。