日帰りで行くホーチミンのツアー特集!郊外観光エリアをすべて案内

ベトナムのホーチミン市は、日夜多くの観光客が行き交うベトナム最大の観光都市です。ホーチミン市街地には、聖母マリア教会(サイゴン大教会)やホーチミン市人民委員会庁舎、市民劇場(オペラハウス)といったフランス統治時代の美しい建築物をはじめ、ベンタイン市場やビンタイ市場に代表される大きな市場など、魅力溢れるスポットが点在しています。

しかし、ホーチミン市街地を一歩離れると、大都会の市内とはまったく異なる雰囲気を持つ観光エリアに出会うことができます。せっかくの東南アジア旅行。近代的な街を離れて、ホーチミン郊外でベトナムならではの大自然を堪能してみませんか?ここでは日帰りで行けるホーチミン郊外の観光エリアを案内いたします。ちなみにホーチミンの郊外へ行くときは、ツアーの参加が必須となります。

目次

    ホーチミンの郊外がツアー参加が必須の理由

    ホーチミンの郊外がツアー参加が必須の理由

    ホーチミンの郊外へ観光したい場合は、旅行会社が催行する日帰りツアーに参加するのが必須となります。その理由ですが、例えば日本人旅行者に一番人気のメコン川のジャングルクルーズは、ツアーのために用意された自然エリア内にあるため、自力でたどり着くことはできません。

    さらに、ベトナムは他の先進国と違って交通インラフが遅れており、いまだに電車がありません。バスで自力で行くこともできるのですが、すべてベトナム語ですし、どこで降りたらいいかもわかりません。なによりも郊外からホーチミン市内へ戻る終電は15時くらいと非常にはやい場合もあります。ベトナム語が分からない旅行者が自力でホーチミンの郊外へ日帰り観光をするのは、上記のことから現実的ではありません。基本は日帰りツアーに参加することが必須となることは覚えておきましょう。

    ホーチミン郊外のツアーは日帰りと1泊の2種類がある

    ホーチミン郊外のツアーは日帰りと1泊の2種類がある

    ホーチミンの郊外ツアーに参加する場合は、実はすべての観光エリアを日帰りで行くことはできません。下記はホーチミン郊外の観光エリアと、日帰りで行けるか、最低1泊必要かをご紹介します。

    日帰りで行けるホーチミン発現地ツアー

    1. ブンタウ
    2. クチトンネル
    3. カオダイ教総本山
    4. カンザーのマングローブツアー
    5. メコン川のジャングルツアー
    6. ホタル観賞ナイトツアー
    7. カイベーの水上市場ツアー

    上記はホーチミン郊外で日帰りで行ける現地ツアーとなりますが、メコンデルタ以外はすべて日帰りが可。ただしメコンデルタ地方は玄関口と呼ばれるホーチミンに比較的近いエリアのみが日帰りで行くことができます。

    最低1泊が必ず必要なホーチミン発現地ツアー

    1. カントーの水上市場ツアー(メコンデルタ)
    2. チャウドックの少数民族交流(メコンデルタ)
    3. 中南部高原地帯ダラット
    4. 中南部砂丘のある港町ムイネー

    上記は最低要1泊。いずれもホーチミン市内からバスで6時間程度の道のり。ダラットとムイネーは観光地として大きいので、1泊では物足りません。最低2泊はしたいところです。また、日帰りツアーとして紹介した「ブンタウ」は、ホーチミンから2時間で行ける近場の海の町ですが、日帰りはもちろん、1泊するのもおすすめできます。

    ホーチミン日帰りツアーの参加の注意点

    ホーチミンの日帰りツアーの参加の注意点

    日本人旅行者に人気のホーチミン発の日帰りツアーは、いずれもバスで片道2時間ちょっとの道のりがあります。舗装されていないガタゴト道を走ることもありますので、車酔いしやすい方は、酔い止めを持っていくといいでしょう。また、薬関係では、腹痛止め(下痢止め)も必須です。昨日食べたベトナム料理が当たってしまい、バスの中で腹痛を起こすかもしれませんよ。

    さらに持っていきたいものといえば、雨が降ったときにポンチョがあれば、片手が傘でうまることがなく、写真撮影などをすることができます。その他には虫よけスプレーやかゆみ止めのムヒなどもあれば便利です。虫よけスプレーは効かない場合もあるので、カーディガンなどで肌を露出しないのが一番です。

    ホーチミン発日帰りツアーの選び方

    ホーチミン発日帰りツアーの選び方

    ホーチミン発日帰りツアーは旅行会社によって1日のスケジュールは多少異なりますが、大まかな内容は同じとなります。ただし、「メコン川のジャングツアー」は注意が必要です。このツアーは半日と1日があり、半日の場合は午前中はクチトンネルやカオダイ教総本山に行き、午後にメコンデルタに行くことになります。

    しかし、この場合は1日ツアーに含まれている蜂蜜やココナッツキャンディー工房の見学や民謡の鑑賞などはありません。ただ森の中を散策してボートに乗ってメコン川の支流を下るのみとなります。本来ならばメコンツアーは1日かけて楽しみたいですが、ホーチミン滞在の旅程が3~5日間程度の場合は、郊外ツアーに何度も参加するのはちょっと時間がもったいないので、旅程が短い場合は上記のような複数の観光エリアをまとめて行くツアーもいいかと思います。

    ホーチミンから日帰りで楽しめるビーチリゾート「ブンタウ」

    ブンタウの海
    ブンタウのバックビーチ

    ホーチミン市内からタクシーで約2時間。海の街ブンタウは、ホーチミンから最も近い海の町であり、外国人旅行者にとって、唯一日帰りツアーで行けるビーチエリアとなります。日帰りツアーではバックビーチ周辺の散策やシーフード料理、キリスト像見学、仏教寺院見学などが盛り込まれています。

    「バックビーチ」はブンタウ市街地に広がる海で、最大の海水浴場となります。ハイシーズンは現地人で砂浜が埋もれるほど。

    ブンタウの観光名所といえば、高台から町を見下ろすように立っている巨大なキリスト像。 キリスト像の内部から像の頂上まで登ることができ、ブンタウの海と街を一望できます。

    自然の奇跡マングローブ鑑賞も日帰りツアー可。「カンザー」

    カンザーのマングローブの森
    カンザーのマングローブの森

    壮大な自然を感じたいなら、「カンザー国立公園」へ。ホーチミン市街地から車で約2時間ほどの場所に位置しているので、ホーチミンから日帰りツアーが可能。この公園の見どころは、マングローブを巡るボートクルーズ。雄大な川を高速船で移動したあと、小舟でマングローブの森に進みます。ベトナム戦争下、マングローブの一部が消滅してしまいましいたが、国内外の援助により森が保護されており、少しずつ回復しています。

    マングローブの森を周遊するボート
    マングローブの森を周遊するボート

    カンザー国立公園の総面積は約75,000ヘクタール。200種類以上の動植物が棲息し、猿の保護区にもなっています。森の奥へ進むにつれて、猿たちの姿を見かけられるかもしれません。

    また、河に棲むワニをエサでおびき寄せて間近で観測できる「ワニ釣り」体験もできます。公園内には展望台もあり、広大な公園を見渡せることも。熱帯地域が生み出した奇跡の森を、ベトナムで感じてみてはいかがでしょうか。

    【予約可】ホーチミン発カンザーのマングローブの森 日帰りエコツアー
    ホーチミン旅行者におすすめの現地オプショナルツアー「カンザーのマングローブ鑑賞」。日帰りで1日楽しめるエコツアーで、壮大なスケールを持つカンザーの大自然はメコンデルタ以上。ワニ釣り見学やモンキーアイランドもあり!ここではマングローブツアーを徹底紹介するとともに、予約もできます。
    詳細を見る

    メコン川のジャングルツアーが大人気!現地日帰りツアー人気No.1

    メコンデルタの大自然
    メコンデルタの大自然をツアーで回ろう

    ホーチミン郊外の観光エリアとして忘れてはならないのが、メコンデルタ地方です。一番近いミトーはメコンデルタの玄関口と呼ばれていて、ホーチミン市街地から車でわずか90分で行くことができます。

    メコン川クルーズ
    大人気メコン川クルーズ

    ホーチミンから比較的近い場所にもかかわらず、町中はのどかな田園風景と河川が広がります。旅行者にとってメコンデルタといえば「メコン川のジャングルクルーズ」が有名ですが、こちらは名実ともにどの旅行者も人気No.1の日帰りツアーとなります。手漕ぎボートでメコン川の支流を下るほか、ココナッツキャンディー向上や蜂蜜工房などを見学することができます。

    水上市場の日帰りツアーは「カイベー」だけ!

    水上市場の日帰りツアーは「カイベー」だけ!

    水上市場はメコンデルタであれば、複数のスポットで毎朝開催されていて、最大規模を誇るのはカントーの水上市場。しかし、日帰りで行けるのは、実はここカイベーだけです。カイベーはそれほど船の数は多くはありませんが、雰囲気はばっちりと味わうことができます。

    また、カイベーは南ベトナム時代の富豪の別荘地として知られていて、現在も白亜の高級ヴィラが建ち並ぶエリアをうかがうことができます。

    満足度120%は日帰りナイトツアー「ホタル観賞」

    満足度120%は日帰りナイトツアー「ホタル観賞」

    ホタル観賞はメコンデルタのミトーやベンチェーのメコン川の岸沿いで開催されます。ホーチミン発の日帰りツアーの中では、ちょっと変わった午後発のツアーとなります。ボートに乗ってメコン川を疾走することができるほか、ベトナム料理を楽しんだり、離島を散策したりと、ホタルが発生する夜まで落ち着いた時間を過ごすことができるのが特徴。

    そろそろホタルが出そう

    メコンデルタ地方ではホタルは年中観測することができ、とりわけ川の岸辺の木々や水草に多くとまっています。夜の帳が下りたころを見計らってボートに乗るので、気分はかなり上々。ボートが若干ふらつくので、ヒールはおすすめできません。ホタルのやわらかい光は、まるで星が輝いているようです。ホーチミン市内に戻ってくるのが21~22時頃になってしまいますが、まだ元気があるならば、ナイトマーケットやバックパッカーエリアに繰り出すのもいいでしょう。

    後悔しない日帰りツアーを。ホーチミン市内&郊外をバランスよく計画して

    メコンツアーのサイクリング
    大自然の中サイクリングを楽しむことも

    今回紹介した現地ツアーは、すべてホーチミンから日帰りで楽しむことができます。あれもこれも参加してみたいところですが、現地で丸々自由に動けるのが2~3日の場合は、郊外ツアーに参加できるのはせいぜい1日。市内と郊外の観光計画をバランスよく立てるのが、ホーチミン旅行を満足行くものにするコツとなります。