ホーチミン旅行のベストシーズンと気候・天気・服装

南北に長いベトナムは、国内でも気候が大きく異なります。地域によって寒暖差が激しいため、事前に準備をしていかないと、体調を崩してしまう可能性もあります。

ベトナム最大の都市ホーチミンのある南部は、寒暖差は激しくないものの、雨季と乾季があるため、時期に合わせた暑さ対策が必須です。

ここでは、ホーチミン旅行におけるベストシーズン・オフシーズン及び、現地の天気や服装をご案内いたします。

ホーチミン観光者必見!年間の天気・気候をご案内

ホーチミンのブイビエン通り
ホーチミンのブイビエン通り

ベトナム南部のホーチミンは、熱帯サバナ気候に属しています。一年中暑さが続き、乾季と雨季に分かれている東南アジアの典型的な常夏の気候。近隣のフィリピン、マレーシア、インドネシアと同様に、猛暑や突然の雨に注意が必要です。

年間の平均気温は27度。12月から4月頃が乾季、5月から11月頃が雨季となります。乾季は雨が少なくて気温が高く、東南アジアらしい天気が続きます。

ホーチミンの天気予報はまったくあてにならないって本当?

ホーチミンの天気予報はまったくあてにならないって本当?

日本人が旅行に行く場合は、事前にテレビや新聞で天気予報を調べてるのが普通ですが、ホーチミン観光ではどうなのでしょうか。実はホーチミン観光では、「ほぼ天気予報は意味をなさない」ということを知っておいてください。

ホーチミンの街角にて

ホーチミン旅行中は宿泊先のホテルでテレビを付けて現地の天気予報も見ることがあるかもしれません。しかし、乾季の時期には「晴れ」、雨季の時期には「晴れのち雨」とこのパターンがほぼ毎日連続しているだけです。もともとスコールは局地的に降る突然雨なので、天気予報はあまり意味がないようです。

ホーチミン観光の服装は1年中夏服でOK!

ミトーのメコンツアー
日帰りで行けるメコンツアー

一年中暑い天気が続くホーチミンへ行くなら、半袖やノースリーブで問題ありません。ただし、日本よりも日差しが強烈なため、紫外線対策をしっかりしていないと火傷のような日焼けを起こすことも。帽子、サングラス、日傘、日焼け止めなどの紫外線防止アイテムはしっかりと準備しておきましょう。万が一日本から持ってくるのを忘れても、コンビニやスーパーでこれらのアイテムは手に入りますので、現地調達してもOKです。

ホーチミンのホテル客室

一方、ホテルやカフェ、レストラン、長距離バスの中は冷房がききすぎていることもあり、羽織ものがあると安心かもしれません。また、市街地の観光なら軽装で十分ですが、一部の高級バーや寺院では半ズボン、やぶれたジーンズ、サンダルがNGの場合もあります。

また、雨季の天気が続くホーチミンに行くなら、折り畳み傘と雨ガッパもあると安心。太陽が出ていても突然の大雨に見舞われることがあるので、晴れのお出かけのときにも持ち歩くのがおすすめです。ホーチミンの天気はまったく読めなく、雲のない快晴であっても突然雨が降ることもしばしば。

ホーチミンの月別の現地天気&服装を紹介!

ホーチミンの月別の現地天気事情

12月~4月(乾季)のホーチミンの天気&服装事情

  • 12月
    天気:乾季の入口のため、まだ雨が残っている。毎日ではないが、観光を通して何度か雨に降られることを経験するでしょう。
    服装:夏服で構わないが、雨が降る前後はじとっとした空気となるので、汗を拭うタオルやウェットティッシュは欲しいところ。
  • 1月
    天気:雨降りの日がぐっと少なる。1日雨が降らないことも多い。気温はそこまで高くないため過ごしやすい。
    服装:基本は夏服で観光できるが、ホテル内は冷房が効いているので、油断して風邪をひかないように。女性はワンピースやノースリーブでも可。ストールがあると便利。
  • 2月
    天気:乾季の真っ只中のため、雨はほとんど降らない。4~5日程度の観光であれば、1度も雨に降られないこともざらにある。
    服装:もしかすると、「南国って聞いていたけど、想像していたほど暑くない」と思うかも。夏服の観光が推奨されるが、時と場合によって長袖のシャツやストールが活躍するかも。
  • 3月
    天気:晴れの日が続き、徐々に気温も上がってくる。日中は暑いのでホテルのプールで時間を過ごすのも。
    服装:ホーチミン観光のベストシーズンともいえる月。アウトドア観光に徹するのもおすすめ。虫よけ対策のため長袖を持っていくのも可。
  • 4月
    天気:1年で最も暑い月。また来月から雨季に入るので、できるだけ休みを前倒しして4月にホーチミン旅行を計画して。
    服装:1日中夏服で構わない。夜も暑いので、水分補給は忘れずに。

一方、雨季はジメッとした蒸し暑さが特徴。年間降水量の約90%は雨季に集中し、6月から10月が最も降雨量が多くなります。どしゃ降りの雨が突然降り、道路が冠水することも珍しくありません。ただし、雨季といっても日差しは強烈なので、紫外線対策は怠らないように。

5月~11月(雨季)のホーチミンの天気&服装事情

  • 5月
    天気:雨季といってもまだ入口なので、基本は晴れの日が多い。降ったとしても2日か3日に1回程度。
    服装:4月に続いて1年で最も暑い時期なので、帽子やサングラスといっうた対策も忘れないように。
  • 6月
    天気:5月後半から徐々に雨の回数が増えてきて、6月中旬頃からスコールらしい日が続く。観光する際は雨のことも考えて屋内施設の移動先も計画しておこう。
    服装:夏服のラフな格好で構わない。
  • 7月
    天気:降水量も非常に多く、ホーチミンの都心であってもところによって道路が冠水する事態に。ベトナムらしいといえばらしいですが、子供は近寄らないように。
    服装:夏服で観光できますが、雨に濡れたときように代えの服もバッグに詰めておくように。
  • 8月
    天気:月間400mmを超える降水量となり、これは東京のおよそ2倍。とはいえ一日ずっと降っているわけではなく、あくまでも集中豪雨なので、雨以外の時間はメコンツアーも楽しめる。
    服装:雨にぬれてもいい格好で観光に臨もう。スニーカーやブーツは撥水スプレーをかけておくといい。
  • 9月
    天気:スコールと併せて台風もやってくるシーズン。日本でも同様だが、ベトナムでも台風の被害が多い。
    服装:雨季もピークに差し掛かるが、基本的に常夏のため気温は一定。夏服でも十分観光できる。
  • 10月
    天気:雨季のピーク。風前の灯のように激しい雨が降り、さらに台風もやってくると主要道路でさえ冠水被害を受ける。観光には気を付けて。
    服装:基本となる服装は半袖短パンでも構わないが、雨上がりの時間や早朝はぐっと冷えることがある。長袖を一枚用意を。
  • 11月
    天気:徐々に雨の日が少なくなる。日本では12月末まで休みはないが、この時期は航空券を安く取得できるので、実は穴場。
    服装:1年の中では気温は低い方だが、それでも真夏の陽気には変わりない。ラフな格好で観光しよう。

ホーチミン観光のベストシーズン・オフシーズン

ホーチミンの町角にて
ホーチミンの町角にて

乾季のうち1月から3月は気温がそこまで高くなく、カラッとした陽気が続くためホーチミン観光のベストシーズンといわれています。特に、1~2月頃は20度前後の気温になる日もあり、涼しさを感じる過ごしやすい時期といえます。それでも、日中は灼けるような日差しが降り注ぐため、暑さ対策は万全にしておく方が安心でしょう。

ホーチミン市内の公園にて
ホーチミン市内の公園にて

気温が上がり蒸し暑さが戻る4月、5月は乾季なのでハイシーズンでもあるのですが、年間で最も暑くなる期間なので、メコン川やカンザーといったアウトドアツアーは暑さ対策が大変です。

ビテクスコフィナンシャルタワー
ビテクスコフィナンシャルタワー

雨季は一般的にはオフシーズンと言われていますが、ホーチミンに限って言えば、突然のスコールにあたってもカフェに飛び込んで雨が止むのを待つこともできますし、スパやショッピングセンターを楽しむのもおすすめです。そういった意味では常夏のホーチミンに限ってはローシーズンはないともいえます。

現地の服装と天気、ベストシーズンを把握して有意義なホーチミン観光を

聖母マリア教会
聖母マリア教会

一年を通して30度以上の日が続くホーチミンですが、乾季と雨季があり、月によって暑さの質が異なります。年間を通して半袖で問題ありませんが、帽子やサングラスなどのアイテムは必須。「日本の暑さに慣れているから大丈夫!」と思って行くと、ひどい日焼けや熱中症になるかもしれません。

もしも暑さでフラッときたら、水分補給をして早めにホテルに戻りましょう。幸い、ホーチミンは街中に日本でもおなじみのコンビニエンスストアがいくつもあるので、冷たいミネラルウォーターを手に入れやすいです。暑さ対策をしっかりして、ホーチミン観光を楽しみましょう!