ホーチミン旅行のベストシーズンと気候・天気・服装

南北に長いベトナムは、国内でも気候が大きく異なります。地域によって寒暖差が激しいため、事前に準備をしていかないと、体調を崩してしまう可能性もあります。

ベトナム最大の都市ホーチミンのある南部は、寒暖差は激しくないものの、雨季と乾季があるため、時期に合わせた暑さ対策が必須です。

ここでは、ホーチミン旅行におけるベストシーズン・オフシーズン及び、現地の天気や服装をご案内いたします。

ホーチミンの年間の気候

ホーチミンのブイビエン通り
ホーチミンのブイビエン通り

ベトナム南部のホーチミンは、熱帯サバナ気候に属しています。一年中暑さが続き、乾季と雨季に分かれているのが特徴です。近隣のフィリピン、マレーシア、インドネシアと同様に、猛暑や突然の雨に注意が必要です。

年間の平均気温は27度。12月から4月頃が乾季、5月から11月頃が雨季となります。乾季は雨が少なくて気温が高く、東南アジアらしい天気が続きます。

一方、雨季はジメッとした蒸し暑さが特徴。年間降水量の約90%は雨季に集中し、6月から10月が最も降雨量が多くなります。どしゃ降りの雨が突然降り、道路が冠水することも珍しくありません。ただし、雨季といっても日差しは強烈なので、紫外線対策は怠らないように。

ホーチミンのベストシーズン・オフシーズン

ホーチミンの町角にて
ホーチミンの町角にて

乾季のうち1月から3月は気温がそこまで高くなく、カラッとした陽気が続きホーチミン観光のベストシーズンといわれています。特に、1~2月頃は20度前後の気温になる日もあり、涼しさを感じる過ごしやすい時期といえます。それでも、日中は灼けるような日差しが降り注ぐため、暑さ対策は万全にしておく方が安心でしょう。

ホーチミン市内の公園にて
ホーチミン市内の公園にて

気温が上がり蒸し暑さが戻る4月、5月は乾季なのでハイシーズンでもあるのですが、年間で最も暑くなる期間なので、メコン川やカンザーといったアウトドアツアーは暑さ対策が大変です。

ビテクスコフィナンシャルタワー
ビテクスコフィナンシャルタワー

雨季は一般的にはオフシーズンと言われていますが、ホーチミンに限って言えば、突然のスコールにあたってもカフェに飛び込んで雨が止むのを待つこともできますし、スパやショッピングセンターを楽しむのもおすすめです。

ホーチミン旅行の服装~1年中半袖!

ミトーのメコンツアー
日帰りで行けるメコンツアー

一年中暑いホーチミンへ行くなら、半袖やノースリーブで問題ありません。ただし、日本よりも日差しが強烈なため、紫外線対策をしっかりしていないと火傷のような日焼けを起こすことも。帽子、サングラス、日傘、日焼け止めなどの紫外線防止アイテムは準備しておきましょう。万が一日本から持ってくるのを忘れても、コンビニやスーパーでこれらのアイテムは手に入りますので、現地調達してもOKです。

ホーチミンのホテル客室

一方、ホテルやカフェ、レストラン、長距離バスの中は冷房がききすぎていることもあり、羽織ものがあると安心かもしれません。また、市街地の観光なら軽装で十分ですが、一部の高級バーや寺院では半ズボン、やぶれたジーンズ、サンダルがNGの場合もあります。

また、雨季のホーチミンに行くなら、折り畳み傘と雨ガッパもあると安心。太陽が出ていても突然の大雨に見舞われることがあるので、晴れのお出かけのときにも持ち歩くのがおすすめです。

まとめ

聖母マリア教会
聖母マリア教会

一年を通して30度以上の日が続くホーチミンですが、乾季と雨季があり、月によって暑さの質が異なります。年間を通して半袖で問題ありませんが、帽子やサングラスなどのアイテムは必須。「日本の暑さに慣れているから大丈夫!」と思って行くと、ひどい日焼けや熱中症になるかもしれません。

もしも暑さでフラッときたら、水分補給をして早めにホテルに戻りましょう。幸い、ホーチミンは街中に日本でもおなじみのコンビニエンスストアがいくつもあるので、冷たいミネラルウォーターを手に入れやすいです。

暑さ対策をしっかりして、ホーチミン観光を楽しみましょう!