自然を堪能!ダナン沿岸ラインを制覇しよう!

自然が豊かなベトナム第2の都市、ダナン。ここでは都会の喧騒から離れて、神秘的な自然を味わうことができます。さらに、仏教文化が深く根付いたこの地域では、自然は尊いものとみられ大切に扱われきました。そんな自然の中にある仏閣も是非訪れたい有名なスポットです。仏教と自然の融合を楽しめるルートをご紹介します。小回りのきくオートバイがあるとさらに楽に周れます。

険しい岩山に数々のお寺が存在!洞窟の中にもお寺が

最初のポイントは「五行山」です。五行とは、古代中国で宇宙や人間など、全ての摂理を説明する原理のことです。水・火・木・金・土の5つがその元素と呼ばれそれぞれ祀られています。五行山には水の山、火の山、など名前がついている場所もあります。古代中国の影響を受けて、ベトナムの仏教感にもこの五行は深く関わっているのです。

この五行山の1番の見所は、洞窟の中にある少し不思議なお寺です。五行山の入り口から岩の階段を登り、たどり着いた先にあるのがその洞窟です。蒸し蒸しとした外気とは打って変わってひんやりとした快適な空間なので、階段で失われた体力を回復するにもいい場所です。洞窟では壁がところどころライトアップされ、ゴツゴツとした岩肌が浮き上がっているように見えるのも見所です。そんな洞窟の中には仏閣がいくつか祀られ、三国志に出てきそうなキャラクターの置物まで置いてあります。その置物はその仏閣に祀られている神様のようで、手を合わせる人が後を絶ちません。ひんやりとした洞窟の中に神聖な仏閣が堂々と立ち並ぶ光景は圧巻です。ベトナムの人がいかに仏教を大切にしているかを知ることができます。

その洞窟を出てさらに上に上がっていくと、道すがらにお寺がボツボツと建っているのを見るでしょう。険しい岩肌に荘厳と建つ建物は迫力があり見所満点です、さらに、その先を行くとひらけた展望台のような場所に出ます。そこからはダナンの南側の海を一望することができます。天気が良ければ青い海と青い空の境界線を楽しむこともできます。

そびえ立つ巨大レディブッダ。リンウン寺で運気アップ!

「五行山」から北上する海沿いのビーチをいくと、北側の半島、ソンチャ半島にそびえたつ巨大な白い観音像を拝むことができます。その観音像はリンウン寺というお寺にあり、地元の人も足しげく通う有名な寺院です。寺院本殿はもちろん、他の仏閣でも地元の人が熱心に祈りを捧げているので、厳かな気持ちで訪れると良いでしょう。

リンウン寺の目玉スポットの観音像、通称レディブッダは67mもの大きさです。このレディブッダはベトナムで一番大きい観音様で、遠くのビーチからでもその姿を拝めるほどのサイズです。遠くからはもちろん、近くで見るとその迫力に圧倒されます。天気のいい日などに行くと、官能像を見上げると眩しくて目がくらむ程です。日本では見ることのできないサイズ感をお楽しみください。

樹齢1000年!一本の木だけでできた森がある?

リンウン寺を参った後は、ソンチャ半島の自然を堪能します。東に向かって道なりに15分ほどオートバイで行くと、何もない道端にパラソルがポツポツと立っている場所にたどり着きます。そこが、1本の樹齢1000年を超える樹木からできた森の入り口です。樹齢1000年というと途方も無い時間に感じますが、その見た目は奇怪であると同時にある種神秘的です。

数々の木がそびえ立っているように見える森ですが、実はすべて一つの大木の枝であり根っこなのです。何年もの年月を経てその枝や根っこを地に伸ばし、一つの森と呼べるレベルにまで成長したのです。節のある根っこが地中から顔を出し、枝は親木から垂れ下がりまるで強靭なすだれのようになっています。おとぎ話などで木が話すシーンがよく登場しますが、そのイメージの通りの木です。触ったり座ったりはもちろん、垂れ下がって枝をブランコのようにして遊ぶこともできます。日本では見ることのできない荘厳さと奇怪さを楽しむことができます。

バイクをレンタルして沿岸道路をひた走る旅へ!

五行山、リンウン寺の巨大観音像、そして樹齢1000年の大木、この3つのスポットはあまり知られていない地元民の穴場スポットですが、近年はその魅力の多さに人気が上昇しています。是非オートバイを借りてダナンの沿岸ラインを楽しんでください。