ハノイ・ホイアンの2都市周遊ツアーのポイントと注意点

ベトナムの北部ハノイと中部ホイアンの2都市を周遊するツアーに参加したい、と考えている方は、まずはこちらの記事を読んで、ポイントや注意点を把握してください。もしかすると1都市の方がいいかもしれませんよ。

ハノイとホイアンの距離はどのくらい?

ハノイとホイアンの距離はどのくらい?

ハノイとホイアンの距離はおよそ800キロ。これは東京と青森がおよそ700キロちょっとなので、さらに100キロ長いことになります。ベトナムは意外と国土が大きいんですね。

ハノイとホイアンの陸路と空路での移動時間

ハノイとホイアンの陸路と空路での移動時間

ハノイとホイアンは陸路では民間の寝台バスか国鉄の南北統一鉄道で行き来することができますが、バスの場合はおよそ20時間ほどかかってしまいます。道中の道路も凸凹道が多いため、旅慣れたバックパッカーであってもかなり困難な旅路となります。一般の旅行者はちょっと現実的ではありませんね。

一方で空路ではおよそ1時間30分の空旅。ベトジェットエアやジェットスターといった格安航空「LCC」はもちろん、ベトナム航空などレガシーも毎日複数便就航しています。よほど陸路の旅が好きで、さらに滞在日数に余裕がない限りは、基本は空路一択となります。

ハノイとホイアンの2都市周遊は可能?

ハノイとホイアンの2都市周遊は可能?

ハノイとホイアンの2都市周遊を考えている人は非常に多くいますね。首都ハノイはホーチミンと並ぶベトナムの人気都市ですし、世界遺産ホイアンはダナンと並ぶ中部の観光地。これらの2都市周遊旅行を計画する場合は、6日間以上の旅程を取るのがおすすめです。

2都市周遊ツアーは少ない。しかもかなりのハードスケジュール

2都市周遊ツアーは少ない。しかもかなりのハードスケジュール

ハノイとホイアンの2都市周遊ツアーを催行している旅行会社はそれほど多くはありませんが、ベトナムに特化している旅行会社では取り扱っているところがあります。しかし、5日間程度の旅程がほとんどなのが残念なところ。ハノイの滞在は1日のみですし、ホイアンも1.5日程度しか観光することができません。特にハノイの滞在時間は少ないため、北部観光の目玉として知られる世界遺産のハロン湾やニンビン省のチャンアン、タムコックへ行くことはできません。

パッケージツアーの場合は延泊することができるので、旅行会社に相談して気に入ったプランに延泊オプションをつけてもらい、合計で6日間以上の旅程にしてもらうのがおすすめです。

ハノイとホイアンの2都市周遊ツアーを安く行く方法

ハノイとホイアンの2都市周遊ツアーを安く行く方法

ハノイとホイアンの2都市周遊ツアーは非常にハードなスケジュールが予想されますので、現地のフリータイムのほとんどは外観光することになります。5つ星の高級ホテルやプール付きのリゾートホテルに宿泊したとしても、利用することはおそらくありませんので、格安プランにあるような3つ星ホテルを探すのがおすすめです。

個人で行く場合とツアーで行く場合のポイントと注意点

個人で行く場合とツアーで行く場合のポイントと注意点

ハノイとホイアンの2都市周遊旅行を個人で計画するか、ツアーに参加するかは悩みどころです。まず、全体の料金から考えると、断然ツアーに参加するのがおすすめ。ツアーの相場は5日間で7万円前後となり、これにはハノイからホイアンへの飛行機代も含まれています。個人で行くとなると、航空券だけでも7万円はオーバーしてしまうでしょう。

ただし、ツアーの場合はホテルが指定されます。3つ星クラス、4つ星クラスといったように複数のホテルの中からランダムで決まりますので、旅行者は選ぶことができません。また、帰りの飛行機が深夜便となる場合が多いため、5日間のスケジュールであっても、前後2日間は機内泊となるので、厳密には3泊5日となるケースが普通です。

ホイアンの夜景

一方、個人で行く場合は全体の旅費はツアーよりも高くなりますが、旅程を自分で作ることができるので、短い日数でもハロン湾に行くこともできますし、ホイアンではなくダナンに宿泊することだって可能です。

個人で行く場合の旅行の予算は航空券+移動費+ホテル代で10万円以上かかってしまいますので、予算があまりない方は基本的にツアーに参加する方が良いかと思います。

ハノイとホイアンのまるで違う世界を観光しよう

首都であるハノイと世界遺産のホイアンは、まるで異なる世界を持っています。しかし、どちらも「ベトナムらしい」ということは共通しているので、素敵なベトナム旅行になることでしょう。是非次の旅行はハノイとホイアンの2都市周遊ツアーに参加してみてはいかがでしょうか。