ダナン・ホイアン・フエ旅行。どれだけ英語が使える?

ベトナムの中でも人気の観光地、ダナン・ホイアン・フエ。休暇がとれると行きたい場所ですよね。近年多くの観光客が訪れる3都市ですが、英語は一体どれくらい通じるのでしょうか?

言葉が通じないことは、旅行に行く上での大きな不安要素です。あらかじめ英語が通じるかどうかを知っておくだけでも、様々な対策が取れますよね。人気の3都市でどれだけ英語が使えるか、検証してみましょう。

>>ダナン・ホイアン・フエで日本語はどのくらい通じる?

ビーチリゾート地ダナンの英語事情

美しいビーチと豊かな自然、美味しいグルメで人気のダナンでは、どれほど英語が通じるのでしょうか。レストランやホテルでは英語を話すスタッフが1人くらいはいますが、星の無い安ホテルなどは怪しいところです。

また、観光客行きつけのレストランであれば英語に困ることはありませんが、現地人が主に行くような食堂では英語はほとんど通じません。ただし、総じて困ることはそれほどないはずです。お土産店では英語もしくは日本語を話す人も多いですし、コン市場やハン市場も値段交渉は英語ですることができます。

また、タクシーでは基本的な英語は通じますが、バイクタクシーではほとんどと言っていいほど通じません。また、タクシーの運転手の中には、料金をボるためにわざと英語がわからないふりをして、遠回りをすることがあるので要注意です。

世界遺産ホイアンの英語事情

美しく幻想的な街並みが魅力のホイアンでは、英語はどれほど通じるのでしょうか?

観光の街なので、ある程度は英語が通じます。道を聞いたり露店で欲しいものを伝える分には不自由はしないでしょう。また、値切り交渉のための英語も彼らは話すことができます。街の中心にある旧市街エリアでは、英語を使える人ばかりが働いているのでなお安心です。

旧市街地は観光客の収入で成り立っているようなものなので、英語ができないと観光客をもてなすことができず、ビジネスにならないのが現状です。片言の英語で話しかけられるほどに彼らは積極的です。道端でランタンを売っている人々でも、それなりの英語を話します。

ホイアン旧市街
ホイアン旧市街

ところが、旧市街地に入るためのチケット売り場で働いているスタッフは、英語ができない人がいるときがあります。旧市街地に入るには特別なチケットを購入し入らないといけないのですが、そのチケットについての情報を訪ねようとしてもスタッフは答えてくれません。

お金だけを請求され、チケットを買わされます。これはホイアンのどの場所でも当てはまるのですが、よく使われるテンプレートの英語以外は話せない人が多いです。お店でも商品の細かい情報を聞いても、こちらの言っていることを理解している様子はありません。観光客用のテンプレート英語は完璧ですが、それ以外の会話は望めない、と捉えていいでしょう。

美しい古都が残る街フエの英語事情

フエの建築物

美しい古都の街並みが残る中部の町フエも、有数の観光地の一つです。このフエではダナンとホイアンとはくらべ物にならないほど英語が通じません。その理由は、だいたいの観光客が団体ツアーで訪れるので、現地の人と交流する場面が多くないからです。

お土産屋の人と話すくらいですが、そのお店の人たちはなかなか英語ができません。ものを売ろうとする気持ちはありますが、言葉が通じないため押し売りのような雰囲気があるのが否めません。

どうしてもお土産に関して質問をしたい場合は、英語が話せるツアーガイドさんに通訳をお願いしましょう。ただし、レストランやホテルに関して言えば、大体のところが英語によるコミュニケーションができます。冷房つきのキチンとしたレストランは市内にはそれほど多くなく、日本人含む外国人客が集中しますので、そういったお店ではスタッフは全員英語ができます。

英語で会話!これも海外旅行の楽しみの1つ

比較的英語が通じやすい国であるベトナムの中でも、ダナンとホイアンは有数の観光地であるため、英語が話せる人がとても多いです。一方、フエでもある程度は通じるところがありますが、前述の2都市と比べると少し不安な部分もあります。 自分の英語力を是非現地の人たちに試してみてください。