ダナンの名物市場でお買い物!「ハン市場(ダナン)」

ダナンは近年発展して大型のショッピングセンターやコンビニもできるようになりました。しかし、まだまだ多くの現地人は昔ながらの市場を利用します。

ダナンには日本人旅行者に「二大市場」と呼ばれている2つの屋内市場が市街にあり、そのひとつが今回お届けする「ハン市場」です。ハン市場では、ベトナムの人々のローカルな日常生活を垣間見ることができると同時に、観光客向けのお土産ものも購入できるという便利な観光スポット。ここでは「ハン市場」の魅力をご案内いたします。

ダナン観光エリア中心!ダナン大聖堂の斜め向かい

2階建てのハン市場

「ハン市場」は、旅行者に人気のスポットであるハン川沿いのバクダン通りと、その1本隣にあるチャンフー通りの間にある屋内市場です。ピンクの外観が目印のダナン大聖堂の斜め向かいという至近距離にあります。この周辺には、観光客向けのホテルやレストラン、雑貨店が数多くあることもあり、外国人観光客もたくさん訪れます。

地図で確認

ダナンの二大市場のひとつ「ハン市場」とは?

ハン市場の内部の様子

「ハン市場」は、コン市場と並ぶダナン二大市場のひとつ。ハン市場の内部では、主に食品を取り扱うお店が立ち並んでいます。まさに「ダナンの台所」ともいえるようなところ。ベトナムのローカルな雰囲気をたっぷりと楽しむことができます。

市場は食材や衣料品、雑貨など、それぞれのコーナーが分かれています。そのため、目的の品物が探し出しやすくなっているのが便利なところ。

ハン市場の様子

フルーツの王さまともいわれているドリアンや発酵食品、鮮魚や肉類など、さまざまな食材のにおいが混じり合った東南アジア独特の空気が充満しているマーケット。そのため、ただ歩いて見て回るだけでも、目や耳、鼻などの感覚器官で、ベトナムのローカルな雰囲気をたっぷりと楽しめる観光スポットです。

ハン市場の様子
ベトナムならではの雰囲気

観光客も数多く訪れる、活気に満ちた雰囲気。そのため、外国人の観光客向けのアジアン雑貨も取り扱っているお店もあることがこのマーケットの特徴のひとつ。お土産ものにぴったりな、ベトナムならではのショッピングも楽しめるマーケットです。

ハン市場の様子

また、ハン市場の脇にある宝石屋さんでは、お金の両替をすることもできます。市場では、現金での取引がメインとなるで、持ち合わせあがないときはここで両替をしておくと便利です。

日本ではなかなかお目にかかれない品物の数々

ハン市場の生鮮食品エリア

この「ハイ市場」は2階建てで、1階部分はローカルなお土産ものや食品を取り扱うお店が並んでいます。そこには新鮮な野菜やフルーツ、鮮度の高い肉類や魚介類が。

フルーツは日本ではあまり見かけない、マンゴスチンやランブータン、ドラゴンフルーツなども売られているので、ぜひ買って試してみましょう。きっと意外な発見があると思います。

ハン市場の魚介売り場

魚介類は、ホーチミンの市場のものと比べると鮮度が高いのが特徴。生きた魚が市場でさばかれています。

2階部分には衣類や靴、カバンや帽子などを取り扱っているお店が立ち並んでいます。これらを購入するさいには、衣類のサイズ表記には注意が必要。ベトナム人には小柄な人が多いため、全体的にサイズは小さめとなっているからです。購入前に実際に広げたりしてサイズを確認してみたほうがいいでしょう。

ハン市場の服飾エリア

この「ハン市場」では、値段が明記されている商品も多いですが、基本的には、お店のスタッフが電卓をつかって値段を提示してくれます。その電卓に自分の希望する価格を入力することによって、値段の交渉をしましょう。外国人観光客が買い物をするときは、値段を高くいわれることが多いので、しっかりと値切り交渉をしておきましょう。

ハン市場のお土産エリア

お土産ものとしては、ベトナム名産のベトナムコーヒーやベトナム茶、ドライフルーツなどが人気の商品となっています。また、この市場の外回りには、軽食がとれる露店も。そこで、小腹を満たすものおすすめです。

ダナンで一番ベトナムらしい観光スポット「ハン市場」へ行こう!

ダナンの観光エリア中心にある「ハン市場」は、ベトナムのローカルな暮らしぶりをのぞくことができる観光スポットです。ダナンにお越しの際には、ぜひ足を運んでみてください。ダナン大聖堂のすぐ近くなので、観光の予定にも入れやすいと思います。

観光情報

ハン市場 Cho Han
住所:119 Tran Phu St. Dist.Hai Chau. Da Nang
営業時間:6:00〜18:00
アクセス:ダナン大聖堂斜め向かい