ホーチミンのベンタイン市場で買える人気のお土産5選。

ベトナムはアジアでも有数のショッピング大国ともいわれるほど、海外から買い物を目的にやってくる人が多い国です。高級ブランド品から小さな手作りのお土産品まで、様々なものが現地で手に入ります。

旅行者の中には、日本にいるうちからガイドブックやネットでお洒落な雑貨店を探している人も多いことでしょう。しかし、ベトナムを象徴するような定番雑貨土産であれば、市場で済ませてしまうのも1つの手です。ホーチミンではベンタイン市場が旅行者向けの市場として賑わっています。そこで、今回はベンタイン市場で買える人気のお土産雑貨を5つ集めてみました。

お土産の王道!キーホルダー

ベトナム雑貨のキーホルダー
安いのでたくさん買おう

お土産といえばお手軽なキーホルダーが王道ですね。かさばらず、種類・デザインも豊富にあるので選ぶのも楽しい優れものです。ベンタイン市場のキーホルダーで特におすすめなのは、ベトナム独特の菅笠のノンラーをモチーフにしたキーホルダーです。何個もまとめて買うことができますし、もちろん個別に買うこともできます。様々な色があり、柄が少しずつ変わります。一目でベトナムのお土産とわかるものなので、喜ばれること間違いなしです!

可愛いミサンガやアクセサリー

ベトナム雑貨のシルバーアクセサリー
シルバーアクセサリーもベトナムの定番雑貨

エスニックな柄のアクセサリーやミサンガは日本でも大人気。ところが日本で買うと割高だったり同じような柄しかなかったりしますよね。ベトナムのベンタイン市場ではたくさんのお土産屋がそれぞれ違ったアクセサリーやミサンガを取り扱っています。

それらのほとんどが手作りで、世界に同じものは2つとない品ばかりです。アクセサリーはピアスからネックレス、ブレスレットや指輪まで様々な物が揃っていて、特にブレスレットは東南アジアならではのエキゾチックなデザインを楽しむことができます。手作りであるがゆえに耐久性はあまりありませんが、デザイン性の高さはピカイチです。女性の友達へのお土産にはぴったりです。

少数民族が作る!手作りポーチや衣装

少数民族の衣装
少数民族の衣装

ベトナムの代表的なお土産で、エスニックな雑貨といえば、なんといっても少数民族の人たちが作った手作りポーチや衣類です。様々な柄があり、カラフルでエキゾチックな模様が魅力のお土産です。

ポーチや衣類の他にもさまざまな雑貨で少数民族の衣装生地が使われています。スマホケースや財布、水筒入れまで少数民族の人々しか作ることができない模様が刺繍されているのは一見の価値があります。ベトナムには53の少数民族が住んでいると言われていますが、少数民族によってそれぞれ刺繍の柄が違うとか?お気に入りの柄を探してみてもいいかもしれません。

意外に利便性が高い?お箸セット

ベトナム雑貨のお箸
ベトナム人も箸文化であることをお忘れなく

お土産にお箸と聞いてピンとくる方は少ないかもしれませんが、ベトナムではお箸は代表的なお土産です。元来大家族で住んでいる人が多いので、お箸が何膳もセットで売ってあるのです。お箸カバーとお箸置きもセットになっているので、値段以上に高級そうに見えるのもポイントです。

人気のお箸は、ベトナム南部で有名な貝殻を埋め込んだおしゃれなものです。南部では貝殻が良く撮れるため、様々なものに活用されます。貝殻独特の淡い発色は、木のお箸の中でひときわきれいに輝きます。お箸置きも貝殻にコーティングされているものが主流です。お箸を使わない文化のところからやって来た人たちへのお土産に喜ばれることでしょう。もちろん日本では簡単に手に入れることができないクオリティですので、何膳か買って帰っておくと安心でしょう。

南国土産らしい!木彫りの小物

胡椒入れ
胡椒入れ

あまり知られていませんが、ベトナムは木彫りも実は有名なお土産雑貨の1つ。ベトナムの木彫りは質が高いと評判で、主に欧米向けに輸出されています。木彫りといっても種類は豊富。お土産におすすめなのは「胡椒入れ」や「木箱」、「トングやフォークなどの調度品」です。ベンタイン市場に行けば絶対に売っているので、是非確かめてみてください。

まとめ

ショッピングの街ホーチミンの中心にあるベンタイン市場。とっても大きな市場では大体のものが手に入ります。素敵な小物を手に取ってみていると時間があっという間に過ぎていってしまうことでしょう。自分用のお土産も手頃に買えるので、是非思い出作りにベンタイン市場でのお土産ショッピングをお楽しみください。