【予約可】話題の神の手に行こう。ダナン発「バーナーヒルズ」1日現地ツアー(ベトナム・ダナン)のサービス

店舗詳細サービスページでは、ツアー及びエンタメスポットの詳細情報を紹介。アクセス方法からプログラム内容、雰囲気、サービスなどを詳しく解説します。日本語対応の可否、送迎サービスやチップの有無など、旅行者が気になる店の特徴も網羅。ベトナム全国を歩きまわる経験豊富のプロライターが取材・執筆しています。

ベトナムのダナン発の1日日帰り現地オプショナルツアー「バナヒルズ(バーナーヒルズ)」。神の手と呼ばれるゴールデンブリッジや中世フランスの町などイベント盛りだくさん。ここではバナヒルズの1日ツアーで楽しめること、流れなどもすべてご案内。予約も可。

目次

    今回の現地ツアーの見どころ

    今回の現地ツアーの見どころ

    ダナン発バナヒルズ(バーナーヒルズ)の1日日帰りツアーの見どころは、「神の手と呼ばれるゴールデンブリッジ」と「中世フランスの町並み」、その他にもフラワーパークや大仏の見学などもあります。ただし、現地に滞在できるのはおよそ5時間ほど。1時間程度が昼食と考えると、3時間半から4時間程度と考えておきましょう。

    バナヒルズ(バーナーヒルズ)は山頂を丸ごとテーマパークとして開拓した巨大なエンタメ施設となるので、1日ですべてを回ることはできません。そこで、今回は見どころだけを押さえてご案内します。

    8:00 ホテル送迎

    サザンブリーズのワゴン

    ホテル送迎は朝の8時から8時45分の間。ホイアンを含めてダナン旅行者は広いエリアに散らばって滞在しているので、ピックアップ時間はまばらとなります。迎えの時間が正式に決まったら、集合時間の5分から10分前にはホテルロビーに待機していてください。

    9:30 バナヒルズ(バーナーヒルズ)到着

    9:30 バナヒルズ(バーナーヒルズ)到着

    バナヒルズ(バーナーヒルズ)に到着したら、入場券を渡されて各自で山頂まで上がります。およそ15時30分にエントランス集合となるので、この時点でおよそ6時間ありますが、これから乗るロープウェイの移動時間などを含めると、実際遊ぶ時間はもう少し減ってしまいます。

    バナヒルズは現地ツアーの参加がおすすめの理由

    バナヒルズは現地ツアーの参加がおすすめの理由

    バナヒルズ(バーナーヒルズ)はダナンからおよそ40分程度郊外に走ったところにある山の山頂に築かれた巨大テーマパーク。個人で行く場合はタクシーで行くことになりますが、メーターだと高くつくので、交渉をすることになります。交渉だと相場は往復だと3000~4000円。さらに運転手にはバナヒルズで待機してもらう必要がありますので、これも1時間当たり500~1000円の間で交渉します。

    もしベトナム語ができないと、運転手は現地で待っていてくれないこともあります。バナヒルズの現地でタクシーを探すのはかなり困難なので、ベトナム語によほど自信がある人以外は現地ツアーへの参加が推奨されます。

    ギネス記録のケーブルカーに乗って山頂へ向かおう

    ギネス記録のケーブルカーに乗って山頂へ向かおう

    バナヒルズ(バーナーヒルズ)まではご覧のケーブルカーに複数回乗り継いで行くことになります。こちらの料金もツアー代金に含まれているのでご安心ください。このケーブルカーは、全長5771km、高度差1368m、ロール重量は141トン、キャビンは10人乗りが86台で、そのすべてが開園当初はギネス記録にのっていました。

    ケーブルカー

    ここから見える景色はご覧のように圧巻です。遠くに見える白い巨大な大仏も観光スポットの1つですが、これから行く見どころとなる場所とはエリアが異なるので、ケーブルカーの乗り継ぎが多くなってしまいます。そのため、今回は残念ながらパス。ただし、大仏が見たい!という人は時間を削って見学に行くのもぜんぜんありです!

    神の手(ゴールデンブリッジ)を歩こう!

    神の手(ゴールデンブリッジ)を歩こう!

    神の手と呼ばれるゴールデンブリッジは、総工費2000億円をかけて作られたと言われる150mの橋。巨大な両手が橋を支えていることから、神の手と呼ばれています。

    恐ろしいほどの迫力がある
    恐ろしいほどの迫力がある

    現在までにアメリカCNNや英国BBCなど世界中のメディアが取り上げています。また2021年にはイギリス紙のデイリーメールが「世界の新名所」として、この神の手(ゴールデンブリッジ)が1位を獲得しています。

    中世フランスの町並み(フレンチヴィレッジ)へ

    中世フランスの町並み(フレンチヴィレッジ)へ

    神の手を歩いたあとは、さらに山頂に上ります。すると見えてくるのがこちらのフレンチヴィレッジ。中世フランスの町並みを再現した美しい景色を目の当たりにすることができます。

    バナヒルズの町並み

    しかもこれらは単なる外観だけのハリボテではなく、内部はお店となっている建築物。とりあえず順番にすべてのお店に入ってみるといいでしょう。

    バナヒルズの風景

    ご覧のような三角屋根の下では、不定期にフードイベントを開催。オープンエア席がずらりと並んで、バーベキューやビールを楽しむことができます。

    バナヒルズで行われるBBQ

    こちらがBBQイベントの様子。今回の現地オプショナルツアーでは、昼食のビュッフェが料金に含まれているので、もし開催していたらお腹の具合と相談しながら楽しんでくださいね。ちなみにタビスパスタッフが足を運んだときは、トルコ人とロシア人がシェフとして調理していました。

    昼食はビュッフェを楽しもう

    昼食はビュッフェを楽しもう

    昼食ビュッフェの内容はその時々で変わりますが、いずれも美味しい西洋料理を堪能することができました。もちろんそれ以外にもカフェやレストランがいくつかあるので、ビュッフェがあまり口に合わない場合は、そちらに立ち寄って腹ごなししてください。そのくらいの時間の余裕はありますよ。

    ロシア人によるコンサート
    ロシア人によるコンサート
    美しいバナヒルズの町並み
    美しいバナヒルズの町並み
    バナヒルズの様子。完成度はかなり高い
    バナヒルズの様子。完成度はかなり高い
    バナヒルズの様子。探索すると穴場のお店が見つかるかも
    バナヒルズの様子。探索すると穴場のお店が見つかるかも

    昼食後はファンタジーパークへ行こう!

    昼食後はファンタジーパークへ行こう!

    昼食後はファンタジーパークへ足を運びましょう。フレンチヴィレッジでは主に写真撮影や町中の散策、カフェタイムや食事を楽しむ程度でしたが、ファンタジーパークは屋内遊園地。子供から大人まで楽しめるアトラクションが揃っています。

    ちなみにファンタジーパークはフレンチヴィレッジの中にあるので、歩いてすぐです!ここではファンタジーパーク内で楽しめるアトラクションを一部ご紹介します。

    バナヒルズの名物フリーフォール

    バナヒルズの名物フリーフォール

    屋内にありながらも天井は吹き抜けになっていて外にまで達するフリーフォール。一瞬で下に落ちるあのふわっとした感覚は病みつきになります。

    ベトナムらしいサービスも。マッサージ

    ベトナムらしいサービスも。マッサージ

    日本では見かけない光景ですが、ベトナムではあるあるです。横並びになってみんなでマッサージ。数百円で体験できるので、子供が遊んでいる間、大人はここで疲れを癒すのも。

    体験してみてのお楽しみ。4D&5D

    4D&5Dという体験型アトラクションも人気の1つ。3D眼鏡をかけたガンシューティングゲームやパノラマで展開される映像美など、実際体験してみないと分からない面白アトラクションです。子供がいる方は特に楽しめます!

    バナヒルズで一番人気のアトラクション!「ジュラシックパーク」

    バナヒルズで一番人気のアトラクション!「ジュラシックパーク」

    こちらはアトラクションの中でも最も人気の高い「ジュラシックパーク」。恐竜は模型だけではなく実際動きますし鳴き声も発します。さらにこちらはウォークスルー型となっていて、恐竜時代だけではなく、原始時代まで順を追って紹介。マンモスやサーベルタイガー、原始人も見ることができます。

    マンモス
    マンモス
    サーベルタイガーと原始人
    サーベルタイガーと原始人

    15:30 集合&ダナン&ホイアンへ

    15:30にエントランスに集合となります。集合場所はツアーガイドから直接教えてもらえるので、その指示に従ってください。その他にもたくさんのパークゾーンがありますので、最終的にはパンフレットを見ながら自分の好きなエリアを回るのがいいでしょう。

    16:15~17:00 ホテル到着&解散

    16:15~17:00 ホテル到着&解散

    ダナンもしくはホイアンに帰ってくるのは16:15~17:00。帰りは一本道なので、多少の渋滞が予想されますので、車内でゆっくりとしていってください。また、1日の疲れもあるかと思いますが、17時にダナンやホイアンに戻ってこれるのですから、是非少しでも夜の観光散策も楽しんでいってください。ナイトマーケットに参加するだけでもダナンらしさを満喫することができるはずです。

    【予約可】話題の神の手に行こう。ダナン発「バーナーヒルズ」1日現地ツアーの店舗メニュー