「カンザーのマングローブの森」現地日帰りツアー(ベトナム・ホーチミン)のサービス

店舗詳細サービスページでは、ツアー及びエンタメスポットの詳細情報を紹介。アクセス方法からプログラム内容、雰囲気、サービスなどを詳しく解説します。日本語対応の可否、送迎サービスやチップの有無など、旅行者が気になる店の特徴も網羅。ベトナム全国を歩きまわる経験豊富のプロライターが取材・執筆しています。

ベトナム・ホーチミンの日帰り現地オプショナルツアーの「カンザーのマングローブの森鑑賞ツアー」の詳細情報をご紹介します。旅行者の間ではジャングルクルーズのあるメコンツアーとよく比較されがちですが、大自然のスケールはカンザーの方が圧倒的に大きいです。マングローブの森を小さなボートで回るだけではなく、半野生の猿が生息するモンキーアイランドにも立ち寄ります。

カンザーの行き方(個人で行く場合)

カンザーの行き方(個人で行く場合)

ツアーで行く場合はホテル送迎もしくはツアーデスク前集合となるので、行き方は気にする必要はありませんが、もし「個人で行きたい」と言うのであれば、1区南方の2区にフェリー乗り場があるので、そこから行くのが最短。ただし、タクシーで行くにしろ2時間ほどかかるため、料金や効率さを考えた場合はツアー一択となります。ホーチミンに度々来る出張者やホーチミン在住者でも、「カンザーはツアーに参加した方がいい」という人も多くいます。

地図で確認

カンザーのマングローブの森鑑賞ツアーの主な旅程

所要時間:8時間
8:00:ホテル出発
10:00:マングローブの森到着&ボートクルーズ
12:00:昼食
13:30:モンキーアイランドを散策
16:00:ホテルへ到着&解散

カンザーのマングローブの森をボートで周遊!圧倒的な大自然に癒される

カンザーのマングローブの森をボートで周遊!圧倒的な大自然に癒される

カンザーはホーチミン郊外にある地名。1区の大都会とは打って変わった大自然が広がるエリアで、同じホーチミン市とは思えません。カンザーにはおよそ7万5000ヘクタールものマングローブの森が広がっていて、この広さは琵琶湖以上。甲子園が400個近くすっぽりと入る面積です。

カンザーのマングローブの森

ベトナム戦争時には3分2のマングローブが枯葉剤で枯れてしまいましたが、日本の協力もあり、いまでは大半が元に戻っているとのこと。ツアーでは手漕ぎボートや高速ボートに乗ってマングローブの森を周遊します。

そもそもマングローブって何?

そもそもマングローブって何?

マングローブとは湿地帯に根を張る植物で、水と大地両方に根を生やすことができる不思議な特徴を持っています。また、マングローブが分布するエリアには、固有の生物が生息することも分かっていて、まだまだ生態は解き明かされていません。

大地に根を張るマングローブ

ご覧のように大地にもしっかりと土を掘って根を生やすことができます。また、マングローブの森の中にはコウモリの生息域もあり、そちらも場合によって見学が可能。昼間でもコウモリが飛んでいる様子を見ることができるかもしれません。

猿の楽園「モンキーアイランド」を散策

猿の楽園「モンキーアイランド」を散策

モンキーアイランドはマングローブの森近くにある観光地で、500mほどの一本道を往復する間には、数百の猿が半野生の状態で放し飼いされています。

当然猿回しのようにしつけられているわけではないので、貴重品は必ず画しておく必要があります。盗まれやすいのは財布、サングラス、スマホ、カメラ、手に持っているペットボトルやお菓子など。猿にお菓子をあげると、たくさんの猿が集まってきて怖い思いをすることになるので注意してください。

ベトナムらしい大自然の宝庫。カンザーマングローブの森鑑賞ツアーに参加しよう!

ベトナムらしい大自然の宝庫。カンザーマングローブの森鑑賞ツアーに参加しよう!

メコンツアーとマングローブの森鑑賞ツアーのどちらがおすすめかは個人の主観によるものですが、客観的に比較したとき、大自然のスケールはカンザーが圧倒的です。メコンツアーのような観光地化されたイベント盛りだくさんのツアーではありませんが、ただただ見渡す限りの森林に心癒されたいのであれば、カンザーのマングローブの森鑑賞ツアーは一押しの現地オプショナルツアーとなるでしょう。

「カンザーのマングローブの森」現地日帰りツアーの店舗メニュー