【予約可】ハノイ発「チャンアン+ホアルー」世界遺産1日ツアー。ボートトリップ(ベトナム・ハノイ)のサービス

店舗詳細サービスページでは、ツアー及びエンタメスポットの詳細情報を紹介。アクセス方法からプログラム内容、雰囲気、サービスなどを詳しく解説します。日本語対応の可否、送迎サービスやチップの有無など、旅行者が気になる店の特徴も網羅。ベトナム全国を歩きまわる経験豊富のプロライターが取材・執筆しています。

ベトナムのハノイから行く現地オプショナルツアー&世界遺産の旅。「チャンアンのボートトリップ+古都ホアルー観光」。手漕ぎボートは子供から大人まで楽しむことができますし、ホアルーは中国から独立後の最初に遷都した場所。歴史好きの旅行者にもおすすめできます。

今回は現地オプショナルツアーの実際の様子をご案内します。気に入ったら是非予約ページからご参加ください。

目次

    今回の現地ツアーの見どころ

    今回の現地ツアーの見どころ

    「チャンアン+ホアルー」の現地ツアーの見どころは、手漕ぎボートに乗って眺める圧倒的な大自然の風景。まるで恐竜時代の白亜紀にタイムスリップしたかのような、そんな時間を過ごすことができます。

    ちなみにホアルーをより楽しむために、事前にホアルーの歴史を学習しておくのがおすすめ。また、ホアルーの廟周辺は公園のような広場になっていて、水牛が放し飼いされていたりと、のどかな風景を愛でることができます。こちらも見どころと言えるでしょう。

    8:00 ホテル発

    サザンブリーズのワゴン

    ホテル出発は朝の8時。宿泊者のホテルに日本語ツアーガイドが迎えに来てくれますので、10分前にはホテルロビーで待っているようにしましょう。

    ハノイ市街地からホアルーとチャンアンのあるニンビン省までは、車でおよそ2時間程度。朝は多少の渋滞が予想されるので、現地に到着するのは11時前後となります。

    11:00 古都ホアルー観光

    11:00 古都ホアルー観光

    ニンビン省に到着後最初に訪れる観光地はホアルー。ちなみにユネスコ世界遺産に指定されているのは「チャンアン複合景観」で、チャンアンのみではなく、ホアルーも含まれています。

    ホアルーののどかな風景
    ホアルーののどかな風景

    ホアルーにはベトナムの初代皇帝であるディンティンホアン王と婦人の墓が安置されています。廟はご覧のような景色。ちょっと殺風景な印象もありますが自然に溶け込んだ趣のある寺院といったところ。現在でも地元民が足繫く参拝に訪れます。

    古都ホアルーの簡単な概要

    ベトナムは968年に中国から最初の独立を果たしました。そして、最初に遷都したのが、ここホアルー。「古都」と呼ばれる観光地はベトナム全国に幾つかありますが、その中でもホアルーは最も古都と呼ぶにふさわしい場所でしょう。ただし、ここホアルーに王朝があったのは僅か40年。その後は首都をタンロン。つまり現在のハノイに移しました。ちなみにハノイのホーチミン廟傍にあるタンロン城跡もユネスコ世界遺産に登録されています。

    現地人と一緒に参拝しよう
    現地人と一緒に参拝しよう
    中国からの脱却だが、やはり雰囲気は中華風
    中国からの脱却だが、やはり雰囲気は中華風

    11:30 昼食

    写真はヤギ肉※イメージ写真
    写真はヤギ肉※イメージ写真

    ホアルーの見学はおよそ30分程度。その後は昼食となります。昼食はヤギ肉などのベトナム名物料理を堪能することができます。どれも美味しいものばかりなので、期待してください。

    12:30 チャンアンのボートクルーズ

    12:30 チャンアンのボートクルーズ

    昼食を食べたあとは、早速本日の現地ツアーの最大の見どころとなるチャンアンのボートクルーズのはじまりです。船着き場はご覧のような場所で、大きな荷物がある場合は傍のロッカーに預けることになります。

    チャンアンのボートクルーズ。2つの注意点

    チャンアンのボートクルーズ。2つの注意点

    チャンアンのボートクルーズを楽しむ前に、2つの注意点があります。
    1つ目は「所要時間が2時間」ということ。かなり長い間ボートに乗っているので、トイレを済ませておくのと、紫外線対策をしておきましょう。日中は暑いので、半袖よりも長袖がおすすめ。かなりじりじりと肌が焼けるのでご注意ください。

    大自然の中のボートクルーズ

    2つ目は「4人乗りボート」という点。漕ぎ手を含めて5人が定員となります。そのため、友達や家族で5人以上でツアーに参加する場合は、1組は他の参加者と相乗りとなります。

    ※場合によってはタムコックになることも

    ※場合によってはタムコックになることも

    ニンビン省にはチャンアンともう1つ「タムコック」でボートトリップを楽しめます。いずれも似たような風景と時間を楽しめますが、タムコックは世界遺産ではありません。ただし、人によっては「チャンアンよりタムコックの方が自然に近いから好き」という人多いです。
    もし何かしらの理由でチャンアンが閉鎖されている場合は、こちらのタムコックでの開催となります。

    ハノイから日帰りで行ける「タムコック」おすすめ現地ツアーを紹介!
    ハノイから日帰りで行けるニンビン省の「タムコック」。大自然に囲まれたボートツアーが人気です。今回はタムコック行きのおすすめ現地ツアーをすべてご案内します。
    詳細を見る

    巨大カルスト台地で形成された大自然を堪能

    巨大カルスト台地で形成された大自然を堪能

    ハノイの誇る世界遺産と言えば、「ハロン湾」をイメージしますね。チャンアンはハロン湾の兄弟と呼ばれていますが、ハロン湾もチャンアンも同じカルスト台地で形成されています。ハロン湾は台地が沈没して湾を形成し、チャンアンは隆起した違いがあります。そのため、船から見る景色は大体似たようなものとなります。

    癒しのボートトリップ。洞窟や寺院探索

    癒しのボートトリップ。洞窟や寺院探索

    チャンアンのボートトリップは、2時間ずっと舟に乗っているわけではありません。幾つか洞窟や寺院を見学するために降りることになります。ただし、こちらに建つ寺院は古い歴史があるわけではなく、世界遺産の登録前後に建設された観光地となります。

    ボートで洞窟探索

    また、こちらのような洞窟をボートでくぐることもできます。子供も楽しめますし、もちろん安全。ただし大人は頭をひっこめないとぶつけます。

    14:30 下船後、ハノイへ

    14:30 下船後、ハノイへ

    2時間のボートトリップを終えた後は、車に戻ってハノイに帰ります。帰りも2時間ほどかかりますので、車の中でひと眠りするといいでしょう。

    17:00 ハノイ到着後解散

    ハノイ到着後はホテル送迎ののち解散です。仮に渋滞しても30分程度の遅れとなりますので、ハノイに帰ってきたあとにナイトマーケットや水上人劇鑑賞といった夜の観光も楽しむことができます。是非前もって計画を立てておくといいでしょう。

    ハノイの世界遺産「チャンアン複合景観」の行き方・現地ツアーまとめ
    ハノイ観光で押さえておきたい世界遺産の「チャンアン複合景観」。ツアーに参加すれば、日帰りで楽しむことができます。そこで、今回はチャンアンまでの行き方や現地ツアーの内容をまとめてみました。
    詳細を見る

    【予約可】ハノイ発「チャンアン+ホアルー」世界遺産1日ツアー。ボートトリップの店舗メニュー