【予約可】ホーチミン市内観光+チョロン(中華街)散策1日ツアー(ベトナム・ホーチミン)のサービス

店舗詳細サービスページでは、ツアー及びエンタメスポットの詳細情報を紹介。アクセス方法からプログラム内容、雰囲気、サービスなどを詳しく解説します。日本語対応の可否、送迎サービスやチップの有無など、旅行者が気になる店の特徴も網羅。ベトナム全国を歩きまわる経験豊富のプロライターが取材・執筆しています。

ベトナムの「ホーチミン市内観光+チョロン(中華街)散策1日ツアー」をご案内。ホーチミンの王道観光スポットを回ったあとは、ベトナム最大の中華街チョロンへ向かいます。雑多な下町風情とお買い物を楽しむことができます。ここでは同ツアーを徹底紹介!

気に入ったら予約・メニューページよりお申込みください!

目次

    今回の現地ツアーの見どころ

    今回の現地ツアーの見どころ

    今回の現地ツアーの見どころは、1日でホーチミンの市内観光を終えることができるところとなります。ガイドブックでも必ず紹介されている王道スポットを回り、さらに午後にはベトナム最大の中華街チョロンへと足を運びます。他のツアーだと、チョロンはビンタイ市場、もしくはティエンハウ寺のいずれかだけに立ち寄るのが普通ですが、こちらのツアーでは同スポット両方にプラスして、下町カトリック教会の見学までついています。自力で行くこともできますが、タクシーで回るとなるとツアーより断然高くついてしまいます。観光の効率を重視する短期滞在者は、こちらのツアーが一押しとなります。

    8:30 ホテル送迎

    8:30 ホテル送迎

    ホテル送迎の時間は午前8時30分から。宿泊ホテルによって若干時間は前後します。また、ハイシーズンは最寄りの指定ホテル集合となる可能性もあります。ただホーチミン旅行者のほとんどは、ほぼ決まったエリアに滞在するので、徒歩すぐの場所がほとんどです。

    8:40 ベトナム戦争終焉の場所「統一会堂」を歩く

    8:40 ベトナム戦争終焉の場所「統一会堂」を歩く

    まず最初に訪れるのは、ベトナム戦争が終わった場所「統一会堂」です。もともとは南ベトナム(サイゴン)の大統領官邸でした。事実上南北が統一を果たした場所となるので、ベトナム戦争後翌年に「統一会堂」と名称が変わりました。

    統一会堂では日本語ガイドが当時の様子や各部屋がどんな場所だったのかを説明してくれます。この説明がないと、煌びやかな部屋を見て回るだけで何の意味も持ちません。ちなみに地下には暗号解読室があり、そこだけちょっと空気が異質です。さらに言い伝えではフロアのどこかに大統領が非難する隠し通路があり、タンソンニャット空港まで続いている、という噂がありますが、実際のところ定かではありません。

    9:50 ホーチミンで最も格式の高い「サイゴン大教会(聖母マリア教会)」を見学

    9:50 ホーチミンで最も格式の高い「サイゴン大教会(聖母マリア教会)」を見学

    サイゴン大教会(聖母マリア教会)はフランス統治時代に造られたカトリック教会。一般の教会堂よりも上位に位置するバジリカに指定されている、ホーチミンで最も格式の高いゴシック教会となります。レンガやステンドグラスは当時マルセイユから輸入して作られていて、長らく復旧工事をしています。

    10:10 パリのオルセー美術館(旧駅舎)がモデル!「中央郵便局」

    10:10 パリのオルセー美術館(旧駅舎)がモデル!「中央郵便局」

    続いて足を運ぶのはサイゴン中央郵便局。こちらもサイゴン大教会と同時期に建てられたフランス統治時代の産物です。エッフェル塔設計者のギュスターヴ・エッフェルによって造られ、現在のパリのオルセー美術館(当時は駅舎だった)がモデルとなっています。郵便局とは思えない美しい外観ですよね。

    内部は一般の郵便窓口とお土産コーナーに分かれていて、ここでしか買えない記念切手はお土産に人気があります。

    郵便局内部
    郵便局内部
    記念切手はここでしか買えない
    記念切手はここでしか買えない

    10:20 100年以上の歴史を誇るホーチミンの象徴「ベンタイン市場」

    10:20 100年以上の歴史を誇るホーチミンの象徴「ベンタイン市場」

    1914年に建設されたベンタイン市場は、現在ではホーチミンの象徴として旅行者に人気の巨大屋内市場。およそ4000の店舗がひしめいていて、一見するとまさにカオス的な雰囲気ですが、お土産雑貨、衣料品、生鮮、果物、食堂などとカテゴライズされているので、ある程度法則さえ理解してしまえば、それほど迷うことはありません。

    ベンタイン市場

    今回のツアーでの立ち寄り時間はおよそ30分程度で、ゆっくり買い物する時間はありません。ホーチミン市の中心なので、おそらくほとんどの旅行者の滞在ホテルから徒歩もしくはタクシーで5分圏内のはずです。気に入ったのならば、改めて個人で再訪するといいでしょう。なお、言わずもがな、ぼったくりには注意が必要です。

    10:55 「戦争証跡博物館」。ベトナム戦争の悲劇を物語る。日本人写真家の作品も展示

    10:55 「戦争証跡博物館」。ベトナム戦争の悲劇を物語る。日本人写真家の作品も展示

    午前中最後の観光スポットは、「戦争証跡博物館」です。ベトナム戦争当時の様子を写真パネルで展示。逃げ惑うベトナム人の姿を写真に収めているだけではなく、米国軍人の視点からもベトナム戦争をいまに映しているのが非常に興味深いです。ピューリッツァー賞を受賞した沢田教一氏の写真パネルも展示されていますので、是非お見逃しなく。

    12:00 昼食~正統派ベトナム料理に舌鼓

    写真はイメージ。実際は異なります。
    写真はイメージ。実際は異なります。

    戦争証跡博物館の見学を終えたあとは、昼食の時間となります。午前中に王道ともいえる観光スポットは回ってしまいましたので、翌日以降残りの滞在時間は、郊外ツアーに参加したり、個人でお土産探しやスパなどを楽しむことに徹することができます。

    昼食はフォーなどの王道ベトナム料理。レストランで食べるベトナム料理はやはり味付けから何までまったく味わいが違います。いずれも日本では滅多に食べられないものばかりなので、是非しっかりと堪能していってください。

    13:30 中華街チョロンの名所「ティエンハウ寺(天后宮)」へ

    13:30 中華街チョロンの名所「ティエンハウ寺(天后宮)」へ

    昼食を終えたあとは、車に乗り込み、一路ホーチミン西方へ。走ること20分ほどで見えてくるのはベトナム最大の中華街チョロンです。チョロンは5区と6区に跨る巨大エリアで、観光の中心はビンタイ市場となります。まず最初に向かうチョロンの観光スポットは「ティエンハウ寺(天后宮)」。媽祖という道教の神を祀っている寺院です。ベトナムでは仏教と道教が混在しているお寺をよく見かけ、現地のベトナム人でさえ、道教と仏教の括りなく日々参拝に訪れます。

    ティエンハウ寺(天后宮)の外観
    ティエンハウ寺(天后宮)の外観
    媽祖(天后聖母)は海の神様
    媽祖(天后聖母)は海の神様

    13:50 下町香るチョロンに佇む「チャータム教会」

    13:50 下町香るチョロンに佇む「チャータム教会」

    小さな問屋が無数に並ぶ雑多なチョロンの町並みですが、その中で不釣り合いな西洋風の建物を見ることができます。こちらが「チャータム教会」。キリスト教徒から今も親しまれているカトリック教会で、キリスト教幼稚園も併設しています。内部も見学できます。

    14:10 巨大卸売市場「ビンタイ市場」でショッピング!

    14:10 巨大卸売市場「ビンタイ市場」でショッピング!

    最後はビンタイ市場を散策。午前中に行ったベンタイン市場と名前が似ていますが、まったくの別物。こちらは業者が仕入れる卸売市場となります。そのため値段は格安。観光スポットでもあるので外国人旅行者も多く行き交っています。値段は安いですが、少量しか買わないと高めに言われる場合も多々あるので、しっかりと値段交渉をするのが鉄則です。

    ビンタイ市場の賑わい
    ビンタイ市場の賑わい

    今回の「ホーチミン市内観光+チョロン(中華街)散策1日ツアー」はこのビンタイ市場が最後となり、およそ2時間の買い物時間が設けられています。ビンタイ市場を一通り回って、目ぼしい雑貨を購入し、それでも時間が余っているならば、市場の外回りを散策したり、屋台グルメを体験するなどして、ベトナムらしいアジアンな時間を過ごしてください。多少時間を持て余すくらいが海外旅行においてはちょうどいいと考えてください。

    16:30 ホテル到着&解散

    16:30 ホテル到着&解散

    ホーチミン市内に戻ってくるのは16時30分頃。ツアー解散後は一度客室に戻って小休止をするといいでしょう。今回ご紹介したツアーは、全体で8箇所の観光スポットを巡ることになりますので、ホテルに戻ってきたら相当疲労が溜まっていることでしょう。数時間仮眠をとったのち、夜のホーチミン散策に改めて出かけるのはいかがでしょうか。もし元気が有り余っているならば、ホテル内の屋外プールやスパを楽しむのもいいかもしれませんね。
    今回ご紹介したツアーは、チョロンに行きたい方向けとなります。チョロンにあまり興味がないのであれば、ホーチミン市内観光半日ツアーに参加されるといいでしょう。

    【予約可】ホーチミン市内観光+チョロン(中華街)散策1日ツアーの店舗メニュー