【予約可】午前発ハノイ市内観光半日ツアー。世界遺産に行こう!(ベトナム・ハノイ)のサービス

店舗詳細サービスページでは、ツアー及びエンタメスポットの詳細情報を紹介。アクセス方法からプログラム内容、雰囲気、サービスなどを詳しく解説します。日本語対応の可否、送迎サービスやチップの有無など、旅行者が気になる店の特徴も網羅。ベトナム全国を歩きまわる経験豊富のプロライターが取材・執筆しています。

ベトナムのハノイの現地オプショナルツアー「午前発ハノイ市内観光半日ツアー」の様子をご案内します。ガイドブックにも掲載されている定番スポットを僅か半日、しかも午前中だけで回ることができるのが当ツアー最大の魅力です!初めてのハノイ旅行者は是非ご参加ください。

目次

    今回のツアーの見どころ

    今回のツアーの見どころ

    今回のツアーの見どころは何と言っても「ガイドブックに載っている王道スポットをたったの半日で回れること」。海外の市内観光ツアーというのは、頑張れば個人で自力で行くこともできます。しかし、滞在日数の少ない日本人の多くは、「定番処はなるべく早く回って、自由時間を確保したい」と思っているものです。今回参加するハノイ市内観光ツアーも、個人で行けば1日かかるところを、午前中で終えることができます。参加するならば、ハノイ滞在初日が絶対におすすめです。

    8:30 ホテル送迎

    サザンブリーズのワゴン

    ツアーの出発時間は午前8時30分。ホテルロビーにツアーガイドが迎えに来てくれますので待っていましょう。通常は宿泊ホテルまで来てくれますが、繁忙期は旅行会社指定のホテルになります。参加者の宿泊ホテルから一番近い集合場所を選んでくれます。

    ハノイの象徴「ホーチミン廟」

    ハノイの象徴「ホーチミン廟」

    ホーチミンはベトナム建国の父と呼ばれる革命家であり、初代主席。フランスからの独立に大きく貢献し、ホーチミンの唱える社会主義論はホーチミン思想として現在も国家方針となっています。そのホーチミンの遺体が眠る廟がこちらのホーチミン廟。ホーチミン廟のある敷地内は政府直轄エリアとして厳しく監督されています。社会主義の一面を見ることができる一方で、観光地化もされているので、いつ来ても多くの外国人が行き交っています。

    多くのベトナム家庭にはホーチミンの肖像画が祀られている

    ホーチミンはベトナム人の象徴として、南部都市の名称にもなっているほか、多くのベトナム人家庭にはホーチミンの肖像画が立てかけられています。どんな冗談であってもベトナム人に対してホーチミンの悪口は許されませんので、ご注意ください!

    蓮に見立てた不思議な仏堂「一柱寺」

    ハノイの一柱寺

    ホーチミン廟と同じ敷地内にある一柱寺。ため池の真ん中に立つ小さな仏堂ですが、実は歴史的に大きな意味を持つ観光スポット。2代皇帝リー・タイ・トンが建設した仏堂で、かつてリータイトンが蓮の上に子供を抱いている菩薩を見たあと、すぐに婦人が子供を授かったため、それに因んで建設しました。いまでも仏教徒の参拝の場所であり、また妊娠を希望する女性が訪れる名所となっています。

    世界遺産「タンロン遺跡」。要所を見学しよう!

    世界遺産「タンロン遺跡」。要所を見学しよう!

    よく比較されがちのハノイとホーチミン。一つの基準として挙げられるのが「世界遺産の有無」です。ホーチミンには郊外を含めて世界遺産がありませんが、ハノイには同ツアーで行くご覧のタンロン城の遺跡、及びハロン湾とニンビン省のチャンアンがあります。世界遺産目当ての方にとっても、ハノイ旅行は非常に有意義な時間をおくることができるはずです。

    タンロン遺跡はニンビン省のホアルーからハノイに首都が移ったときの王都。当時ハノイはタンロンと呼ばれていました。

    すべて回ると1日がかり!ツアーの特性が活かせる

    タンロン遺跡は現在も発掘中で、不定期に公開範囲が広がっています。そのため、敷地内の遺跡や博物館などすべてを見ると、1日とは言わずとも半日がかりになってしまいます。ツアーでは要所のみを見学するので、とても効率的に回ることができます。

    学業の神様を祀る「文廟」

    【予約可】午前発ハノイ市内観光半日ツアー。世界遺産に行こう!

    文廟は学業の神様を祀る場所であり、ベトナム最古の大学ができたところです。アジアには日本も含めて中国由来の科挙と呼ばれる官僚になるための筆記試験がありましたが、その試験の場所として、敷地内には合格者の氏名が彫られた石碑が展示されているほか、孔子が祀られています。

    ベトナム版天満宮といったところで、学業成就のために学生が合格祈願で訪れたり、地元の学校を卒業したあとは、卒業式後にここで記念撮影をするのも習慣の1つ。

    10:00 車窓よりホアンキエム湖を見学

    ホアンキエム湖

    ホアンキエム湖はハノイ観光エリアの中心に広がる湖です。同ツアーでは車に乗ったまま窓から見学となりますが、ハノイのホテルに滞在しているならば、必ず個人行動で来る機会はあるはずです。水上人形劇やハノイ大教会、博物館などもホアンキエム湖から徒歩圏内ですよ。また、夜のホアンキエム湖も格別。ライトアップされた祠堂の見学や遊歩道の散歩は旅気分を満喫できます。

    10:40 かつての城下町「旧市街」散策

    かつての城下町「旧市街」散策

    最後は旧市街の散策。先に見学したタンロン城が王都だったころ、城下町はここ旧市街エリアまで広がっていたとされています。その中でもこの一帯は一大商業区。幾度かの改修はされましたが、いまでも古き良き町並みが広がり、ベトナム政府指定の文化遺産に指定されています。同ツアーでは観光の要所を歩いてくれますので、大体の雰囲気は分かるはず。旧市街もかなり広いので、もし気に入ったら個人で再訪してローカルエリアも含めて踏破してみてください!

    ※タンロン遺跡に行けないときは玉山祠を見学!

    ハノイの玉山祠の橋

    タンロン遺跡は月曜が休館で、それ以外も催事で臨時閉館することがあります。その時にツアーがかぶってしまったら、ここ玉山祠を見学することになります。玉山祠はホアンキエム湖にある小さな祠で、大亀のはく製やベトナムの武将を祀る由緒正しき名所です。

    ※ホーチミン廟と一柱寺に行けないときは、ハノイ大教会を見学!

    ※ホーチミン廟と一柱寺に行けないときは、ハノイ大教会を見学!

    ホーチミン廟と一柱寺は月曜と金曜が閉館。さらに時折館内のメンテナンスのため、臨時閉館することもあります。そのときはハノイ大教会に行きます。ネオゴシック建築でハノイ市で最も高い格式のカトリック教会。周辺は観光地化されていて、お土産店もたくさんあります!

    11:00 昼食(フォー)

    11:00 昼食(フォー)

    少し早めの昼食。献立はハノイ名物のフォー。フォーはベトナムの象徴とイメージされがちですが、発祥はここハノイ。名実ともにハノイ人の国民食となっています。

    12:00 ホテル着&解散

    昼食を食べ終えたら、車に乗り込んでホテルまで送ってくれます。その後は解散となりますが、時間はまだお昼の12時を回ったころ。事前に午後の観光プランを考えておけば、すぐさま市内観光を再開することができます。

    午後にバッチャン村に行く1日ツアーもあり!

    【予約可】ハノイ発現地ツアー「市内観光+バッチャン村」(1日)
    ベトナムのハノイ旅行者に大定番の「ハノイ市内観光」と「バッチャン村観光」がセットになった1日現地ツアー。ハノイの要所を回るほか、バッチャン村では工房見学やお土産ショッピングを楽しめます。恋人夫婦はもちろん、友達同士でご参加ください。同ページから予約も可能です。
    詳細を見る

    【予約可】午前発ハノイ市内観光半日ツアー。世界遺産に行こう!の店舗メニュー