カンボジア・シェムリアップ旅行のベストシーズン

カンボジア最大の観光地であるシェムリアップ。アンコールワットをはじめとした、世界遺産の遺跡が市内に点在する人気の観光都市です。遺跡以外にも数多くの見どころとなる観光名所がありますが、基本はアウトドア観光がメイン。

できれば雨の降らないベストシーズンに旅行を計画したいところです。そこで、ここではカンボジアのシェムリアップ旅行におけるベストシーズンやおすすめの服装などをご案内していきます。

シェムリアップの乾季と雨季

シェムリアップの小学校の子供たち

東南アジアに位置するカンボジア。南部と北部で気候は異なりますが、基本は年間を通して高温多湿。北部シェムリアップはベトナムのホーチミンと同じく熱帯サバナ気候に属し、典型的な南国の気候となります。四季はなく、1年の間に乾季と雨季の2つの時期に分けることができます。

乾季は11月上旬から5月中旬まで。そして、雨季は5月下旬から10月下旬までとなります。

トンレサップ湖の様子
トンレサップ湖の様子

雨季というと、1日中雨が降っているようなイメージがあるかもしれまんが、日本の梅雨とは違い、1日の大半は晴れています。基本的には、朝方や夕方などにスコールが数十分くらい。

コーヒーを飲むクメール美女

あとはスッキリと晴れているのが特徴。雨が降っている間は豪雨となりやすいので、屋内施設でコーヒーを飲みながら雨が上がるのをゆっくりと待つのもここでの醍醐味。

シェムリアップ旅行のベストシーズンについて

シェムリアップの町並み
シェムリアップの町並み

一般的にシェムリアップ旅行のベストシーズンとされているのは晴れた日が続く乾季。その中でも11月から1月は、最高気温30°C前後で雨もほとんど降らず、遺跡やトンレサップ湖といったアウトドア観光にはベストシーズンだとされています。

シェムリアップのトンレサップ湖
トンレサップ湖のサンセット

2月くらいから少しずつ雨が降りはじめ、気温も上昇。そして、3月から4月くらいになると、気温は35°C前後に。ときには40°Cになることもあるほど暑い日が続くようになります。

シェムリアップの遺跡

この頃には、雨が多くなり蒸し暑い気候に。雨季は緑が豊かで自然が美しいのですが、道が悪くなり、蚊の数も増えて遺跡はすべりやすくなります。また、雨が降っている時間は観光が難しいので、その点もデメリットといえるでしょう。

シェムリアップのトンレサップ湖
トンレサップ湖の様子

ただ、シェムリアップで人気の観光スポット「トンレサップ湖」は、雨季には乾季の3倍もの面積に膨れ上がります。そのため、そのスケールの大きい湖をみるためには、雨季がベストシーズンといえます。雨上がりには、美しい湖の景色を眺めることができます。

雨季のトンレサップ湖
雨季のトンレサップ湖

御覧のように、乾季と雨季の両シーズンならではの美しさに出会える、それもカンボジア・シェムリアップの魅力でもあります。

シェムリアップ旅行における服装について

シェムリアップのパブストリート
パブストリートの夜は本当に楽しい!

シェムリアップを含むカンボジアを訪れるさいには、1年を通じて日本の夏の服装のままで良いでしょう。日中は蒸し暑いので、通気性の高い服装が過ごしやすいです。意外と忘れがちですが、水分補給もしっかりとしておきましょう。

シェムリアップの公園

一方で冷房の効き過ぎのさいや日焼け対策のために、長袖のシャツやストールが1枚あると便利です。外部との温度差で体調を崩しやすいのでご注意ください。

夏の服装がいいのは間違いないのですが、肌を露出しすいない方がおすすめな理由もあります。それは、アンコールワットなどの世界遺産の中でも特定の遺跡に入場できないことがあるためです。

シェムリアップの遺跡
2018年にはアンコールワットも厳しい入場制限を敷くようになった

ノースリーブやタンクトップ、ショートパンツなどでは、拝観することができない観光スポットがあります。2018年にはアンコールワットも服装制限を厳しくしました。観光するさいには、事前に確認しておきましょう。

カンボジアの町並み

また、蚊の問題もあります。カンボジアでもデング熱などの蚊が媒介するといわれている病気が報告されているので、長袖のシャツやズボンを着ることで蚊に刺されることを予防することができます。

シェムリアップの町並み
素朴な町並みは散歩も楽しい

日中は日差しがとても強いので、日焼けや熱中症の対策として、帽子やサングラスなどを忘れずに。また、スコール対策として折りたたみ傘を持っていると、いざというときに活躍してくれます。

乾季も雨季もベストシーズン。あまり神経質にならないで

今回はシェムリアップ観光におけるベストシーズンをお届けしました。旅行者が憧れる常夏の気候が特徴ですが、乾季と雨季とそれぞれの楽しみ方があることが分かります。あまり行く時期にこだわる必要はなく。旅行を計画している時期・季節の特徴をとらえて、旅のしおりを考えてみてください。