これで完璧!ホーチミン旅行の見どころ特集!

南国感溢れる熱帯のベトナムホーチミン。一生ものの思い出を作りたいと、多くの旅行者が日本にいるうちから現地の見どころや観光スポットを調べていることでしょう。そこで、今回はホーチミン旅行が100倍楽しみになる見どころをご案内します。

博物館だけじゃない!市内の見どころ&過ごし方はコレ

博物館だけじゃない!市内の見どころを一挙紹介!

市内の見どころといえば、博物館や仏教寺院をまず最初に思いつく人が多いかもしれませんね。旅行雑誌を開いても、やはり大々的に紹介されているのは統一会堂や戦争証跡博物館など。では、実際ホーチミン市内観光は博物館や寺院を回っておしまいなのかというと、もちろんそうではありません。

ホーチミン含むベトナムは個人行動をする時間が多いため、予め「現地でこんな過ごし方をしたい」と計画しているとしないでは、旅の満足度が大きく異なります。

ホーチミンの王道となる見どころ「コロニアル建築」は見逃すな!

見どころ① プチパリ巡り
オペラハウスの内部

ベトナムは過去に100年間フランスに統治されていました。そのため、現在でも町中のいたるところにヨーロッパを感じさせてくれる建築物が散らばっています。ドンコイのオペラハウス、グエンフエ通りの人民委員会庁舎などはコロニアル建築の代表例。その他マジェスティックホテルは芸能人も御用達の5つ星ホテルですし、コンチネンタルホテルもフランス統治時代から続く由緒正しき4つ星ホテルとなります。

竹細工を使ってベトナムの昔と今の変遷を再現「アオショー」

市民劇場(オペラハウス)は、通常は中に入ることはできなく、外目から写真を撮るだけとなります。ただし、ここで夜に定期開催されるアオショーのチケットがあれば入場できます。煌びやかな舞台で鑑賞できる夜の祭典は、ベトナム旅行最大の見どころとなるはずです。
公式HP:https://www.luneproduction.com/ao-show
予約はタビスパ上で可能(下記ページをクリック)

ナイトスポット「アオショー」
ホーチミン旅行で大人気のナイトスポット「アオショー(Ao Show)」。現役サーカス団による音と光の祭典。ドンコイの中心オペラハウスで定期開催します。ベトナムの古くからの習慣や伝統を竹細工で再現。
詳細を見る

博物館に行くならココ!プチパリを感じる「美術博物館」

博物館に行くならココ!プチパリを感じる「美術博物館」

博物館にも行きたいならば、おすすめは「美術博物館」。ベンタイン市場南方にあり、徒歩10分程度で行くことができます。建物全体がコロニアル建築で作られていて、館内にはテニスコートもあります。美しい回廊は中世ヨーロッパを思わせるほど。インスタ映えもするおすすめスポットです。

ホーチミンでベトナム芸術を愛でる。「美術博物館」
ホーチミンのベンタイン市場から徒歩10分ほど歩くと見えてくるコロニアル建築の「美術博物館」。世界各国のアーティストによるモダンアートと、ベトナム人の若手芸術家によるモニュメントなどが展示されています。
詳細を見る

西洋とベトナムの雰囲気が混在したお洒落なお店も見どころの1つ!

市民劇場やドンコイ通りのある1区からタクシーでサイゴン川を越えた先にある2区タオディエン地区には、欧米人が経営している超お洒落カフェやレストラン、富裕層のベトナム人が暮らすビラなどが並んでいます。西洋の町並みでありながら、サイゴン川沿いに広がるオープンエアのカフェ&レストランは南国の雰囲気もばっちり。タオディエンはまだガイドブックでもあまり紹介されていない穴場のエリア。個人でも簡単に行けるので、大きな見どころとして是非押さえておきましょう。

在住者も認める見どころNo.1のカフェ「ザ・デッキ(The Deck)」

在住者も認める見どころNo.1のカフェ「ザ・デッキ(The Deck)」

タオディエンにある「ザ・デッキ」はホーチミン在住者ならば誰もが知っている人気のカフェ&レストラン。サイゴン川沿いにあるモダンなカフェで、料理もちょっと高いですが、ここで過ごせる時間はその価値があります。
住所:38 Nguyen U Di St. Thao Dien. Dist.2. Ho Chi Minh
公式HP:https://www.thedecksaigon.com/

ホーチミンで人気急上昇中の観光エリア「2区タオディエン」をご案内!西洋の香り漂うお洒落タウン
ホーチミン旅行者に人気急上昇の2区のタオディエン地区。欧米人が多く暮らす西洋の雰囲気漂うお洒落タウンです。最近は新たな観光エリアとして注目されています。今回はそんなタオディエンの見どころをご案内します!
詳細を見る

ホーチミンの見どころといえばやっぱり「市場」は欠かせない!

見どころ② 市場は屋外がおすすめ!青空市場へ行こう
ホーチミンのチョロンにて

続いての見どころは、定番の『市場』をピックアップ。しかし、ここで紹介したい見どころは、ベンタイン市場のような屋内市場ではなく、屋外の市場ストリートです。小さな商店が所狭しと並ぶアジアらしい一コマ。そんな風景が広がっているのは、中華街のチョロン地区や9区、トゥードゥック区など。

こんな風景を求めていた人もいるのでは
こんな風景を求めていた人もいるのでは

アジアの風に吹かれて、ただただ歩いてベトナムの風景を楽しみたい……。そんな感性豊かな旅行者は、先に言ったエリアを歩いてみるのはいかがでしょうか。市民劇場やベンタイン市場がある中心エリアではあまり見ることができないので、ポイントはタクシーに乗ってちょっと遠出してみることです。

ホーチミン中心にある「タイビン市場」

ホーチミン中心にある「タイビン市場」

タイビン市場はホーチミンのベンタイン市場から徒歩15分程度で行くことができる屋内&屋外市場。屋内は薄暗く、あまり人気はなく、賑わっているのはむしろ外回りの方。旅行者の要所にもなっていますし、バックパッカー街のファングーラオにあるため、外国人の姿も多くあります。

ホーチミンでローカルタイムに浸る「タイビン市場」
近年急成長を遂げているホーチミンですが、まだまだ市内中心部であっても市場が現役で活躍しています。「タイビン市場」は現地人が毎日食材や日用品の調達で通う老舗の市場。是非観光がてら立ち寄ってみてください。
詳細を見る

中華街チョロンの中心にある「青空青果市場」

中華街チョロンの中心にある「青空青果市場」

ホーチミンの市民劇場からタクシーで20分ほど走ったところに広がる5区と6区には、中華街「チョロン」と呼ばれるエリアがあります。ガイドブックでも必ず紹介されている観光エリアですが、そのチョロン中心にあるビンタイ市場から徒歩5分程度のところには毎日青果を売る青空市場があります。バスターミナルに沿って続いているので分かりやすいです。カラフルな果物は日本では見慣れないものばかり。食べ歩きにもおすすめです。

旅のハイライトに!女子旅&カップル向け「スパ」

見どころ③ 女子旅&カップルはマストで体験!「スパ」
ホーチミンのホワイトロータススパにて

日本では普段からスパへ通っている、なんて人はそうそういませんよね。特に男子や女子学生は、いままで一度もスパを体験したことがないという人も多いはずです。そんな高級感たっぷりのスパも、ベトナムでは5000円から1万円前後で楽しむことができます。

このくらいの予算を出すことができれば、個室のカップルルーム、2時間から3時間のパッケージコース、ホテル⇔スパの無料送迎といった豪華サービスも受けられるはずです。

全て公開!ホーチミンでスパ&マッサージを楽しむ絶対条件!人気店も紹介
ベトナムのホーチミンでスパ&マッサージを楽しむのは女性旅行者なら、誰もが憧れること。しかし、ホーチミンのスパではチップ事情やぼったくり、お店選び、エリア選びなど解決しておきたい疑問は尽きません。ここでは永久保存版として一挙解説!
詳細を見る

旅にもリラックスは大事。お洒落カフェで旅のしおりを考える時間も見どころの1つ

見どころ④ お洒落カフェで旅のしおりを考える

ホーチミンにはプチパリと呼ばれるにふさわしいほどのたくさんのお洒落カフェが町中に集まっています。フランス統治時代はハノイやダナンも共通しておくっているのですが、なぜかホーチミンがとりわけカフェの数が群を抜いて多くあります。

冷房の効いた屋内カフェでもいいですし、サイゴン川を眺めながらコーヒーを啜ることができるオープンエアカフェ、ホテルの屋上で営業しているプールサイドカフェなど、いろいろなコンセプトのカフェを滞在中楽しんでほしいところです。是非一度とは言わず2度3度とカフェに入り浸ってください。コーヒーやトロピカルジュースを飲みながら、パートナーと次行く旅のしおりを話し合うのも、またベトナムならではのひとときに違いありません。

ホーチミン市外の見どころはツアーで巡ろう

市外の見どころはツアーで巡ろう

一方、ホーチミンの市外・郊外の見どころを巡るためには、ツアーに参加することになります。郊外の見どころといえば、やはり大自然のメコンツアーは欠かせませんね。ホーチミン市の都会を歩くと、近代的なショッピングセンターや高層ビル、マンション群に圧倒されて、「俺の東南アジアの風景はどこ行った!」と嘆いてしまうかも。しかしご安心ください。

ツアーバスや専用車でたった90分走ると、目前には大スケールのメコン川と大自然に覆われた町へとたどり着きます。人々は毎日青空市場へ通い、白い制服を纏ったアオザイ女子学生が自転車で通り過ぎる。手漕ぎボートで対岸へと渡り、船上で野菜や果物の売買をする。そんなベトナムらしい風景を目の当たりにすることができますよ。

ミトー&ベンチェーはジャングルクルーズが人気!見どころ満載

ミトー&ベンチェーはジャングルクルーズが人気!見どころ満載

ミトーとベンチェーはメコンデルタの玄関口と言われています。旅行者にとって一番人気の郊外ツアーである「メコンツアー」、「ジャングルツアー」といったオプショナルツアーは、ここミトーとベンチェーが舞台となります。ただし、これらはツアーとして造られたエリア内で楽しめるため、個人で自力で来た場合は見どころはあまりありません。

カイベー&カントーはメコン最大の見どころがある!

メコンデルタ旅行における最大の見どころとなるのは、「水上市場(水上マーケット)」です。カイベーとカントーで見学することができますが、カントーの場合はスケールは非常に大きいものの、要1泊。日帰りの場合はカイベーのみとなります。大小数百の商船がメコン川を行き交う様子は圧巻です。

個人的に一番おすすめしたい!「チャウドック」

個人的に一番おすすめしたい!「チャウドック」

ホーチミンからバスで6時間ほどメコンデルタの奥地へ行ったところにある「チャウドック」は、少数民族が町中を行き交い、仏教の聖地となる山が聳える小さな町。おいしい名物料理を頬張り、素朴な風景を散歩する。バックパッカーに人気の町でもあるので、日本人旅行者にもおすすめできる観光地です。

【2020年度版】ホーチミン観光で人気の日帰り郊外ツアー5選
初めてのホーチミン旅行では、郊外観光を楽しみたい場合はツアーに参加するのがおすすめ。今回ご案内するのは、ホーチミンの隣町に行く人気ツアー5選。いずれもホーチミンの都会とは打って変わった町並みや自然風景が印象的です。
詳細を見る

ありきたりな観光スポット巡りだけでは得られない価値を探して

今回はホーチミン旅行における代表的な見どころをご案内しました。博物館や寺院が観光スポットとしておすすめできない!というわけではありません。ただ、ガイドブックにリスト化されて並んでいるありふれた観光スポットを巡るだけではなく、町を歩き、人々と会話をし、風景を愛でる……、そんなプライスレスな価値を探す旅が、ホーチミン旅行を通して最大の見どころ、およびハイライトとなることに疑いはありません。

代表的な観光スポットはこちらから!

初めてのホーチミン旅行。行くべき7つの観光スポット
初めてのホーチミン旅行では、ガイドブックに載っている王道どころを網羅したいところ。しかし、短期滞在で観光スポットをすべて回るのは不可能。そこで、今回は真っ先に行くべき観光名所を7つお届けします。
詳細を見る